パワースポット 笠間稲荷神社 東京別社

コロナの影響で出掛けていない為、一年前に伺った時のものです。
大きくて有名な神社=パワースポットという既成概念がありますが、こちらは小さくても凄くパワーがありました。

こじんまりとして、見た目は寂しそうな雰囲気でしたが、鳥居を潜ると神々独特の神聖な領域を感じ、直ぐに強い風が吹いて来ました。

手水舎
社殿

午前中、少し雨が降ったせいか扉は開いておりませんでしたが、参拝させて頂いた時に暖かく強いエネルギーが頭頂に降りて来て、とても心地良かったです。

その一方、厳格な神様で一挙手一投足を見られている感じがしました(^^ゞ
参拝中は何度か強い風が渦のようにやって来ました。

狐塚

狐たちが囲むように集まっていた所。
ギョッとして怖いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、全然そんな事はありません。

凄くパワーがあり眩しかったですよ。
ご挨拶をしてエネルギーワークをさせて頂いた時に、黄金色の中に、顎鬚が長く容姿端麗で豪華な衣装を召された方が、背の高い赤い椅子に座られ、お出ましになりました。

おそらくどこかの国の王様と思われ、お顔はイエスとハンガリーの王イシュトバーン1世を足して2で割ってやや東洋風にした容姿でした。

実はこちらの方、ここ最近、何度か現れるお方とよく似ていらっしゃったので出て来られた時はドキッとしました。(口ひげがある点が違っていましたが)

何度か出て来られている方は、お稲荷様とご縁がある宇宙的存在で、今回現れた方と魂が同じのように感じました。(ルーツを知るように)と彼は言われていました。

それは、自分自身のことも含め、日本という国のルーツ、神々や天皇のことなど正しい情報を多くの人が知る時期が来ていることを伝えていました。凄く鳥肌が立ちましたね。

帰宅してからこちらの神社を調べてみたら、「笠間稲荷神社」は日本三大稲荷だそうで。(と言っても三大というのは特に定まっておらず、自称されているようですが・・・(^^ゞ)こちらに御分霊をお祀りしているとの事。
だからパワーが凄かったのかと納得。

是非茨城県にある「笠間稲荷神社」にも伺いたいものです。

社務所は呼び出し式になっていてボタンを押すと巫女さんが出て来られました。

<ご祭神>
宇迦之御魂神・寿老神
社殿内に小祠(左):寿老神小祠(右)
:晴雲神社 牧野家臣・藤江監物

<所在地>東京都中央区日本橋浜町2-11-6

<最寄り駅>
・都営地下鉄浅草線 人形町駅
・東京メトロ日比谷線 人形町駅
・都営地下鉄新宿線 浜町駅
・東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅

<ご由緒・HP>
5代将軍:徳川綱吉、御側御用人の牧野成貞が下屋敷に稲荷・山王・八幡を祀ったことが始まり。

1859年に藩主は笠間稲荷神社より御分霊を現在の地に合祀奉斎。関東大震災及び東京大空襲で被害を受け再建。

笠間稲荷神社東京別社

カテゴリー: 東京都 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA