赤塚浅間神社(富士塚)の快

前回こちらの神社のことを記事にしましたが、覚えていますでしょうか。

本日は再び赤塚浅間神社へ。

ただ、タイトルをご覧いただければお分かりの通り、前回とは真逆の
お話しになります。(笑)

前回よりは大分エネルギーがクリアになったものの、まだ浄化も必要で他にすべき事があった為伺ったのですが・・・。

家を出た時は晴れていたのに、こちらへ到着する前に伺った別の神社で既にポツリポツリと雨が降り出し・・・。

そうこうしているうちに太陽はすっかり雨雲に隠れ、まだ15時30分位なのに辺りはすっかり薄暗くなってしまいました。

道に迷いながら到着して直ぐに浄化を始めたところで雨足は次第に強くなっていき、(今日は帰った方がいいかな)と諦めて帰る準備を始めた時のことです。

「ライトワーク中には雨は降らない。」
ある人が過去に言った言葉が突然頭の中に入って来ました。

この言葉を以前聞いた時、私はとても反発しました。

(準備が出来ていないから、若しくはそれにふさわしくないワークだから、高次元の存在達から中断させられるという意味?)

私はその当時そう解釈して、どうしても納得いかなかったのでした。

そして今も。

(そんな事はない。必要なら浄化の雨だって降るし、雨の中ライトワークをしてきた人達は多くいる。そういう概念など存在しない。何ならこれから太陽が出ることに掛けてみよう。太陽どころか虹だって出る。絶対に。)

急に反発心が湧き起こり、俄然やる気になったのです。

そして再び戻り、祈りを捧げワークを行いました。

十羅刹女堂では羅刹女様が喜ばれて、私に祝福を下さったので、ハートがポっと暖かくなりとても嬉しかったです。

しかし雨は弱まるどころか強まる一方!

(わ~この雨じゃさすがに無理かも~(;’’∀’’)。やはり潔く撤収するっきゃない、いくら何でもこれじゃあ・・・。)とあっさり諦め、

またまた帰り支度を始めた所、突然空が明るくなってきました。いなくなっていた太陽がぼんやりと姿を現したのです。


黒い粒は雨です~。昼間なのに暗~い・・・(;”∀”)

(えっ?諦めるなってこと?いや、もしかしたら晴れるかもしれない・・・。)

微かな希望が湧き、思い直して降りしきる雨の中、再び神社の鳥居をくぐりました。

暫く集中して祈っていると、ふいに
(虹が出るよ)

そうテレパシーで何者かが教えてくれました。

(えっ?そうなの。)境内を出て空を見上げると何も出ておらず雨雲一面。
あれまぁ・・・。この状況で出るのかな・・・。

それでもじっとこの空の変化を見ておかなきゃいけない、とでも言われているような感じでなぜか顔が固定されたようになり、じっ~と見ていたら、段々見覚えのある色彩が空に浮かび上がり、やがてその色は濃くなっていき、まさかの橋が空に掛かりました!

ダブルレインボー

(本当に虹が出た)本当に・・・。

 しかも虹が出て来るところを初めて見た~。

なにせスマホが古いので画質は悪いですが、上の方にも薄くもう1つのレインボーがあり、綺麗なダブルレインボーでした。

微かに薄い虹がもう1つ

そして振り返ると南の空にはでっかい太陽が!!

なんじゃ、あの太陽は!! さっきまで遠慮がちだった太陽が突如巨大な太陽に化け、いつの間にか青空の中で煌々と輝いていたのです。

ちょっと見ぬ間にでかくなってた太陽。まだ雨は降ってます。

虹がまだ消えないうちに、やるべき事をやっておかないと!
我に返り、光を降ろし必要なワークを行いました。

雨は上がりました

わずか20分程の出来事で(虹が出ていたのは約10分位?)終わってみれば青空が見え、とても清々しく気分爽快。
あのまま帰らなくて本当に良かった~と思いました。
(帰宅する頃には再び曇ってしまいましたが。)

私だけではなく、今日も色々な場所で活動されているライトワーカー達に高次元の存在達が祝福のプレゼントとして見せてくれたのでしょう。

こういう事は過去にも数回ありますが、やはり信じれば必ず奇跡は起きるという事を改めて認識できたのでした。


そして不思議に思うことが。
傘も無くびしょ濡れで、おまけに靴の中まで雨が侵入したので靴下も濡れて寒くて、帰ったら早く靴下を脱ぎたい!!と思っていたんです。

帰宅した時は服も靴もバッグも濡れたままなのに、不思議なことに靴下は既に乾いていました。体温が低い私にしてはこんな事は初めてでした。

本日の夕焼け

そして夕方、いつもとは違ったダイナミックな夕焼け空を見たのでした。

今日は感謝感激の一日でした。


前回の記事はこちら→赤塚浅間神社(富士塚)の怪

カテゴリー: 東京都 | コメントする

オレの生きざま

ノラさん

野鳥撮影に公園へ行った時、ノラちゃんがいました。

地面に降りた小鳥を狙っていたのですが、逃げられてしまいました。「なんだよ、見てんじゃねーよ!俺様だって失敗する時もあるんだ。」みたいな・・・。いい面構えです。

こういう野生動物と出会うと「生きる」ことを考えてしまいます。

私達肉体を持った生物は常に「生と死」が隣り合わせです。一生付き合っていくわけですから、日頃からどのように自分が生きていったら一番幸せなのか、生きるとはどういうことなのか、考えてみると今、生き延びている自分に感謝でき、自分という価値ある存在の本質に近づいて行くことでしょう。

ノラさん
カテゴリー: 東京都 | コメントする

おひなたま

本日は桃の節句 ひな祭りの日ですね。
の健やかな成長を祈る年中行事として 今日は美味しいものを食べて、楽しみたいと思います。

この写真は2年前の3月3日にたまたま太陽を見たら周りが虹のように綺麗だったので、慌ててスマホで撮ったものです。
3月3日に出現したので勝手に「おひなたま」と名付けました。

これはコロナ<光環(こうかん)>と呼ばれ、太陽に薄い雲がかかった時に、光が回折(雲の中の氷の粒と粒の間を光が通って曲がる)した際、色が付きこのようになるそうで、滅多に観測されないのだそうです。

この時はピーカンで薄い雲は全く無かったのですが、小さな粒子やチリなどで回折が起きたのかもしれませんね。


日暈(ひがさ ハロ)と呼ばれる現象

もう1つハロというものがあります。

こちらは少し高めの雲が太陽にかかっている時、その中の氷の粒に光が当たり、屈折した際、色が分かれ出るそうで丸く大きな円が出来ます。

こちらは光環よりも出現率が高いので、私も何度か見たことがあります。

この現象が現れると天気は下り坂となり、翌日雨が降るとか。確かに雨が降ったことはありますが、この写真を撮った翌日は晴れました~。

スピリチュアル的な観点では、神々や天使が祝福している時は、このような現象や彩雲、虹、美しい夕焼けなどが見られると言われていて、良い事があった時は確かに出現することが多いです。

光環は寒気が入った春・秋に見られやすいとの事で、これからの季節、期待できそうですね。

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

恋愛で長続きする相手とは

恋愛でもっともお互いを尊重し合い、長続きできる人はフィーリングが合う人でも趣味や好みが同じ人でも無く、それは・・・

「お互いの思想や信念が同じか似ている人」になります。

確かに趣味が合う人は付き合いやすいですが、長い目でみたら、自分の人生の目的と合う人が、一番信頼・安心ができますよね。

そしてお互いに尊重し合えるので、一緒にいても居心地が良く、長くお付き合いできる、ということなのです。

これは仕事のパートナーでも同様ですね。同じ思想や考え方を持つチームで結成された場合、業務効率や能率が向上し、生産・発展の効果が各段に高くなります。

私自身も過去に勤めた会社で、気の合う仲間が3人いた時は、阿吽の呼吸でお互いが考えている事の伝達が速く、やりたい事が一致して直ぐにアクションを起こしていたので、結果が出るのも早く、いわゆるPACDサイクルが何回転もしていましたので、どんどん改善して仕事も楽しかったです。

自分の人生の目的をしっかり持ち、自分も相手も幸せに生きることができるよう、「夢に向かって、突き進む人」誰がなんと言おうと、それが叶うと信じて情熱的に生きる人の姿はこの世で一番魅力的に輝いて見えます。

もし同じ目的の人が見つかったなら、最高のベストパートナーと一緒に最高の人生が歩めるかもしれません。あなたが目指しているもの、やりたい事、成りたい自分、それらを明確にして動くことで、必要な人が引き寄せられて行くでしょう。

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

赤塚浅間神社(富士塚)の怪

赤塚浅間神社

赤塚諏訪神社より300m程南下した所にあります。

富士塚についての説明書き

小高い山を造り登山道を模した道を設け、それに沿って石碑を配して、富士山各所の礼拝所を表現しています。富士塚への登山自体が、富士山登拝と同様の御利益があるとされています。確かに小高い丘があるようです。

鳥居に入る前にちょっと雰囲気が・・・。
(まぁ大丈夫だろう)と気にせず中へ入ったら、そこは闇の世界でした。

途端にゾクゾクと悪寒が。続けて吐き気。(やっぱりヤバかった)見るからに手入れをされていないし荒んでいる。社務所が無い小さな神社なので仕方ないのかもしれませんが。

事前に調べてすべきことをしておけば良かったと思いながら、龍にも手伝ってもらい、浄化ワークを行いました。

順番に周りながら、陰陽師ワークも行い、中央のお社へ。
外側と内側に南京錠がかけられています。妖怪が出て来ましたが、あまり重い存在ではなく、祀られている女神は鬼のようになっていました。
光を降ろしたので穏やかな表情になっていかれました。

でもまだ終わってはいません。

一番ヤバそうなここ・・・。

恐そうな二体の金剛力士の石像が立っていらっしゃるのはこのお堂だけ。

なんだかここは特別な感じがしました。階段を上がると、先程よりも一層両手がビリビリ、体はゾクゾク。(ここはキョーレツ~)
こちらも鬼のような形相の女神が現われました(汗)
だんだん女神が穏やかになっていかれました。なんとか終わって、ちょっと安心。
(さっきより空気が良くなった・・・)

そう実感はしたものの、まだゾクゾク感が完全に消えない。
心がそわそわして何かを訴えています。

お社の裏に「日露戦争戦没碑」というものがありました。
この周辺が残っていた為、ここも浄化しました。

大分空気が爽やかになりました。

帰宅して調べて分かったことですが、こちらは先に伺った赤塚諏訪神社に元々は祀られていた「十羅刹女」が、神仏分離により、こちらへ遷座されたそうです。
それが、あの金剛力士像が二体あるお堂に祭られたそうです。

地図を見ると赤塚諏訪神社の参道を真っすぐ南へ下ると、こちらに辿る位置からやはり関係があったのかと納得しました。

赤塚諏訪神社から排され、大堂の縁の下に放り込まれていたものをこちらへ祀られたそうですが、荒んでいる現状からも羅刹女がお怒りになっていたように感じました。

こちらの神社の続きは→赤塚浅間神社(富士塚)の快

十羅刹女(じゅうらせつにょ)

ってなに?と思われる方も多いでしょう。

 十羅刹女とはインドの鬼神の一種で、人を食らって悪行を働いていましたが、お釈迦様より諭され法華経の信者を護ると誓い、鬼神(10神)は善神になったと伝えられています。

十羅刹女
1.藍婆(らんば)
衆生を束縛し殺害するので名づく。本地は上行菩薩

 2.毘藍婆(びらんば)
衆生の和合を離脱せしめんとするので名づく。
龍王の如く円満月なり、大海に向かうが如し。右手に風雲、左手に念珠を持つ。衣食は碧録。面色は白く、前に鏡台を立てている。本地は無辺行菩薩

3.曲歯(こくし)
歯牙が上下に曲がり甚だ畏怖すべきゆえに名づく。本地は浄行菩薩

4.華歯(けし)
歯牙が上下に鮮明に並んでいるため名づく。本地は安立行菩薩

5.黒歯(こくし)歯牙が黒く畏怖すべきゆえに名づく。本地は釈迦如来

6.多髪(たはつ)髪の毛が多いので名づく。本地は普賢菩薩

7.無厭足(むえんぞく)衆生を殺害しても厭わない、飽き足らないことから名づく。本地は文殊師利菩薩

8.持瓔珞(じようらく)手に瓔珞を持つため名づく。本地は観世音菩薩

9.皇諦(こうだい)天上と人間の世界を自在に往来するゆえに名づく。
法華十羅刹女法には、膝を立てて座り、右手に裳(も)、左手に独鈷を持つ。本地は弥勒菩薩

10・奪一切衆生精気(だついっさいしゅじょうしょうげ)
奪一切衆生精気(だついっさいしゅじょうしょうげ)一切の衆生の精気を奪うため名づく。本地は多宝如来

まだ定期的な浄化は必要ですが、日本にはこのような神社もまだまだ多いことと思います。帰る時は清々しい雰囲気になっており気持ち良かったです。

カテゴリー: 東京都 | コメントする

赤塚諏訪神社


赤塚諏訪神社(東京都板橋区)

1457年~1460年に長野の諏訪大社を勧請して創建された神社。りっぱな随神門や夫婦イチョウが目が惹きます。

境内の横の駐車場には枝垂れ桜があり、道路を挟んだ向かいには竹林や梅林がある公園になっています。
その公園に来た時に、こちらの神社を知ったのでした。


拝殿

御祭神:建御名方命 

一昨日は、なんとなくこちらへ伺いたくなり・・・。ご挨拶に。
拝殿でお参りした際に何故か大黒様が出て来られ、(なぜ?)と思ったのですが、理由は直ぐに分かりました。


 大国神社・稲荷神社・薬師神社

右奥に小さなお社があったのです。以前伺った際は拝殿しかお参りしなかったので、こんなに奥まったところにちょこんと鎮座されていたのを初めて知りました。

大国神社の大黒様がここへ来るように呼んでおられたようです。光の柱を降ろすエネルギーワークを行わせていただきました。


 夫婦イチョウ 平成6年区登録文化財(天然記念物)

こちらのイチョウの木にそれぞれ私の「太陽のレイ」というエネルギーワークをプレゼントしてみたら、とても喜んでいただけたようで、お返しに手のひらがボッと温かくなるくらい熱いエネルギーを頂きました。

ちょっとびっくりしていたところで、今度は左手の雌株も同じようにやってみたら、こちらも全く同じように返して来てまたまたビックリ!

少し離れた場所にお互いが立っていても、同調するように同じエネルギーを感じ、同じ反応をしていたことに感動。素晴らしい夫婦イチョウです。

こちらの夫婦イチョウはとても優しいので伺った際は是非ナデナデしてあげてください 。

<夫婦イチョウの記載された内容>
右側の高い方が雄株で目通りが約500cm、左側の雌株は約420cm。

樹齢は不明。夫婦和合、子孫繁栄などの新興と結びついて人々の心のよりどころとなっている。手水舎の後ろに水神社がありますが、写真を撮ったのに誤って削除してしまいました。


秋葉神社(ご祭神:火産霊神) 参道の右手

小祠三社が並び、2つは記載なし。


御嶽神社(ご祭神:日本武尊)

そしてMAPでもう1つこの近くに神社があったことを確認していました。
そちらは浅間神社で、前夜に「猿」が瞑想中に出てきていました。

「猿」は浅間神社の神使いとされています。こちらにも伺うように言われていて、というか、今思えばこちらがメインだったようで。思わぬ展開が・・・。続く。


<歴史>
赤塚領主であった千葉介自胤が1457-1460年に信濃国の諏訪大社を勧請して武運長久を祈願したと伝えられる。1630年には十羅刹女を併せ祀り、十羅刹諏訪合社として称され、下赤塚村の鎮守社であったとされる。

明治初頭の神仏分離令により、十羅刹女の奉斎を廃し、1874年4月3日村社に定められる。2月13日に行われる「田遊び」が神事として執り行われ、旧正月に五穀豊穣と子孫繁栄を祈る「予祝」の祭りとして1976年徳丸北野神社とともに国の重要無形民俗文化財に指定された

名称   赤塚諏訪神社
御祭神  建御名方命
所在地  〒175-0085 東京都板橋区大門11−1
HP    無し
アクセス 最寄駅:都営地下鉄三田線 西高島平駅
     東武鉄道東上線 成増駅 東京メトロ有楽町線・副都心線 地下鉄成増駅

カテゴリー: 東京都 | コメントする

見逃した方・ご覧になれなかった方へ

スーパームーンはご覧になりましたか?私自身もあれこれ作業していてちょっとうたた寝をしてしまい、気付くと0時48分でした。

慌てて外に出たら、月は煌々と輝いていたので、急いで撮影に出掛けました。

事前に龍達や天使達に雲を散らしてもらうようお願いして、結構頑張って頂いたようです。(他のライトワーカー達も月が見えるよう活動されていたことと思います。)

でも、きっと見れると思っていたのであまり心配はしていませんでしたが。

美しく強烈な光が降りてきて、とても感動的でした~。

古い概念が一層され、新しい創造的なエネルギーが入って来たようでパワーアップしたように感じました。

見逃した方は神秘的な月のパワーを感じていただければ幸いです。

こちらはスマホから↓ノイズがひどいですが、綺麗な光景でしたので一応載せます。 

これを撮影する前にやって来た雲は、月を避けるように両端に流れて印象的でしたね。 

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

お花の役目

花が咲いている時は誰かの目に留まり

愛でてもらえる機会がある

しかし、それもひと時の栄華

やがて萎れて枯れてくると

振り向いてもらえなくなり

終焉を迎える

私達の目には儚い一生として映る。


「切り花」を見た時、折角綺麗に花開いている時に,チョキンと切られ、枯れてきたら
ゴミ箱へ捨てられてなんだか可愛そう・・・
子供の頃はそんな風に思っていました。

そう思われている方も多いでしょう。
しかし数年後、それが花の役目だと知ったのでした。

お見舞いに送られるお花。お花は美しい色彩で病気の人の心を癒し元気づけてくれます。お見舞いに限らず、退職時や冠婚葬祭の時に生花は送られます。

お花は小動物達の命を育むだけでなく人を癒す力が強いので、誰にも見られずその命が散るよりも誰かの役に立ちたいと思っているのです。

自分達が一番輝いている僅かな時間を捧げて全うしようとしているのですね。
冬にも咲いているお花があります。
道端や公園で見かけたら、どうぞ話しかけてやってください。

「可愛いね、ありがとう。」

「頑張ってるね。ありがとう。」

そう声をかけてあげるととても喜んで、あなたに愛と癒しを
優しく贈ることでしょう。

※お花の役目が終わったら、土に還してあげましょう。


カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

雪が降るわけ

雪は雨と同様、浄化の役割があります。湿った雪が「汚れ」をくっつけて流していくのですね。その規模が大きい程、地球全体の浄化と波動上昇を意味します。

 また、節分前後にこうした大雪になりやすいのも、変化の節目となっているからです。

浄化だけでなく癒しの力もあり、雪の日はご自身を内観するにはとてもいい条件が揃っています。

「静」と「白」が重なる空間は純粋な自分の世界へと繋げてくれます。

私は寒がりですけど雪が大好きです。

雪の世界はとても美しく神秘的です。美しい世界に意識を向けて、楽しんで欲しいと天使や妖精達は言っています。
その世界を心から楽しむ人には妖精がやって来ることもあるでしょう。

雪国の方は雪かき等大変だと思いますが・・・(汗)

本日は無料ヒーリングを実施しますので雪が降ったら相乗効果が出るかもしれません。参加される方は
「私と地球が浄化され幸せになりますように」とお祈りしてみましょう。


カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

浄化

昨日まで4日間、長文を読んで下さった方、ありがとうございます。


高次元の存在達は、本当に色々とサインを出してサポートして下さるので、皆様も
よくよく観察されると、気付きや発見があると思いますよ。

さて、本日は節分ですね。

人を恨んだりすると、鬼のような念の塊になり、その威力は強烈です。

「人間の念程恐ろしいものは無い」と私は思っています。

 どんな人でも日々の浄化は大事です。
(私はスピリチュアルが高いから)
(私は人の為にいい事をしているから)
と思っていても、必ず浄化は必要です。

驕ることなく、謙虚な気持ちで自分自身をクレンジングし、心を清らかな光で満たす

事で、良いものを引き寄せします。また浄化することで、波動が上がり、

周りにもいい影響を与えられるようになります。

そうすると、その人の持つ魂の光が輝き出し、高次元の存在達が天から見つけて(この人をもっとサポートしよう)となるのです。特に意識されていない方は是非、日々の浄化を心掛けてみましょう。

~ご案内~

ホームページの新規ワークとワーク紹介のカテゴリーを取敢えず設定しました。と言っても、どの絵柄をクリックしても今の所は同じページへリンクされます(汗)
追々、まとめる予定です。

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする