土地、建物も生きている

f:id:hana7_1111:20200612081500j:plain

<執着していた土地を手放したら>
→土地が勝ってに相応しい所有者を見つける。

土地を始めこの宇宙に存在する様々なモノは意識を持っていて、私達が所有していると思っても、土地等の意識までは管理できません。

手放す覚悟ができ、土地を自由にしてあげたら、思った以上の利益が出た方もいたことから、土地や建物、物質に対しても執着を手放すと、自然と上手く回り出すのです。

土地、会社、建物など、それぞれ悟っている存在だから、何をすればいいか分かっています。他の動植物も更に小さな文房具まで誰にも依存せず自立しているのです。

ホ・オポノポノではこうした捉え方がありますが、私が認識しているスピリチュアルの世界でも同様の考え方で、物質的な建物や家電、置物、文具品などの魂が無い生命でも、生命エネルギーを持っており、意識を持っています。

<冷蔵庫との会話>

例えば私の体験では身近で言えばクリスタル。
これもテレパシーで話したりしますし、在る日冷蔵庫の故障している部分を掃除していたら、「使ってくれるの?ありがとう!嬉しい!」っていう言葉が感覚としてやって来たんです。

『えっ!!?今の何??』

この時は自分の内なる耳を疑いましたが、確かに冷蔵庫からその「気」がやってきた事を感じ取りました。

(これは間違いなく冷蔵庫からだった。)
(やはり物質も意識を持っているんだ。)

魂が無い物質でも、「意識」を持っていることに正直、半信半疑でしたが、この時衝撃を受けて確信したのです。

私は「今までごめんね。大事に使うから。」と言ってナデナデしたら、冷蔵庫はとても喜んでいました。
その「気」が肌で感じられて、本当に驚きました。

ヒューレン博士は出掛ける先の建物にも予め断りを入れ、クリーニングをするそうです。

生身の体じゃないし、魂がないと生命が無い様に見えますが、本当はこうした1つ1つの物質にも以前ご紹介した「フラワーオブライフ」が私達同様にあり、みんな繋がっていんですね。

般若心経でも同様に、6月8日の記事でご紹介しましたが、

地上の花や鳥や魚や岩や月や太陽や、これらは全てあなたの親であり子なのだ。どの命も深い絆で結ばれ助け合いながら生きている。全てのものを愛し、慈しみ、感謝することです。

私達はどの存在であれ、全て繋がりを持つ「ワンネス」の状態にありますが、それを受け入れず、個の自分を主張し、分離した考えで生きて来た結果、今の世界を作ってしまったのです。

本当はみんな家族のように、近い存在であり、尊い存在であることを忘れてしまっています。私達は全てが繋がっている、尊い存在同士でなのです。

~明日開催のワーク~

無償ワークは 明日 20:50まで受付しています。
有償ワークは18時ご入金確認分迄です。
ご興味のある方はご参加ください。

<ディバインゼロ 無償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時~(約15分)

<ディバインゼロパワーアップ版 有償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時30分~(約30分)

詳細はこちら

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

クリーニング方法

f:id:hana7_1111:20200612081451j:plain

毎日起きる出来事で、怒り、憎しみ、不安、悲しみ、苦しみなど体験しているのであれば、下記方法を行ってみましょう。

[何故この出来事を体験しているのだろう。]とまずは内観してみます。

自分が何故この体験をするのか?
原因が分かる場合と分からない場合があります。

多くの場合は潜在意識で癒されない部分(幼少期のトラウマや過去生での出来事)から引き起こされることが多く、本人は全く原因が自覚できず、ただ自分を不運だと思ってしまう傾向にあります。

しかし、どのような時にも必ず原因があるのです。
その原因が例え分からなくても、無理に知る必要はありません。

先日、私が会社で上司からイジメに遭ったという話も、過去世では逆の立場でやったりやられたりという事を繰り返していた記憶が原因でした。

もう1つ私の事例としては、幼少の頃、父の勤めていた会社が倒産し、家を転々とした時期があり、田舎へ引っ越しした当時は方言が分からず、独特のイントネーションについて行けず、度々学校や親戚の人からイジメを受けていました。

それでも私はあまり悲観する事はなかったのですが、成人して内観やチャネリグができるようになったある日、自分の過去世で幼少期に虐待を受けているシーンを何度か見てショックを受けました。

そして内観を続けて気付いたのです。
子供の頃のイジメの体験は、自分でも知らない過去生での潜在意識の恐怖心(またあんな事が起きたらどうしよう)という思いが残っていたことが原因で、現世に引き寄せられたのだと。

過去生でいじめられ、酷い目に遭った時、来世ではその恨みを晴らすと強い執念を持てば、そのような人生を歩むでしょうし、いじめられても、ただただ辛い、怖い、という恐怖心が強く執着したまま、来世に生まれた場合、その恐怖の記憶が手放せていない為、再生され同じ事が繰り返されてしまうのです。

おそらくは、人生最後を迎えた時、歓びも、悲しみも、苦しみも、全ての体験を許し満足した後「無」にリセットできたなら、極楽浄土の高い次元へ移行できるのではないかと思っています。

死ぬ迄に「無」になろうと継続していたら、私達は悟りを得られるのでしょう。
いずれにしても最後に執着を持つと、その記憶が来世で再生されるという事です。

そして顕在意識で思っている事と、潜在意識とはでイコールで無い事にも要注意です。これについてはまた別途お話します。

下記のマントラは例えば、イジメをした相手や、自分に対して行うのではなく、ただ再生された記憶に対して「この記を消すチャンスを与えてくれてありがとう。」という気持ちでマントラを唱えればいいのです。

 <4つのマントラ>
「ありがとう」「ごめんさない」「ゆるしてください」「愛しています」

これ等の言霊は、博士によれば、潜在意識の中の記憶に感謝し、インナーチャイルドを慈しむことができます。

「愛しています」の言葉には全てが含まれている為、この言葉だけでも神聖なる知能がそれを受け取ってマナを降ろして記憶を消し、更にインスピレーションを降ろしてくれます。

何を意味しているのか理解出来ていなくても良く、「愛しています」とインナーチャイルドに語りかけるだけで、潜在意識の記憶が変換され導かれて行きます。

記憶は直ぐに蘇って来るので何度でも記憶を浄化するプロセスを繰り返す必要があります。

<クリーニングの方法>
1)自分に起きた原因を内観する。
2)マントラを唱える。

私はよくマントラを唱えながら、イレーザーのようにサッと消すイメージや、青く美しい泉へ記憶を落とし、清められた記憶がキラキラと輝きながら溶けていくイメージをします。

青色は浄化や癒す効果が高い為、このようなイメージをしながら行うと。とても気分が良くなり波動が上がります。心地良くなるまで、繰り返して行った方が良いでしょう。

以前も何度かお話していますが、この世はバーチャルの世界で、自分の記憶が他者に投影されているに過ぎません。
ですので、問題は自分の中にあり、100%自分の責任で解決できるという事を理解できていれば、「無」の悟りへと辿りつけると思います。

~受付中のワーク~
<ディバインゼロ 無償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時~(約15分)

<ディバインゼロパワーアップ版 有償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時30分~(約30分)

詳細はこちら

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

インナーチャイルドの癒し方

f:id:hana7_1111:20191004202838j:plain

<インナーチャイルドの癒し方>

1)インナーチャイルドの頭を優しく撫でます。常に気にかけて大切に慈しみます。

2)やさしくハグしてあげます。

3)そっと手を取って撫でてあげます。

4)両肩を抱きしめ、しっかり感情を込めて惜しみない愛で満たしてあげます。

心から愛情を持って接しなければ、インナーチャイルドは協力してくれません。
潜在意識は顕在意識の願いを叶えてくれます。

博士によれば、「バッグに1日に必要な食べ物や着替えを持たせるくらいのイメージ」で常に大事に気に掛けるといいそうです。

インナーチャイルドをどうイメージするかは、具体的に記されていませんが、自分の小さな子供像としてイメージしたり、イメージできなければ光のような子供でも良いと思います。

私はインナーチャイルドに、時には花輪を作ってあげたり、アイスクリームをあげたり、蝶やペガサス、ユニコーンと戯れたり、望むことをしてあげます。

こうしてインナーチャイルドと向き合っていると、純粋な気持ちが蘇り、「素直さ」や「無垢・無邪気さ」が現実の自分へ反映され、心が癒されていきます。

また、許しの制限が外れることで、自由意思が高まり、現実レベルでの希望や夢がより現実として顕在されやすくなります。

これは私の体験した感覚ですが、常に自分のインナーチャイルドを癒し、共に過ごす時間を作ることにより、心身の一体感が得られ、その時間はとても心地良く幸福感に満たされます。

次回は自分で出来るクリーニング方法についてご紹介致します。

~受付中のワーク~
<ディバインゼロ 無償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時~(約15分)

<ディバインゼロパワーアップ版 有償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時30分~(約30分)

詳細はこちら

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

ホ・オポノポノの仕組み

f:id:hana7_1111:20191103221551j:plain

ネガティブな記憶の再生が様々な悩み、苦しみ、病気の原因となる。

私達の潜在意識は何もない「空」の状態。光は常に与えられているので、私達の意識の中に光が通りますが、それを遮っているのが潜在意識の記憶です。

それにはインナーチャイルドを癒すことが重要になります。

「インナーチャイルド(内なる子供)」と聞いて知っている!と思っている方や今更インナーチャイルドの癒し?って思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、おそらくインナーチャイルドを 癒し切れている方は少ないと思われます。 癒し切れていれば悩み事や様々な感情に翻弄されることはないからです。

ホ・オポノポノでは「癒すことで超意識が働きかけ、インスピレーションが降りて来るというメカニズムを提示しています。

1.インナーチャイルドを慈しみ、記憶を変換に導く。

2.顕在意識から働きかけた願いが潜在意識から超意識へ上がっていく。

3.超意識は潜在意識から上がって来た願いを整え、常に神聖なる知能と共鳴している。

4.神聖なる知能は超意識から上がって来た願いを受け入れる。これによりマナが超意 
  識、顕在意識を経由して降りて来た潜在意識の記憶を消去して無にする。

5.潜在意識の記憶が消去されたら、神聖なる知能から超意識、顕在意識を経由して潜在
  意識の記憶にインスピレーションが降りて来る。

6.インスピレーションにより知らず知らずに本来あるべき正しい生き方をするようにな
  る。

マナは「神様の力」で記憶を洗い流してくれる。顕在意識・潜在意識・超意識が三位一体にならないと、神聖なる知能にアクセスできない。

私達が人生で経験する全ての問題や困難は、私達の記憶が再生されることで起きています。

執着を手放し「無」になった時、初めて悟りが得られるのです。それによって初めて本当の自由を手にすることができます。

人には神聖なる知能があるから、人に頼ったり人のせいにしたりせずとも自分で解決できるのです。
ヒューレン博士が仰る通り、私達自身に解決できないことはないと思います。

(私達は何でも自分で出来ることを知っている)自分でも子供の頃に色々な思いが湧き上がる度に、何故かそう反応したことに納得していたことがありました。

私達は元々神のような存在で何でも出来たのでそれを超意識が代弁したのかも知れません。

次回は自分で出来るインナーチャイルドの癒し方についてご紹介します。

~受付中のワーク~
<ディバインゼロ 無償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時~(約15分)

<ディバインゼロパワーアップ版 有償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時30分~(約30分)

詳細はこちら

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

職場で上手く行かない状況から改善へ

f:id:hana7_1111:20200612081456j:plain

失業寸前のある女性のお話。

素晴らしい仕事と優秀なスタッフに恵まれていたが、私はストレスが強くなるとスタッフに八つ当たりしていた。上司や部長から注意を受けていたが、とうとう停職処分寸前となった。

部長は影で人を中傷する最悪の人で、意地が悪く社員同士で争うように仕向けたり、皆の前で恥をかかせたり、その記憶の思いが引き金となって生まれた現実の中では、再生される記憶を通して見る彼の姿が、他人を犠牲にし自分の業績を上げる利己主義に見え、こうした部長に対する思いが渦巻いていた。

しかし、私の目に映った部長の姿は私自身の中にある記憶の反映に過ぎないということが分かった。
私のその状況を生み出すあらゆる原因となった家族、親戚、先祖、上司や同僚、部下との関係など、何か感情が起こる度、何か思いが浮かぶ度に1つ1つクリーニングしていった。

仲間外れにされたことや自分のインナーチャイルドを自分自身で締め出したこと等、全てを何か月もかけてクリーニングした。

そのうち、部長に対する怒りも孤立感も前ほど感じなくなっていた。一年間続けた時、部長が転任になった。
私が100%自分で責任を取ると決心したら、彼に対する私の課題は終わったかのようでした。

彼はもう私の所にいる必要は無くなったのです。彼は自分自身を見るという学びの機会を与えてくれた。もし彼がいなかったら私は自分に責任を取ることはなかったでしょう。自分に責任を持つことによって、より素晴らしい人間になるチャンスを与えてくれたことに感謝です。

誰かの中に嫌な部分、酷い部分を見たら、それは自分の中にもあるということ。自分の中のものをクリーニングして消去することができたら、その誰かの嫌な部分も酷い部分も消えてしまうのです。 (一部簡略して掲載)

私自身も、過去に会社の上司からイジメを受けた経験があり、私以外にも多くの人がその上司からイジメを受け、 何人もの人がその会社を辞めて行きました。

この「ホ・オポノポノ」に提示された言葉(マントラ)を日々唱えたところ、 段々上司に対する感情が消えていき、 1年後に 上司は懲戒処分になりました。
本当にこの効果には驚きました。

その当時は何故こうなったのか分かりませんでしたが、チャネリングを通して、上司が過去世では逆の立場であったことが分かりました。(戦時中の敵の捕虜)

このように人間は因果関係より繰り返し様々な体験をしています。相手に何かされたからやり返すのではなく、 憎しみを抱いたり恨んだりするのではなく、 この状況を 引き寄せているのは自分だと受け止め、自分自身を癒し浄化することで、これまでの問題は解消されていきます。

憎しみを抱いたり恨んだりするので

はなく、

引き寄せているのは自分だと受け止め、自分自身を癒し浄化することで、これまでの問題は解消されていきます。

憎しみを抱いたり恨んだりするので

はなく、

引き寄せているのは自分だと受け止め、自分自身を癒し浄化することで、これまでの問題は解消されていきます。

次回はホ・オポノポノのメカニズムについてご説明していきます。

~受付中のワーク~

<ディバインゼロ 無償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時~(約15分)

<ディバインゼロパワーアップ版 有償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時30分~(約30分)

詳細はこちら

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

ホ・オポノポノ

f:id:hana7_1111:20200612081358j:plain

自分を取り巻く人間関係の全てが波風立たずにスムーズに行く人生はあまり無いと思います。
何故自分が望まない事、意に反する事が起きてしまうのでしょう。

<ホ・オポノポノとは>
ハワイの伝統的なホ・オポノポノは、「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義され、人間関係や病気等、あらゆる問題を解消できるとされています。

問題が生じるには必ず「原因」があり、それは個人の誤りにより、病気になると信じられたり、バヌアツでは病気は性的不品行や怒りによって起こると考えられ、秘密を告白することで病気が改善されていくのだそうです。

また、ハワイを含む多くの島々でも同様に子供が病気なら、両親には喧嘩や不品行の疑いがあるとされています。社会的秩序を乱すと、病気に加えてその土地に不作や災害が齎されます。

告白と謝罪だけが調和を回復できるとされているのです。

<ハレアカラ・ヒューレン博士>
個人で行うための新しいホ・オポノポノを創始したシオナメの生徒イハレアカラ・ヒューレン博士は、このホ・オポノポノを世界中に広めました。

<精神病院での出来事>
彼はハワイにある精神異常者や凶悪犯が収監されている州立病院に派遣されることになった時、当初は「精神病の医師でも無いのに院内で起きる事件やトラブルを収束し、立て直すことなどできない。」と断ったのですが、依頼者の熱意に負け、問題解決に当たることになり、「ホ・オポノポノ」を実践しました。

その後、週1,2回起きていた暴行沙汰が減り、患者の手錠と足枷を外せるようになり、欠勤しがちだった職員は皆勤になりました。トイレで人もいないのに勝手に水が流れる

などの霊的現象もなくなり、患者も退院が増え半数に。4年後には遂に収容される患者がいなくなり、最終的に病院は廃院になりました。ヒューレン博士が実践したホ・オポノポノは、患者と対話したわけではありません。

収容者のカルテを見ながら「これらは自分の中の何が原因なのだろう? 」と、湧き上がってくる感情をただクリーニングしただけでした。

特に患者を癒すのではなく、看護士に指示するわけでもなく、出勤前と仕事中に自分の内面を癒し続けたのです。

<4つのマントラ>
患者のカルテを見ながらと、言い続けました。

『ありがとう』
『ごめんなさい』
『許して下さい』
『愛しています』

彼の考えでは、問題は外部の現実ではなく自分自身の中にあり、全ては自分に投影されるため、100%自分に責任を持つ事だと言われています。

そして、上記の4つの言葉(マントラ)を「限界もなく、記憶もなく、アイデンティティもない、ゼロの状態」という考えにより提示しました。

ヒューレンによるホ・オポノポノは、自らの記憶に向けて、「どの記憶が問題を引き起こしているのだろうか」と問いかけた後、これらのマントラを繰り返すことで問題が解決されます。

この「ゼロ状態」とは、私達は辛い過去の記憶を消すこと、つまり浄化をすることで目の前にある困難な状況の影響を無くすことができるというものです。

一見、自分とは何の関係もない状況やどう見ても他者が悪いのに・・・と思えることも、実は自分自身に原因があるのです。

次回はホ・オポノポノ事例や私自身の体験も踏まえて紹介致します。

~只今受付中のワーク~

<ディバインゼロ 無償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時~(約15分)

<ディバインゼロパワーアップ版 有償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時30分~(約30分)

詳細はこちら

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

目醒めのスイッチが入った時

f:id:hana7_1111:20180410003459j:plain

ある事を調べていたらとても感動的な記事を見つけたので、ご紹介します。

その人は抗がん剤治療を受ける前に通常では起こりえない体の変化がありました。
それはあることを決めたのがきっかけでした。「みやざき中央新聞」に記載された記事を引用。

「私は日本人として生まれたのに、なんて日本人らしからぬ、アメリカ人かぶれした人生を生きてきたんだろう」って。

そして「今から私は日本人として生きよう」と心に決めたんです。
そしたら、不思議なことが起きました。

毎晩子どもの寝顔を見ながら、不安で不安で泣いていたんですけど、「日本人らしく生きよう」と思ったら、夜眠れるようになりました。それまでの不安が雪のように溶けてなくなったんです。

たぶん、人間が抱える悩みというものは、そのほとんどが過去を後悔しているか、未来を不安に思っているのか、どちらかではないでしょうか。

でも、日本人というのは欧米人のように、未来に軸をおいて、今を未来のための手段にして生きていくなんて合わない。

それより、今自分に与えられた環境やご縁に感謝して受け入れて、そこで出来る精一杯のことをして生きていくほうが合っているんじゃないかと。

過去の日本人がしてきたように、私も過去や未来を手放し、「今、ここ」に集中したら、不安から開放されたんです。悩みが消えたら、さらに不思議なことが起こりました。


お医者さんが「明日からいよいよ抗がん剤治療に入りますから、もう1回精密検査をしましょう」とおっしゃって、精密検査を受けたら、なんと幾つもあったがん細胞がきれいに消えてなくなっていたんです。私、思いました。

私は日本人として生まれたのに、ずっとアメリカ人みたいな生き方を目指してきた。私に宿っている日本人の遺伝子はそんな生き方を喜ぶはずがない。

きっとスイッチがオフになっていたんじゃないか。

でも、私が日本人らしい生き方に気が付いて、今日から日本人として人生をやり直そうと思ったときに、たぶん私の中の遺伝子がとっても喜んでくれたんじゃないかって。

その結果、遺伝子がオンになって、自分に元々宿っていたけれども、眠っていた生き方が急に発揮されるようになったんじゃないかと。

たぶん、私たちが「奇跡」と呼んでいる出来事は、あり得ないことが起こることじゃなくて、遺伝子がオンになることによって、今まで眠っていた可能性が急に目覚めて、すごい力を発揮して起こった出来事のことを「奇跡」と呼んできたんじゃないかなって、そんなふうに思ったんです。

日本人の遺伝子は、おそらくあの『古事記』の時代から組み込まれているんです。だから、日本人としての本来の生き方を心がけたら、きっと私たちの遺伝子はオンになって、皆さんの人生にもすごい奇跡が次々と起きるようになるんじゃないかなって思うんです。

とても素敵で感動的なお話しですね。
私達には既に備わっているものがあり、そのスイッチはいつでも入れることができます。

「今、ここ」に集中し全ての存在や出来事に感謝し、過去と未来の不安や恐怖をまっさらにする、それだけで私達は過去から引きずってきた呪縛が解かれ、本来の自分を取り戻していけるのです。
そして、それが出来る自分を何があっても信頼し続けましょう。

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする

「上も下も無い」  

f:id:hana7_1111:20190908230044j:plain

劣って下にあるものは、優れて上にあるものと同じ。

これはエメラルドタブレットに記載れている内容の一部です。

エメラルドタブレットは中世ヨーロッパに錬金術の守護神ヘルメス・トリスメギストスによって記された銘碑です。

私達はヒエラルキー社会の中で、性別、年齢、学歴、出身など、その人を構成する様々な要素を見てジャッジしています。

あの人より頭がいいとか、給料がいいとか、いい車を持っているとか、体系がいいとか。これは日常的にごく自然に評価してしまっており、こうした上下・優劣の評価は宇宙では全く関係ないのです。

そしてこの考えを持ち続けている限りアセンションは難しくなります。
なぜなら、私達は元々ひとつであり、愛で繋がっているという事が心で理解できていないからです。

もし、まだ誰かや物を評価してしまったり、自己否定が在る場合は、アセンションの軌道から逸れやすい為、十分注意した方が良いでしょう。

私は光、私は愛、私はすべて。

これを唱えて本来の在るべき位置に自分を置きましょう。

カテゴリー: 目醒めるために | コメントする

そのひとつひとつを知ることで、ほかの全てを知ることができる

f:id:hana7_1111:20200517164140j:plain

ヴェーダの文献では、

願望を抱くことで既にその願望を実現する仕組みが働き出すとされています。
なぜなら、個人の夢は宇宙全体の計画にしっかり織り込まれているからです。

偶然のように思える出来事や出会いも、宇宙計画の中で細分化され、実現するように働きかけています。

夢を実現する為の仕組みは、古代インドでは知識の力や意志の力の中に含まれています。しかし知識の力や意志の力は超越する力の中で無限の力と可能性を見つけ出します。自己が持つ超越する力とは、ブラフマンの力であり、ここに宇宙の無限の組織化が存在しています。

ブラフマン(ブラフマー)はヒンドゥー教またはインド哲学において宇宙の源、創造者、神聖な知性として見なされており、ヴィシュヌ(保持者)と、シヴァ(破壊者)とは本来同一で三神一体の神々の1つであるとされています。

つまり、私達ひとりひとりが源であり、創造主ということです。

そのひとつひとつを知る

宇宙を探求し、己を探求し、ひとつひとつの知識は可能性の扉を開き、宇宙の仕組みや法則を確信した時、無限の力が導き出されるのです。

カテゴリー: 目醒めるために | コメントする

揺るぎない意志と意図を持つ

<今日の一言メッセージ>

決して後戻りすることがない強固な決意。

ほんの少しでも矛盾する願望や利益によって撤回されることのない明確な目的。

視野を広げ、目標に意識を集中し、可能性を信じて心に従う。

そうすれば努力は必要なく、宇宙は細やかに手配し、導き、チャンスを提供し、

あなたの望みを叶えてくれるでしょう。

カテゴリー: 目醒めるために | コメントする