不二阿祖山大神宮


一週間前からサインやメッセージをもらっていたこともあり、初めて不二阿祖山太神宮へ伺ってみることに。 車中の景色を眺めていると、段々山が近づいて来て、駅間の距離も長くなり、都会から離れる事への嬉しさが込上げてきました。途中クラウドシップも見え、清々しい空に気分もワクワクウキウキ。

彩雲


3時間程で下吉田駅に到着。
見上げると彩雲が出ていて、凄く美しい色合いで呆然としてしまいました。
単純な行き方なのに、何故か道を間違えてしまい1時間かかってやっと神社があると思われる山の手前まで来ました。

目指す山の上空には渦のような雲が。そして光の物体も。

山の上に渦みたいな雲
光る物体も神社のある山の方へと移動


手前の神社が目的の神社だと勘違い、それでも気になったのでエネルギーワークをしました。場所が分からず迷っていると、ちょうどタクシーがやって来て運ちゃんが一服しだしたので、すかさず道を聞いたところ、もっと先の所でした。
本来は駅から徒歩30分弱で行けると思われますが、なんだかんだで1時間30分もかかってしまいました。


やっと到着し、急な階段をゆっくり上り始めていたら、いきなり祝詞が始まりました。(あれ?ここは辺鄙な場所だから人がいない筈では・・・)そんな予想とは裏腹に、上は人が沢山いて何やら儀式を初めている模様。あまりの人の多さに拍子抜けし、あわあわしていたら係りの人らしき人が「初めてですか?こちらへどうぞ」と上段の会場へ連れて行かれ、最前列に1席空いていた所へ座る羽目に。

何かの儀式らしく周りは菊のバッチを付けた方ばかりで場違いな感じ。
こんなに人が多くては何だかやりずらいな~昨日来ていれば良かった・・・。と思ったのですが。

1時間後に儀式が終わり、人がいなくなってから別の係りの方から話しかけられたので、「こんなに沢山の人がいて儀式をやっていたのでびっくりした」
と東京から来た事などを話した所、「それは凄いですね。この式典は予約した人でないと出席できないんですよ。ただ予約した人の中でも、こちらの神様から呼ばれた人しか出席できないので、自分が行きたくても何らかの理由で来れなくなる方や1年かけても来れない方など、今までに何人もいらっしゃいます。
ですから呼ばれたんですね~。」と驚かれていました。

お手水舎


そう言われると、途中に見かけた草の茎(まこも?)の1本だけが、風も無いのにやたら左右に揺れ動いていて、踊っているようなサインに見えたのを思い出しました。もしかしたら過去世でこの地に住んでいたことがあって、農業とか、植物に関係する事をやっていたかもしれないと思いを巡らせました。
その後も色々と丁寧にご説明してくださいました。


三柱鳥居の中で高次元の存在と思われる光の球がはっきり見え、宇宙に関係する情報が降りて来ました。その後も何かのワークを受けた後のように、色々な気付きやアイデアが不思議な程パッパッと浮かんで来ました。

三柱鳥居

4時間位、出続けた彩雲


彩雲は最初見たときより大分崩れてしまいましたが、トータル4時間位出続けていて、この大事な式典を見守った後、暫くしてから消えていきました。
この彩雲に「変形」をリクエストしてみたら、どんどん変形したのでクラウドシップかもしれません。


この後河口湖へ。到着早々湖面近くを歩いていると、山の方から急に光が差して来ました。

河口湖にて

今日は面白い体験ができ、また伺いたいと思いました。

カテゴリー: 山梨県, 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA