次元が違うとは

f:id:hana7_1111:20200803092710j:plain

よく会話の中で「それは次元が違う」なんてことを言ったり聞いたりすると思いますが、最近私はそれをよく感じます。

どういうことかというと、「コロナ」の事とかすっかり忘れているのです。

(おいおい、大丈夫かい!?)って思われるかもしれませんね。

勿論、手洗いやうがい、マスクは着用していますし、本当に忘れている訳ではありません。
ただ、今日はどれくらい感染したとか、全く目にしないし、聞こえて来ないし、自分が意識していないと、そういう情報がやって来なくなるんです。

操作社会の崩壊から脱出するには
マイナスイメージを持つ言動や場所に意識を向けていると、それに関する情報ばかりがやってきて、その波動を受けます。

「感染したらどうしよう。家族や会社に迷惑がかかる。」

その不安や恐れが益々今のマスコミを増長させます。

コロナというのは闇の組織が人為的に仕組んだものであり、私達に不安や恐怖を煽り、最終的にはマイクロチップ入りのワクチンを打って人類を管理することが目的と言われていますが、それはほぼ間違いないでしょう。

コロナ禍により世界が混乱していますが、ある意味これは私達自身が本質を見極めるチャンスでもあります。

私達はひとりひとりが素晴らしい能力を持っているので、そうした謀略にかかることなく、悪魔のささやきにいちいち耳を傾けて不安になることもなく、自分が今、アセンションの道を間違いなく向かっているという悦びを持っていれば、心は曇らずに毎日を自分が思う通りに生きることが出来ます。

いつも瞑想をして宇宙から美しいエネルギーを頂いていると、(病気になる筈がない)と必然的に思いますので、不安になる事がないですし、コロナという言葉に反応しなくなっていきます。

個人創造の時代
個人には宇宙が存在し、それをこれからは創造していく時代になります。
個々に居心地の良い宇宙を創っていく事が個人のアセンションになりますが、現時点で様々なネガティブに囚われ、自分を見失っているとそれが叶わなくなるので、あなたが何を願いどう生きたいか、そこに意識を向けて、自己を確立していきましょう。

自己確立というのが出来ているかどうかのチェックは思考、心、肉体が一致しているかどうかを確認すると分かり易いです。

チェックの方法
やりたくない事、心に思っていない事を周りと合わせて行っていないかどうか。その行為は自分を偽っている事になります。

また、無理に自己主張するのではなく、自分が納得できていればいいのです。
相手に分かってもらおう、分からせようとするのではなく、ただ自分の意見を述べ、例えそれが相手から批判されても、万人が自分の考えと一致するわけではないので、(そういう人もいる)のだと受け止めれば良いのです。
そこで自我が出てしまうと、口論したり、喧嘩に発展します。

自分を素直に表現できさえすれば、相手に分かってもらえなくても感情的になる事はありません。

自分の心に波風が立つような時、直ぐに穏やかで平和な世界におさまるのか、台風になってしまうのか、その状態をチェックしましょう。

こうした事で解脱していくと、慌ただしい世の中も、自分は平和の中にいるように感じてきます。
現実世界では同じ所にいても、次元が違う所にいれば、低周波数の影響を受けにくくなり、自分の道を歩んで行きやすくなるのです。

カテゴリー: 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA