日本は世界の縮小図

日本地図を見ていて何かに気付きませんか?この事に気付いている方も多くいらっしゃると思います。

私は小学生の時に自宅の地球儀をよくくるくる回して見ていました。大小色々な形と色で塗られた国に興味がありました。

世界の国々と比較すると、日本はとっても小さいという印象でしたが、ある時、あれ?これって?とある国に目が留まりました。

それはオーストラリアです。

オーストラリアは憧れの国でもあったので、よく見ていました。
でもこの形は・・・そう、日本の四国と地形がそっくりな事に気付いたのです。

日本は海を隔てて北海道、本州、四国、九州と大まかな島で構成されていますよね。
そんな調子で、それぞれの島毎に他にも似てる国があるのかな~と思って見ていたら、九州がどうやらアフリカに似ている!とまたまた発見!

これは面白い!!

となると、本州はどうみてもユーラシア大陸になる。

でも、北海道だけはアメリカ大陸には見えないような・・・。ここは違うのかな。

そんな風に遊び半分でやっていましたが、ただ、それを見つけた瞬間が何か凄いことを知ったかのように心の鼓動が高鳴ったのを今でも覚えています。

私が幼少から(日本人に生まれて良かった)と思ったのは、日本が世界を凝縮した国だからだ、と自分なりに納得した理由が見つかったことで、この時、神秘で不思議な世界に入り込んだことに、とても喜びを感じていました。

しかし、これが本当だったと知ったのは成人してこのスピリチュアルの業界に関わってからの事でした。下記は日本が世界の縮小図と考えられている解説図になります。

参考著書:龍蛇族直系の日本人よ!その超潜在パワーのすべてを解き放て

<雛型の主な対比>

北海道・・・アメリカ大陸

十和田湖・・・バイカル湖

能登半島・・・スカンジナビア半島

本 州・・・ユーラシア大陸

房総半島・・・朝鮮半島

伊豆・・・インド

富士山・・・エベレスト

紀伊半島・・・アラビア半島

中国地方・・・ヨーロッパ

琵琶湖・・・カスピ海

大阪湾・・・黒海

瀬戸内海・・・地中海

淡路島・・・ニューギニア

四 国・・・オーストラリア

九 州・・・アフリカ大陸

また「日月神示」にも下記の事が記されています。

第五巻 地つ巻 第17帖 (154)
まことの善は悪に似ているぞ。
まことの悪は善に似ているぞ。
よく見分けねばならんぞ。
悪の大将は光り輝いているのだぞ。
悪人はおとなしく見えるものぞ。
日本の国は世界の雛形であるぞ。
雛形でない所は真の神の国でないから、
よほど気付けて居って呉れよ。
一時は敵となるのだから、ちっとも
気許せん事ぞ。神が特に気付けておくぞ。
今は日本の国となって居ても、神の元の
国でない所もあるのだから、雛形よく
腹に入れておいて下されよ。
後悔間に合わんぞ。
 

なお、以下に興味深い事柄や共通点が記されています。

◆「日月神示」には、龍の姿に見える日本列島の形はそのまま国常立尊の体であるという。

◆出口王仁三郎は「型の論理」で同じく日本列島は世界の縮小図としており、日本で起きた出来事は世界でも起きると説かれている。

◆「竹内文書」の古地図にも、日本に太陽が当たってその光が世界中に広がる様子が描かれ、この国が世界の中心として天意を受け取る場所であることが示されている。

◆江戸時代の国学者・文献学者でもある本居宣長は「太陽を始祖神と仰ぐ天皇が統治する日本は世界でもっとも優れている国」と説いている。

日本は世界の発祥であり要となっているとても重要な国であるという事です。勿論、私自身もそうであると信じています。ですから、国常立尊を仰るように「日本人が世界のお手本になり動くのだ」というのはその通りだと思います。

宇宙の中心が地球。
世界の中心が日本。
凄い所に生まれた私達。
私達に出来ることをひとつひとつ、やっていきましょう。

カテゴリー: 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA