ウイルスの役割と私達にできること

パンデミックを引き起こした新型コロナウイルス。また、既に2万人の死者が出ているアメリカのインフルエンザの方があまり報道されていませんが、なぜこうしたパンデミックが起きたのでしょうか。

冷静に考えても地球には多種多様の莫大な数のウイルスが存在していて、ラムセス5世が天然痘にかかったように地球誕生くらいの古い時代から存在していたであろうウイルス達が、変化をしながら現存し続けているのなら、毎年色々な病気が発症してもおかしくないのです。

しかしウイルスがどういう性質のもかが分かると、人間に甚大な影響を与えるという事はあまり起きないようです。ではウイルスとは一体何なのでしょうか。

「ウイルス」とは
「ウイルス」と聞くと多くの人は人体に害を及ぼす危険な病原体、身近では「インフルエンザ」や今流行りの「新型コロナウイルス」を連想されるでしょう。
けれども、元々私達は生まれる前から体内には細菌やウイルスが既に存在していて、それらがいてくれる事で私達自身も生きられる関係性にあります。

ウイルスとの共存
この地球上に存在しているウイルスを繋ぎ合わせた時、その長さは1000万光年にも及び天文学的数字で存在しています。ウイルスは宿主がいないと繁殖や生存ができなくなる特性を持ち、人間だけでなく動植物や昆虫の生存を助けています。
また、謎とされる海洋ウイルスのように地球環境を維持する役割のあるウイルスもいるのです。

胎児にいるウイルス
ウイルスに「善」が存在することが明らかになったのは2000年になってからで、面白く興味深いことが判明しました。胎児は母親の免疫系にとっては父親の遺伝形質は異質な存在であり、免疫反応により胎児内で拒絶しようとし、また母親のリンパ球は一枚の細胞膜によって胎児の血管に入るのを阻止されています。

しかしその細胞膜は胎児の発育に必要な栄養分や酸素の通過はさせています。
この細胞膜の構造は、ヒト内在性レトロウイルスの作業で明らかになりました。ウイルスが体内にいなかったら、生存できなかったということですね。

また、ウイルスがガンと闘う、ウイルス療法なども期待されつつあり、これまで「悪」と見なされていたウイルスが一転して、貢献度の高いウイルスとして、今では研究者たちの間で注目を集め熱心に研究されています。

自然とのバランス
本来は上手く共存し合える関係のウイルス。
これまでのエマージング感染症(新たに人や動物の集団の中に出現したもの、または急激に発生・増加)は動物から感染した人が、別の人に感染することはなかったのです。

ところがいつしか「人から人にうつる」ようになったのです。それが身近なところではインフルエンザでしょう。自然体のウイルスか、なんらかの操作が加わったものかで世界に与える影響や衝撃度合いが変わってくると私は捉えています。

多くの陰謀論説が出ていて、確かに闇は存在し、気付いていない方も多いのですが、ただその闇を恐れることはなく、私達に出来ることは沢山あります。

私達ができること
この世界はバーチャルという話しをブログの中でお伝えして来ていますが、私達は集合意識や集合無意識の中でこの現実を創り上げています。意識が一定の方向へ集まるとそれが顕現されるのです。

恐怖や不安が高まれば、そうした低い周波数が集まり、その事象を起こすものと結びついて展開されていきます。言い換えれば、みんなが同じように平和で愛と喜びに溢れた高波動の世界を望むのならば、それを現実へ顕現できるということです。

毎日の報道にああでもない、こうでもないと言っているよりも、私達がどうしたいのか、何を望んでいるのか、この現状をより良い世界へ変えるにはどうしたらいいのかに意識を向けて、ひとりひとりの創造の力を働かせ、行動していくことが重要だと思います。

特に今年になって高次元からのメッセージで「できることを信じて」これを多くの人にそろそろ分かって欲しいよーと言われています。
マスコミなど恐怖心や不安を煽る報道に動じることなく、今こそ自分を変化させる時でもあるので、自分や世界に対する望みを中心に置いて、より高い位置から物事を捉えるようにすると、正しい判断ができるようになり、チャンスを掴めるようになります。

自分自身に、そして世界に向けて私達ができることはあるのです。

カテゴリー: 目覚めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA