赤塚浅間神社(富士塚)の快

前回こちらの神社のことを記事にしましたが、覚えていますでしょうか。

本日は再び赤塚浅間神社へ。

ただ、タイトルをご覧いただければお分かりの通り、前回とは真逆の
お話しになります。(笑)

前回よりは大分エネルギーがクリアになったものの、まだ浄化も必要で他にすべき事があった為伺ったのですが・・・。

家を出た時は晴れていたのに、こちらへ到着する前に伺った別の神社で既にポツリポツリと雨が降り出し・・・。

そうこうしているうちに太陽はすっかり雨雲に隠れ、まだ15時30分位なのに辺りはすっかり薄暗くなってしまいました。

道に迷いながら到着して直ぐに浄化を始めたところで雨足は次第に強くなっていき、(今日は帰った方がいいかな)と諦めて帰る準備を始めた時のことです。

「ライトワーク中には雨は降らない。」
ある人が過去に言った言葉が突然頭の中に入って来ました。

この言葉を以前聞いた時、私はとても反発しました。

(準備が出来ていないから、若しくはそれにふさわしくないワークだから、高次元の存在達から中断させられるという意味?)

私はその当時そう解釈して、どうしても納得いかなかったのでした。

そして今も。

(そんな事はない。必要なら浄化の雨だって降るし、雨の中ライトワークをしてきた人達は多くいる。そういう概念など存在しない。何ならこれから太陽が出ることに掛けてみよう。太陽どころか虹だって出る。絶対に。)

急に反発心が湧き起こり、俄然やる気になったのです。

そして再び戻り、祈りを捧げワークを行いました。

十羅刹女堂では羅刹女様が喜ばれて、私に祝福を下さったので、ハートがポっと暖かくなりとても嬉しかったです。

しかし雨は弱まるどころか強まる一方!

(わ~この雨じゃさすがに無理かも~(;’’∀’’)。やはり潔く撤収するっきゃない、いくら何でもこれじゃあ・・・。)とあっさり諦め、

またまた帰り支度を始めた所、突然空が明るくなってきました。いなくなっていた太陽がぼんやりと姿を現したのです。


黒い粒は雨です~。昼間なのに暗~い・・・(;”∀”)

(えっ?諦めるなってこと?いや、もしかしたら晴れるかもしれない・・・。)

微かな希望が湧き、思い直して降りしきる雨の中、再び神社の鳥居をくぐりました。

暫く集中して祈っていると、ふいに
(虹が出るよ)

そうテレパシーで何者かが教えてくれました。

(えっ?そうなの。)境内を出て空を見上げると何も出ておらず雨雲一面。
あれまぁ・・・。この状況で出るのかな・・・。

それでもじっとこの空の変化を見ておかなきゃいけない、とでも言われているような感じでなぜか顔が固定されたようになり、じっ~と見ていたら、段々見覚えのある色彩が空に浮かび上がり、やがてその色は濃くなっていき、まさかの橋が空に掛かりました!

ダブルレインボー

(本当に虹が出た)本当に・・・。

 しかも虹が出て来るところを初めて見た~。

なにせスマホが古いので画質は悪いですが、上の方にも薄くもう1つのレインボーがあり、綺麗なダブルレインボーでした。

微かに薄い虹がもう1つ

そして振り返ると南の空にはでっかい太陽が!!

なんじゃ、あの太陽は!! さっきまで遠慮がちだった太陽が突如巨大な太陽に化け、いつの間にか青空の中で煌々と輝いていたのです。

ちょっと見ぬ間にでかくなってた太陽。まだ雨は降ってます。

虹がまだ消えないうちに、やるべき事をやっておかないと!
我に返り、光を降ろし必要なワークを行いました。

雨は上がりました

わずか20分程の出来事で(虹が出ていたのは約10分位?)終わってみれば青空が見え、とても清々しく気分爽快。
あのまま帰らなくて本当に良かった~と思いました。
(帰宅する頃には再び曇ってしまいましたが。)

私だけではなく、今日も色々な場所で活動されているライトワーカー達に高次元の存在達が祝福のプレゼントとして見せてくれたのでしょう。

こういう事は過去にも数回ありますが、やはり信じれば必ず奇跡は起きるという事を改めて認識できたのでした。


そして不思議に思うことが。
傘も無くびしょ濡れで、おまけに靴の中まで雨が侵入したので靴下も濡れて寒くて、帰ったら早く靴下を脱ぎたい!!と思っていたんです。

帰宅した時は服も靴もバッグも濡れたままなのに、不思議なことに靴下は既に乾いていました。体温が低い私にしてはこんな事は初めてでした。

本日の夕焼け

そして夕方、いつもとは違ったダイナミックな夕焼け空を見たのでした。

今日は感謝感激の一日でした。


前回の記事はこちら→赤塚浅間神社(富士塚)の怪

カテゴリー: 東京都 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA