天祖神社

地元の天祖神社へご挨拶。

<拝殿>

御祭神 天照皇太神

神社に興味を持ち始めてから、自宅から自転車で伺える神社を探したところがこちらの神社。写真を拝見していて、ここはもしや・・・と古い記憶が蘇りました。

随分前に以前の会社へ努めていた帰り道、たまたま祭りがあって伺ったことがあった神社でした。その時はもう日が落ちて暗かったので、直ぐにピンとこなかったのですが、場所と写真を見ているうちに、あの祭りの時に伺った神社だと思い出したのです。

その後、定期的にお伺いするようになりました。

左手の階段を上がると稲荷神社(宇迦之御魂神) があります。

カリスマシャーマンになったら、自分の地元で売れないお店は潰れて行くと聞いていましたが、まさにそうで、私がカリスマシャーマンになってから暫くして自宅近くのコンビニやお店が潰れ、代わりに銀行やドコモショップがOPENしました。

そしてこちらの神社へ伺う道ですが、いつも自転車で伺う時に曲がり角に古いアパートがあり、非常階段も錆びていました。(それを目印にしていたわけですが)
参拝の回数を重ねていくうちに、気付くと綺麗なアパートになって非常階段も綺麗になっていたんです。
そして今度は道路も舗装されて綺麗になっていました。しかもいつも自分が通る道だけです。カリスマシャーマンの影響力は凄いな~って我ながら感心してしまいました。

拝殿と稲荷神社の間に鳥居があります。

奥に小さな石祠が立ち並びますが、いくつかの御社が
祀られています。

杵築神社(大己貴命)
伊勢神宮(天照皇太神)
春日神社(天児屋根命)
八雲神社(建速須佐之男命)

ここで沢山の霊を感じたことがあります。
私がお祈りしていると、その様子を見守っているようでした。
癒されに来ていたのでしょう。
この前伺った際は何も出て来ませんでした。

<水神社>(弥都波能賣神:みづはのめのかみ)
瀬織津姫の方が馴染みがある方も多いかもですね。
私の大好きな神様でもあります。

<浅間神社>(木花咲耶姫命:このはなさくやひめ)
初めて伺った際、「こちらで陰陽師をさせていただいてもいいですか。」とお伺いした時に傍の木から、張り付いた大きな木の皮がドサっと剥がれ落ちてびっくり!
OKという合図だったのでしょう。

陰陽師ワークの後は場の空気がクリーンになり、日の光も差して来ました。

今回は山梨の浅間神社に伺ったこともあり、こちらで初めてピンクのシールドが写りました。ここでは他の神社ではあまり出てこない昆虫も見かけたりします。
小さな生き物を見ると、健気に生きている姿が愛らしく励まされますね。

<御嶽神社>日本武尊

昨年秋にこちらの日本武尊よりある依頼を受けました。
ただ、どこへ伺えばいいか分からず、この日から瞑想を続けた時に眷属(犬の姿をした邪悪なもの)が見えて、色々なサインを頂いた結果、三峰神社のワーク依頼だったと分かったのでした。

三峰神社も素晴らしい神社でまた伺いたいと思いました。
(ただアクセスが大変~(汗)!)

カテゴリー: 東京都, 神社・お寺・旅 | コメントする

城山熊野神社2

<城山熊野神社>
地元の城山熊野神社の左手に御神木があります。
前回、御神木にご挨拶し忘れたので(汗)、ご挨拶にお伺いしました。

ご挨拶とワークをさせて頂いたところ、冬なのに御神木に触れるととても暖かく、柔らかなエネルギーを感じました。喜んでいただけて良かったです(^^)
逆に(癒して頂きありがとうございました)とお礼を申し上げました。

私は山梨に行っていたので、分かりませんが、
年始も沢山の参拝客で賑わったことと思います。

こちらは年末の写真です。

<神楽殿>

ここ数年、「御朱印集め」で神社も人気になりましたね。TVでも神社を紹介する番組が増えたように思います。アセンションに向けて神様も人も大きな変化の渦中にいるので、意識をそこへ促す為のサインなのかもしれません。

日本には神社が沢山あり、大きな神社ばかりがご利益があるように思われがちですが、今現在住まわれている地域は、何かのご縁があっての事ですから、まずは地元の神社に日頃のお礼を込めて参拝を続けることで、神様とのご縁が深まり日頃のサポートをしていただけるようになると思います。

カテゴリー: 東京都, 神社・お寺・旅 | 2件のコメント

冨士御室浅間神社


今日も神社巡りを経て最後に冨士御室浅間神社へ伺いました。

こちらの敷地には「本宮」と「里宮」があります。まずは順路に従い、ぐるっと回って「里宮」の鳥居へ。

里宮の鳥居


りっぱな鳥居で参道左右には小さいお社が祀られていました。

何かが訴えてるようでしたが、お社を見てもそう感じないし変だな~と思って傍まで伺った時、見えていなかった小さいお社が隣にちょこんとありました。
どうもこちらからだったようで、必要なワークをさせて頂きました。

里宮の拝殿


長い参道を進み、拝殿のある所まで出ました。
拝殿から左奥に稲荷神社、拝殿の後ろに小さなお社が沢山囲むように配置されていました。特に気になるお社へエネルギーワークをさせて頂きました。

拝殿裏


ワークを終えるとその場が明るくなり、とても暖かいエネルギーで満たされたので、喜んで頂けたようでした。


結構強いエネルギーを感じたこちらは殆ど人が寄り付かず。という事で陰陽師ワークをさせて頂きました。


こちらが終わってから本殿へ伺いましたが、うっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。本宮は朱色で雅でしたね。
本宮は富士山最古の御社で坂上田村麿郷が蝦夷征伐の御礼として社殿を創建したそうです。

帰京する車中からは、輝くゴールドの空とピンクゴールドに染まった雲が感動的で、旅の終わりを祝福するかのように美しい光景でした。一泊二日のショートトリップ、年末年始だけに内容の濃い楽しい経験ができ、良い思い出となりました。

富士山の近くは空気も澄んでいて景観も良く心地良いと感じる一方、青木ヶ原のように特定の場所を通ると異常にゾクゾクして気持ちが悪くなってしまう所もありました。

富士山は世界遺産に登録されてから年々登山者も増え、それに加えてゴミの問題があります。空き缶やたばこのポイ捨て、キャンプで出たゴミの放置等。これでは山の神様がいつお怒りになって噴火してもおかしくない状況ですね。

誰も見ていないし、みんなもやっている事だから・・・。こうしたひとりの非常識が大きな連鎖の引き金になっています。

神様や私達自身をサポートして下さっている存在達はちゃんと見ていますし、知っています。富士山のゴミに限らず、日常生活においても私達の言動は全て見られているのですから、私も含めてですが私達自身の心を常に浄化し、誠実に生きること、それが肝要ですね。

2019年、新たな年を迎え今年は年号も変わる為、大きな変化の波が来そうです。
未来永劫、後世に受け継がれるような生きやすい世界を築いていきましょう。

名称冨士御室浅間神社
御祭神木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと) ←富士山の女神
所在地山梨県南都留郡 富士河口湖町勝山3951番
H.Pfujiomurosengenjinja.jp
アクセス河口湖から湖畔周遊レトロバスで 10分
冨士室浅間神社 下車
中央自動車道 河口湖I.C.より 車で12分
駐車場は神社前の河口湖に面した所にあります。
カテゴリー: 山梨県, 神社・お寺・旅 | コメントする

富士山の初日の出  ご来光!


新年明けましておめでとうございます!
本年も皆様にとって成長と喜びのある年でありますように!!
そんなわけで、富士山と初日の出のコラボを拝顔する為早朝から出掛けました。

まだ真っ暗なので、星がとても大きく見えて綺麗でしたね。
ただ徐々に空が明るくなるにつれて、あれ?星が全然見えないぞ。って思ったら厚い雲が一面に立ち込めていました( ̄□ ̄;!

それでも必ず雲は消えると願いながら、富士山が見える丘へ移動してみると・・・。


ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
・・・・・・。
到着してから1時間以上が経ちました。
そして待てど暮らせど雲が多いまま・・・。

太陽は直ぐ後ろまで来ていますが・・・。


右側からドス黒い雨雲が引っ切り無しに流れてきます。
この日の気温は-7℃。極寒の北海道を体験しているので、それに比べればまだ耐えられるのですが、それでも寒がりの私にとっては早く太陽が出て欲しいよ~と心の中で叫んでいました<(T◇T)>

太陽がうっすら顔を出しましたが、こんなに雲が多かったらダメじゃん!o(T^T)o


龍達にお願いしてみたけど、雨雲がどんどんやって来て、暗黒の夜明けみたいな雰囲気に・・・。これじゃ無理かな・・・(T◇T)
そう思っていた矢先、奇跡が起きました!

パッカーン!! ご来光~!!!


さっきまでぶ厚い雲があったのに、それが瞬く間に払いのけられ、太陽の光が差したのです!

しかも、右からやって来る雲は全て富士山の後ろを通り、あっという間に雲は消えて行き、青空が広がりました。

暖かい日差しを浴び、沢山のエネルギーに包まれて、暫くの間至福の時を過ごしました!

数十分後、あんなに多かった雲はすっかり消え去りました


やはり神様はこういう仕掛けをされるのです。
散々ハラハラドキドキさせておいて、最後の最後で驚くような展開にする。
そんな事が分かるようになってから、私も敢えて不安な素振りをして見せながら期待していたのでした。(;”∀”)ま、内心ドキドキしてましたが。

祈願していた時のビジョンは大きな緑色の玉が躍動し、やがて勾玉のように変形し、それが1つになって黄色に変わり、その中に金色の玉が見え、三角形に変形した後ダイヤモンドになったかと思うと、それが降りて行って大きな鳳凰のような鳥のハートの中に納まりました。そしてその鳳凰が勢いよく天空へと飛び去って行ったのです。

そして「いきなさい」と言われました。いきなさいは、「生きなさい」「行きなさい」「活きなさい」色々な意味に解釈出来ますが、『自分を活かしてチャレンジして生き切りなさい』という事なのだと自分なりに受け止めました。

素晴らしい一年の始まりを体験でき、全ての存在に感謝した瞬間でもありました。
この写真はエネルギーが入っているので、ご覧になるだけでも多少ながら覚醒の促進につながると思います。

今年も多くの方に愛と喜びの祝福が降りますように!!

カテゴリー: 山梨県, 神秘・不思議 | コメントする

忍草浅間神社

忍野八海の北東側に位置する「忍草浅間神社」


西暦807年に創建され、本殿には木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)・鷹飼(たかがい)・犬飼(いぬかい)坐像の三神像の県内で最古の貴重なご神像祀られているそうです。

八坂神社
薬師堂
左)天狗社 武甕槌神 右)大神宮社 天照大御神 豊受大神
鬼瓦という鬼の面が5つありました


時間的に厳しかったので、こちらではのんびりはできませんでしたが、特に気になるお社にエネルギーワークをさせて頂きました。

諏訪神社


諏訪神社ではとても暖かい光のエネルギーを受け取ることができました。


こちらも龍さんがいらっしゃいました。

カテゴリー: 山梨県, 神社・お寺・旅 | コメントする

パワースポット 忍野八海


今回山梨へ行くと決める前に、何故か「忍」とう文字や忍者のビジョンが出て来て、何だろうと思っていたのですが、行こうと思っていた近辺に「忍野八海」という素晴らしく美しい場所がある事を発見!そういうわけで今回はとっても楽しみにしていた場所の1つです。


新屋山神社から車で10~15分位でしょうか。予想以上に美しくとても癒されました。12月は心身共に疲労がピークだったので、私をサポートする存在達がこちらを勧めてくれたのでしょう。


富士北麓に位置する忍野村には富士山の水源を発する八海と呼ばれる、美しく透明度の高い湧水池があります。この近辺には縄文時代の土器も見つかっており、昔は大きな湖があったそうです。茅葺屋根が風情ですね~。


外国人も多く沢山の人で賑わっていました。出店が立ち並び、地の物や御餅や御団子、おせんべいなど、小腹を鎮めるにはちょうど良い品が揃っていて、空気も水も澄んだ景観の良い場所でした。

湧池


透明度が半端なく、水深は8mあるとか。

鏡池


水路があり、富士山も臨めてこれまで伺った場所の中ではかなり癒し度が高い場所で大好きになりました。

空からも祝福が

それもその筈・・・。ここは龍が多かったのです。

龍その1
龍その2
<鏡池> 龍その3 終わり(龍の写真は姉が撮影)
癒されます
カワセミの雄もいましたよ。


もしかしてここのカワセミは毎日マスやイワナの稚魚を食べているのかな。贅沢なカワちゃんです。

もっと沢山写真を撮りたかったんですが、予想外にスマホの休眠が早く、寒冷地は電池切れが早いという事を頭に入れておくべきでした。
また、生憎、光が強い時間帯だったので、カメラの白飛びが目立ちイマイチ画像が多かったのが残念。掲載できる写真があまり無いので、詳しく知りたい方は忍野村HP是非ご覧ください。
紹介内容や掲載されたコンテストの写真が凄いので、ご覧いただければ、素晴らしい場所である事が伝わると思います~。


「八海」と書いてあるにも関わらず、お蕎麦を食べて満腹になったら、まだ回り切れていない場所があるのにそのまま帰ってしまいました。
後で気付いて=( ̄□ ̄;)⇒ガーン!
この後、北にある忍草浅間神社へ。

カテゴリー: 山梨県, 神秘・不思議 | コメントする

新屋山神社


金運神社としてはあまりにも有名な新屋山神社(あらややまじんじゃ)神社。
今回初参拝です。

北口本宮浅間神社より車で2,3分の所です。

ところが、道路が渋滞していたので、右折も中々できないかなと思っていたら、すんなり道を譲って頂きました。(実はこの後『忍野八海』へ行く時も渋滞していましたが、すんなり道を譲って頂けたので、車を入れることが出来ました)


今回こちらへ伺った理由は、仕事の事は勿論、皆様に金運の流れが呼び込めるようなパワーを頂けないかと思い、普段神社でお願い事はしないのですが、今回はお願いしてみることにしました。

本殿へ入ると宮司さんが待ち構えておられ、払いの清めをして下さいました。
お金は豊かさを運ぶ大事なエネルギー。いつも有難く使わせて頂いているお礼のワークをさせて頂き、お祈り申し上げました。


こちらの左手には「御神石」というものが祀られ、神様にお伺いを立てて、三回持ち上げた時の重さが軽くなっていれば、願い事が速やかに運ぶという不思議な石があり、ちょうどチャレンジしていた小学生男子を横目で見ていたら、彼には石が重過ぎたようでした・・・(^▽^;)
ちなみに私はスケジュールがタイトで先を急いでいた為スルーしました。


左:磐長姫 (いわながひめ)右:(大国主命)

夫婦本社:二本の木が途中で繋がったことから夫婦円満、縁結び等のご利益あり


最後に帰ろうとして、本来の目的である神様から金運エネルギーを頂く事をすっかり忘れていた事に気付き、慌てて戻って、両手を差し出しお願いしてみました。

その直後、手のひらがボワッと暖かくなり、本当に何かが置かれた感触があり驚きました!神様におねだりというか、こういう形でお願いしたことが今までに無かっただけに、願いを聞いてくださりとても嬉しくなりました。


今回は奥宮(冬季閉鎖)へ参拝はできませんでしたが、次回は伺いたいと思います。新屋山神社の神様、お年玉を頂いたようで、ありがとうございました!
※写真に写っている方は参拝者の方です。

名称新屋山神社(あらややまじんじゃ)
御祭神大山祇神(おおやまづみのかみ)
天照皇大神 (おまてらすすめおおみかみ)
木花開耶姫(このはなさくやびめ)
所在地富士吉田市新屋山神河原1230
HPhttp://www.yamajinja.jp/
アクセスお車:富士山駅からは車で10分前後。
電車:最寄り駅「富士山駅」
奥宮は12月~4月までお休みです。
カテゴリー: 山梨県, 神社・お寺・旅 | コメントする

北口本宮冨士浅間神社 大晦日


平成最後の年末は富士山の近くの神社を参拝しました。

初めて伺いましたが、とても波動が高く色々な神様が現れて下さいました。



特に気になるお社(上記写真)があり、ここで陰陽師ワークをさせて頂きました。最初はとても冷たい空気が張り詰めていたのですが、終わった後は気が暖かくなりました。

拝殿の周りには沢山お社がありました。これまでサポートしてくださったお礼の気持ちを込めてエネルギーワークをさせていただきました。

東宮本殿

浅間神社と言えば、富士山の女神:木花開耶姫 ですが、何故武士がビジョンで出てくるんだろう思ったら武田信玄が建てられたもの(東宮本殿)があったのですね。


伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)


特にこちらを参拝した際は、暖かい気が降りて歓迎を受けたので、とても嬉しくなりました。

スマホで撮った写真を確認しているところを姉から撮られているところ
名称北口本宮冨士浅間神社
御祭神 木花開耶姫(このはなさくやびめ)
天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひこほのににぎのみこと)
大山祇神(おおやまづみのかみ)
所在地 山梨県富士吉田市上吉田5558番地 0
HPhttp://sengenjinja.jp/
アクセス電車+徒歩:富士急行線「富士山駅」から徒歩約20分
お車:中央道河口湖ICから車で10分、河口湖駅から約15分
年末年始、神社周辺は139号線に隣接している為交通整備により大変混み合います。

カテゴリー: 山梨県, 神社・お寺・旅 | コメントする

不二阿祖山大神宮


一週間前からサインやメッセージをもらっていたこともあり、初めて不二阿祖山太神宮へ伺ってみることに。 車中の景色を眺めていると、段々山が近づいて来て、駅間の距離も長くなり、都会から離れる事への嬉しさが込上げてきました。途中クラウドシップも見え、清々しい空に気分もワクワクウキウキ。

彩雲


3時間程で下吉田駅に到着。
見上げると彩雲が出ていて、凄く美しい色合いで呆然としてしまいました。
単純な行き方なのに、何故か道を間違えてしまい1時間かかってやっと神社があると思われる山の手前まで来ました。

目指す山の上空には渦のような雲が。そして光の物体も。

山の上に渦みたいな雲
光る物体も神社のある山の方へと移動


手前の神社が目的の神社だと勘違い、それでも気になったのでエネルギーワークをしました。場所が分からず迷っていると、ちょうどタクシーがやって来て運ちゃんが一服しだしたので、すかさず道を聞いたところ、もっと先の所でした。
本来は駅から徒歩30分弱で行けると思われますが、なんだかんだで1時間30分もかかってしまいました。


やっと到着し、急な階段をゆっくり上り始めていたら、いきなり祝詞が始まりました。(あれ?ここは辺鄙な場所だから人がいない筈では・・・)そんな予想とは裏腹に、上は人が沢山いて何やら儀式を初めている模様。あまりの人の多さに拍子抜けし、あわあわしていたら係りの人らしき人が「初めてですか?こちらへどうぞ」と上段の会場へ連れて行かれ、最前列に1席空いていた所へ座る羽目に。

何かの儀式らしく周りは菊のバッチを付けた方ばかりで場違いな感じ。
こんなに人が多くては何だかやりずらいな~昨日来ていれば良かった・・・。と思ったのですが。

1時間後に儀式が終わり、人がいなくなってから別の係りの方から話しかけられたので、「こんなに沢山の人がいて儀式をやっていたのでびっくりした」
と東京から来た事などを話した所、「それは凄いですね。この式典は予約した人でないと出席できないんですよ。ただ予約した人の中でも、こちらの神様から呼ばれた人しか出席できないので、自分が行きたくても何らかの理由で来れなくなる方や1年かけても来れない方など、今までに何人もいらっしゃいます。
ですから呼ばれたんですね~。」と驚かれていました。

お手水舎


そう言われると、途中に見かけた草の茎(まこも?)の1本だけが、風も無いのにやたら左右に揺れ動いていて、踊っているようなサインに見えたのを思い出しました。もしかしたら過去世でこの地に住んでいたことがあって、農業とか、植物に関係する事をやっていたかもしれないと思いを巡らせました。
その後も色々と丁寧にご説明してくださいました。


三柱鳥居の中で高次元の存在と思われる光の球がはっきり見え、宇宙に関係する情報が降りて来ました。その後も何かのワークを受けた後のように、色々な気付きやアイデアが不思議な程パッパッと浮かんで来ました。

三柱鳥居

4時間位、出続けた彩雲


彩雲は最初見たときより大分崩れてしまいましたが、トータル4時間位出続けていて、この大事な式典を見守った後、暫くしてから消えていきました。
この彩雲に「変形」をリクエストしてみたら、どんどん変形したのでクラウドシップかもしれません。


この後河口湖へ。到着早々湖面近くを歩いていると、山の方から急に光が差して来ました。

河口湖にて

今日は面白い体験ができ、また伺いたいと思いました。

カテゴリー: 山梨県, 神秘・不思議 | コメントする

城山熊野神社

会社から近い城山熊野神社へ伺いました。
生憎工事中だった為、正門からは入れませんでした。

<拝殿>

御祭神 伊邪那岐命(いざなぎのみこと
    伊邪那美命(いざなみのみこと)
    事解之男命(ことさかのおのみこと)

 

<志村城跡>
康正2年(1456)に千葉自胤(よりたね)が赤塚城に入城した際、一族の千葉隠岐守信胤が入る城して、赤塚城の前衛拠点とした。大永4年(1524)に北条氏綱に攻められて落城。

熊野神社は志村城二の丸にあたり、社殿は古墳城に建てられているそうです。

<絵馬殿>
参拝時は扉が開いていましたが、後で撮影した際、いつの間にか扉が閉じられてました。ここでは江戸時代中期から大正期にかけて、絵馬82枚、扁額9枚、寄進札4枚が現在奉納されているとか。

<境内社:(八社)>
    大山阿夫利神社、榛名神社、御嶽神社、天照皇大神宮

    八幡神社、桃花稲荷神社、溜下稲荷神社、石神社

<招魂社>
クロアゲハ2頭が鳥居の奥で舞っていました。なるほど、戦没者を祀られているのでしっかり癒しのワークをしてください。ということですね。

(ちなみにアゲハは霊的な動物で、死者に関係している場合があります)

ワーク後に、一頭のクロアゲハが目の前までやって来て通り過ぎました。
「ご苦労さん」って言われた感じでした。

<神楽殿>
ここは小高い丘の上なので、坂道がきついですけど、駅から近いですし和める神社です。

カテゴリー: 東京都, 神社・お寺・旅 | コメントする