秋宮恵比壽社ー宿場町ー龍の口

秋宮の参拝を終え、お隣の「秋宮恵比壽社」へ伺いました。


秋宮恵比壽社

<御祭神>
大國主神
事代主大神

出雲大社と美保神社から御分霊を祀られているそうです。

八幡社

左手に八幡社。
傍に大きな木が社を見守るように立っていました。

華やかな秋宮と違って質素であまり人気が無く寂しい感じでしたね。


恵比壽社

右手へ進むと恵比寿社があります。
「恵比寿」の「寿」は難しい字の方を使われています。

一か所気になる所が・・・。
お炊き上げの場所でしょうか、
人形や置物などがまだ焼かれずに残っており、念が強くて波動がひどかったので、こちらを浄化致しました。

終わった後もまだ何か気になる・・・。
後ろ髪引かれる思いでくるりと回ると、小さな祠が3つありました。

こちらも浄化して光を降ろした所、よもぎ色の着物を召した女性が現れ「ありがとう」とお礼を言って喜んでおられたようでした。

恵比壽社の右手を進むと、こちらから諏訪湖が眺望できます。


秋宮前

青い雲が清々しいです。
秋宮の前に出て、右方向へ。千尋池にある千尋神社を参拝。


千尋社



下諏訪MAP


春宮までは約1km。
観光用の案内図があって初めての方でも楽しめながら散策できます。
特に方向音痴な私には有難い。
ただ、色々散策したりワークしながらでしたので、やたら時間がかかってしまいました。

旧甲州街道を進むと、早速温泉が湧き出ているところがありました。
手だけですが、気持ちがいいです。


青塚古墳

途中から旧中山道になり、交差点の所で青塚古墳に寄りました。
前方後円墳があるそうで。(分かりませんでしたが)

下諏訪宿中山道の交差点に戻り、この坂道を下って道なりに進むと春宮へ辿り着けます。
宿場町の通りが風情です。

左上は交差点にあった温泉。
更に進むと「旦過の湯」があります。


龍の口

更に進むと「龍の口」に到着。
湧き水があり、旅人がここで喉を潤していたそうですが、正に私もここで喉を潤しました。冷たくて美味しかったです。

こちらは白樺山慈雲寺への参道。慈雲寺は鎌倉時代に創建された臨済宗の禅寺です。
春宮の鬼門にあたる北東側に禅宗・臨済宗の寺院を創建し、武田信玄によって手厚く保護された信州でも最も有力な禅寺となったそうです。

不動明王も祀られ、小さな滝もありました。
周辺は波動が乱れていたので、陰陽師ワークで整えました。

弥栄富神社


ちょっとサビれた雰囲気が否めませんが、こちらでもエネルギワークをさせて頂きました。


矢除石
《矢除石とは》
武田信玄が戦勝の教えを請いたとき、慈雲禅寺中興の祖と言われる天桂上人が、この石の上に立って「私を射よ」と矢を射掛けさせたところ、矢は全て跳ね返されたそうで、矢除けの霊力がある石としてこの念力を持った矢除札を持って戦場に出たと言われている石だそうです。

階段を上がって道路を渡った先を進むと慈雲寺がありますが、時間も押していた為、今回は見送ることに。

階段を下りている時に、ふと後ろに人影を感じ、振り返ったら光を纏った人のような姿が見えました。

気のせいかな、そう思ってもう一度よく見ようとしましたが、その姿はもうどこにもありませんでした。
何かを伝えようとしていたのか、暖かな優しいエネルギーだけが残っていました。

次回は下社春宮へ!

カテゴリー: 長野県 パーマリンク