偽りの世界

f:id:hana7_1111:20201213221023j:plain

敢えて言及していませんでしたが、日本のメディアの過剰なまでの傾向報道。
こうなったら、偽りのニュースがいつまで続くのか見ものです。

コロナについては、医師達や専門家の意見によれば、インフルエンザ以下。
ただ感染力が高いので、手洗い、うがいなど励行していれば問題ない。
高齢者へ疾病を患った方は要注意との見解が出ています。

確かに、私の周りや友達や知人の話しからも、未だに身近な人や関係者などからも、誰も感染者は出ていません。
これだけ感染者が多く公表されていたら、誰かひとりは知り合いの中で感染していてもおかしくない筈です。
逆に昨年以前インフルエンザに感染する人の方が多かった程でした。

何故コロナが発生し、ここまで長引くのか?

それは、コロナによりパンデミックを起こし世界を混乱させ、マイクロチップ入りのワクチンを人々に投与してコントロールすることで、世界征服を目論んでいるのが目的の1つだからです。

ですから感染者があまり出ていなくても、「過去最多」とか「医療ひっ迫」などと騒ぎ、(早くワクチンを打って安心したい)と人々の心を扇動しているのです。

こうした闇側に加担しているメディアや医療関係者の多くは買収されています。(特に大手企業)

また、トランプ大統領がバイデンだけでなく、闇の組織を暴こうと動いていますが、彼を再選させない為、今回アメリカの大統領選挙は自分達が有利になるよう、感染拡大防止を理由に郵便投票を勧め、不正操作を画策していました。

こうした証拠は飽きる程数々挙がっており、トランプ陣営の裁判の準備は着々と進められています。

不正を映した動かぬ証拠の映像も世界中に公表されているにも関わらず、日本のメディアは不正に関する詳細は避け、根拠がない訴えや悪あがきをしているとトランプ叩きが相変わらず続いています。

日本のメディアや政府が腐敗しているのは、ある大国から買収されて言いなりになっているからです。上野動物園のシャンシャンが中国返還は延期になりましたが、これも中国に有利な条件があったからだと推察しています。

アメリカは今、「正と悪」の狭間で国民ひとりひとりに目覚めが起きています。
私達日本人は、他国のアメリカのことだから関係ない、と無関心にしている場合ではなく、その結果が今後日本に大きな影響を与えるのです。

下記は既にご覧になった方もいらっしゃると思いますが、その実態や闇の深さがよく分かります↓

 日本で報道されている全てが正しいわけではありません。

「TVが放送している事だから間違いない」
と思い込むのは昔の体質であり、現代は報道されている事=「真実」ではないのです。

私達はあまりにも長く洗脳されて来たとはいえ、ハートで感じる感覚は誰にでもある優れた能力です。

まさにその崇高な感覚がどんどん発揮される時代になって来ています。
今、真実を見極める力がとても重要なので、精神を集中して内なる声に耳を傾け、取捨選択して行きましょう。

そしてできるだけTVや新聞の報道に頼らず、(というか見ない方がいいかも)YouTubeなどから信頼できると思える人を何人かチョイスして情報を入手すると良いでしょう。

カテゴリー: 現実問題・世界事情 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA