パラレルワールド・過去を戻す

f:id:hana7_1111:20220305104219j:plain

最近パラレルワールドの世界にとてもアクセスしやすくなっています。

電車に乗っている時のこと。
座って目を閉じていたら自分が何かを書いている状況が見えてきました。
実際に何かを書いているリアルさを感じつつ、暫くするとそれを俯瞰して見ている自分に変わり、その光景は1枚の映画のフィルムのように見えてきました。

そのフィルムが次にやって来るフィルムへとスライドして消えそうだったので、(このまま消えたらさっき書いた事を忘れてしまう。早く覚えなきゃ。)と焦っていると、ゆっくり消えていき、現時点の自分がいる光景のスライドへと変わってしまいました。

その瞬間目を開けたら、現実の自分に戻っていたのです。
ほんの数秒のことなのに、その光景は覚えていても、書いた内容はやはり忘れてましたね。

今はパラレルワールドの層も薄くなり、覚醒が進んでいるので、特に夢を見ているわけでもないのに、こうした体験をする人は増えて来ていると思われます。

現実レベルで肉体が移動していなくても、意識体がその世界へ行くことは日々あります。それが「夢」です。

夢は実際に多次元や別の世界へ行っているわけですが、眠っていない自覚がある状態で先程のように他の世界へアクセスすることをチャネリングと呼んでいます。これは自分で意識的に行う場合と、そうでない場合とあります。

<過去を戻す>

以前も紹介したと思いますが、過去が戻った話。
仕事であるシステムを使用して登録作業を間違えてしまったことがありました。
明日にならないと取り消し処理ができない仕様の為、やばいやばい!と思いなんとか元に戻せないかと方法を巡らせましたが他にどうにもなりません。

仕方がないので、(あの状況は間違いでこうなるべきものだった)と修正している状況を頭の中でイメージしたんですよ。

そうしたら急に自分の周りにシールドが張り巡らされBOXに入れられた感覚になり、さっきまでの周りの雑音がザーと砂嵐のように小さく聞こえて、自分だけ違う世界にいるような時間が止まったような、妙な感覚になったんです。

「あの処理は間違いでこうなる!」とイメージを続けていたところ、パッと取り囲まれた空間が消えて元の状況に戻って来ました。

(やばいことやっちゃったなー)と思いながら、さっき間違えた箇所を恐る恐る確認したら、間違えていた筈のものが消えているではないですか!!

どういうこと!??
あの誤登録データはどこにいったのか?

何度も探してみましたが、処理前の状態に戻っていたのです。
狐につままれた感じでしたね。

そんな風に過去を戻す体験をしたわけですが、宇宙には現在、過去、未来というものはなく同時に存在しているのです。

ただ地球は制限を体験する星なので、私達は時間に縛られているような感覚を共通で認識している状態なのです。

自分と波長が合う世界は、何かしらのメッセージや潜在意識のメモリが引き寄せたりすることがあるので、夢のようにチンプンカンプンな状況だったとしても、日記にしておくと意識が高まり覚醒も進みやすくなでしょう。

リラックスして(自分は満たされている)という意識で明るい体験を望むと、それが引き寄せられ、ポジティブなパラレルワールドに繋がるかもしれませんね。

***ウクライナ問題***
プーチンが悪いように叩かれていますが、実際はかなり違う報道がされているようです。プーチンの主目的はロシアを当面の軍事的脅威から守るためにウクライナを非武装化し、危険な生物兵器研究所を排除し、ネオナチ的要素をウクライナから粛清することです。

3月5日土曜日21時25分開始
ウクライナ平和瞑想ライブ

カテゴリー: 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA