春分の日の夢

f:id:hana7_1111:20210320105741j:plain

本日は春分の日!

<夢のメッセージ>


夢のメッセージを受け取りましたので、まずはこちらをご紹介します。

夢で大きな白い犬が二匹出て来ました。

そして場面は変わり、夜にお祭りをやっているような場所へ飛んでいきました。そこには沢山の人がいました。
人だかりの一部に、池のような水場で何かの競技をしているようです。

何故か流氷が浮かんでいて、ヒビが入り割れて行きました。
その冷たい水の中を男性も女性も時々潜って争うように競技?をしています。
その中には悪意を感じる人もいましたが、全力で戦う人の熱気を感じました。

ひとりの男性が現れ、この競技について解説していました。
「競技は相手を恨みながらするものではない。」と聞こえて来ました。

最後に手のひらサイズの沢山のクリスタルが現れ、見た事も無いような美しい色の光を放ち、みんなで見惚れていました。
強烈に発光する光が現れて目が覚めました。

<解釈>
白い大きな犬の意味は交流関係の広がりを表しています。また身近な人の援助など。

逆に黒い犬や吠える犬は人間関係での危険を知らせるメッセージ。人間関係の悪化(誰かの裏切りや中傷)傷ついた犬や老犬は悪い知らせをあらわし、身近な人の健康状態を暗示します。

全体の夢の解釈としては、白い大きな犬はソウルメイトの繋がりが広がることを意味し、流氷が割れて閉ざされた世界の封印が解け、闇が明るみになり、それを知る人が増えて行くことを暗示しています。

冷たい水中に潜って競技しているのは、私達が知らない所で困難な闘いを強いられている戦士達のこと。(闇の勢力に対抗して実践で闘っている存在達)まさに光と闇の闘いを表しています。

男性が回折していた中の話で「競技は相手を恨みながらするものではない。」とは、

人間が持つ闇の部分の事。恨みはネガティブなエネルギーを好む闇の存在に与えることになります。つまりひとりひとりが「悟る」ことが重要であると示唆しています。

沢山のクリスタルは私達のハートと共鳴して輝きだし、光の世界を生み出しました。

それは私達の光が強烈で輝きを取り戻した状態に見えたので、やがて光に満たされる日が来ることを意味していると解釈しました。

現在は闇の多くは掃討されましたが、それでもまだ私達人間と同じ体系で存在しているものはいます。

光の勢力とともに、私達が出来ることは自分をクリアリングし、愛と平和のエネルギーを送ることです。

闇は自分の中にもあります。まずは「自己の闇を日々一掃」することです。

これが最も重要です。多くの場合、闇を非難しますが、それを呼び寄せているのも私達に少なからず「闇」があるからです。

私達にはそれぞれ独自の素晴らしい光を持っているとクリスタルは伝えて来ました。

今日は特に春分の日という節目になりますので、本来ライトワーカーとして持つあなたの美しい光を、みんなで一丸となって地球に送りましょう。

カテゴリー: 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA