癒しが必要なわけ

f:id:hana7_1111:20200912095518j:plain

人は生きている間、辛い事や悲しい事等自分にとって歓迎したくない出来事を沢山体験しますよね。

人によって捉え方が違えば、それが大でも小にでもなりますが、少なからずハートに何らかの影響を与えます。

その想いが癒し切れず放置しておくと、ある日突然、他者と口論になった時、感情が高ぶって、過去の事を持ち出して激しく衝突したり、自暴自棄になったり・・・。

悪化した想念が、時には事件や自殺を引き起こすような、あらぬ方向へ発展してしまうこともあります(・Θ・;)

自分が身を以って体験したことは、周りの人が慰めたとしても、自分で癒すことが一番の薬になるのです。

それは自分自身へ愛を送る事になり、識の拡張に繋がるからです。

また、宇宙のエネルギーシフトが変化する影響以外に、原因不明の体調不良等は過去生や集合無意識の記憶が心底に「執着」として沈んでおり、癒されていない場合に発症することがあります。

<自分を癒すには>

あらゆる体験を通して自分の成長に必要だった事なのだと認めて、不快な想念を自ら放つことです。

勿論、心に貼りついた想いは一度では取れないかもしれませんが、自分に問いかけてみて、心の状態を確認し、喜びや幸せに満たされる状態を作ってあげることをしていきましょう。

これがうまくいくと、例えば誰かに陰口を言われようが、叱責されようが、全く気にならなくなります。
そういう小さな事に興味が向かなくなっていくんですね。

そうなると心に解放感が出て、とても生きるのが楽になります。

「癒し」という治療を施すのは他ならぬ自分であり、心の在り方を据えることが、自分軸を形成していくことになるのです。

今までは監獄社会でしたが、これからはひとりひとりが自分の為の自分の時代になっていきます。

何が望みでどういう状態が自分にとって幸せなのか、心に問いかける事を忘れないでおきましょう。


~現在受付中のワーク~

<無償ワーク>

締切日:9月21日まで
開催日:9月22日 10時~(約15分)

<有償ワーク>

締切日:9月18日(金)21時迄
開催日: 9月22日 11時~(約30分)

※上記締切日までご入金が確認できたものに限ります。 

※有償ワークは締切日が来週の金曜日となっておりますのでご注意下さいませ。

※無償・有償ワークはどちらも午前に開催致します。

※19日~22日は連絡が取りにくくなります。予めご了承下さいませ。

詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー: 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA