ハワイ島(6)オーラの洞窟

フリヘエパレス

<フリヘエパレス>
翌朝、カイルアコナの中心にあるフリヘエ宮殿へ行きました。
早朝なのに無料駐車場がほぼ満車近くでギリギリ滑り込み~。

見学できるようですが、当然ながらまだ門は締まっており、外から見ただけです。

1838年にハワイ王族の夏の離宮として建設され、カラカウア王とカピオラニ王妃時代に収集されたビクトリア朝の美術品が展示されているそうです。

毎月ここでコンサートやフラダンスが開催されています。

フリヘエパレス海側

道路を挟んだ反対側にハワイ最古のキリスト教会(1820年建築)があります。

モクアイカウア教会

暫く北へ歩くと、カイルア桟橋の向こう側にアフエナ・ヘイアウ(カメハメハ大王終の棲家)が見えて来ます。


中央の茅葺屋根風の建物が「アフエナ・ヘイアウ」

ハワイ島15世紀、リロア王の頃に建てられた神殿です。

<キングカメハメハ1世が尊敬したウミ王>
ワイピオの地からハワイ島全島を統括していたリロア王。
ヒロの旅で出会った女性アカヒクレアナとの間に産まれたのがウミ王でした。
 
ウミは成長してリロア王の元で暮らす様になりますが、正妻の長男であるハカウからいじめられ、一度は王室を去ります。
 
その後リロア王が亡くなってから、ハカウを打ち破り、ハワイ島を統一しました。
ウミ王は文武両道に優れ、マウイ島の王女を正妻に迎えて、ハワイ島は安寧しました。
晩年はカイルアコナに政治の中心を移し、余生を送ったそうです。
 
アフエナ・ヘイアウは、リロア王の頃よりハワイ四大神、農耕の神「ロノ」が祭られ、神聖な場所として人間の生け贄が祭壇に捧げられていました。
 
カメハメハ1世がハワイ諸島を統一し王国を築いた後、生まれ故郷であるハワイ島に戻り、カイルア・コナに住居を構え、1800年代にこのヘイアウを現在の位置に復元。
 
1819年、カメハメハ王がこの地でに亡くなってからは、カアフマヌ王妃の兄弟であったジョン・クワキニ氏の住居、ボートハウス、等、様々な目的で使用され、1978年にキング・カメハメハホテルの協力で2/3に縮小された現在のアフエナ・ヘイアウに復元されました。

<マウナラニ「天国に届く丘」>
古代ハワイ王国では保養地としてラバチューブが利用されてきました。
ラバチューブとは溶岩が流れた時に出来た空洞で、ハワイ島には複数存在します。特にこのマウナラニは、精霊が宿る聖地と言われ、地域全体は波動が高いようで多くのヒーラーも訪れています。

私的にはハワイ島全体がパワースポットで、今回南の一部には行きませんでしたが、どこへ行っても居心地が良い所が多く、滞在中は睡眠時間が4時間位が多かったですが、いつもなら眠くて仕方ないのに、翌朝にはバッチリ充電されている、という状態でしたね。

通称:オーラの洞窟

カラフイプアア・ヒストリック。パーク内にあるオーラの洞窟へ行ってみました。

ここで写真を撮るとオーラが写るとか写らないとかで一躍有名になり、すっかり観光地化した洞窟ですが、元々は王族が神聖な場所として使用していたと言われています。

ここでエネルギーワークを行っているふたコマ。

人の出入りが激しい割には、比較的整った気で精霊などの気配も感じました。
ここで思ったことは、こんなダサい恰好ではなく、もうちょっとまともな服を着てくれば良かったと・・・(;・∀・)

大概、真っ白の光で飛んだ写真になるようですが、カメラの種類や露出、角度を変えることで、写り方も変わるようですよ。
 
天井の空いた所から光が差すため、この時期ではお昼前後が良いようです。
この周辺には似たような洞窟がいくつかあります。人の顔のようなものが映し出されている岩もありました。

気になる場所は浄化などの必要なワークを行いました。

至る所に溶岩があります。

<フィッシュポンド>
いくつか池があり、フナのような鯉のような大きな魚が何匹かいました。

フィッシュポンドは王族に謙譲するための魚や神聖な儀式で使われる特別な魚を養殖していた場所です。

奥には青い海が見え、日差しが強かったものの長閑な風景でした。
ついでにヒルトンホテルへ寄って小休憩することに。


ヒルトン・ワイコロア・ ビレッジ

敷地面積が広く、移動用にボートやモノレールがあります。

ウミガメさんが寝ていましたね。
ハワイではウミガメは神聖な動物として扱われており、触ったり近づいたりすると罰金!になります。ということでこれはズームで撮っていますが、結構近づいている人は多いです。ハワイではビーチへ行けば案外見られるウミガメさんですが、触ったりせずそっと見守ってあげましょう。

プライベート・ビーチ

海と繋がっているところがあるので、魚やウミガメ、小さなエイも見られました。
宿泊しなくてもそれなりに楽しめます。

ドルフィン・クエスト

ホテル内の一角でイルカを飼育しており、イルカと触れ合えます。
(かなりなお高いですが)

こどものイルカちゃんがいて、一生懸命訓練を受けていましたが、初めて習得できたのか、トレーナーさんが大喜びで、めちゃくちゃイルカちゃんを褒めていた様子が微笑ましかったです。

トロリーバスを利用すれば、クイーンズマーケットプレイスにも行けるので、のんびり過ごすには良いホテルですね。

ホテルに戻って来る途中、どしゃぶりにあいましたが、夕焼けに反射した虹が見えました。


カテゴリー: ハワイ島, 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA