ホ・オポノポノ

f:id:hana7_1111:20200612081358j:plain

自分を取り巻く人間関係の全てが波風立たずにスムーズに行く人生はあまり無いと思います。
何故自分が望まない事、意に反する事が起きてしまうのでしょう。

<ホ・オポノポノとは>
ハワイの伝統的なホ・オポノポノは、「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義され、人間関係や病気等、あらゆる問題を解消できるとされています。

問題が生じるには必ず「原因」があり、それは個人の誤りにより、病気になると信じられたり、バヌアツでは病気は性的不品行や怒りによって起こると考えられ、秘密を告白することで病気が改善されていくのだそうです。

また、ハワイを含む多くの島々でも同様に子供が病気なら、両親には喧嘩や不品行の疑いがあるとされています。社会的秩序を乱すと、病気に加えてその土地に不作や災害が齎されます。

告白と謝罪だけが調和を回復できるとされているのです。

<ハレアカラ・ヒューレン博士>
個人で行うための新しいホ・オポノポノを創始したシオナメの生徒イハレアカラ・ヒューレン博士は、このホ・オポノポノを世界中に広めました。

<精神病院での出来事>
彼はハワイにある精神異常者や凶悪犯が収監されている州立病院に派遣されることになった時、当初は「精神病の医師でも無いのに院内で起きる事件やトラブルを収束し、立て直すことなどできない。」と断ったのですが、依頼者の熱意に負け、問題解決に当たることになり、「ホ・オポノポノ」を実践しました。

その後、週1,2回起きていた暴行沙汰が減り、患者の手錠と足枷を外せるようになり、欠勤しがちだった職員は皆勤になりました。トイレで人もいないのに勝手に水が流れる

などの霊的現象もなくなり、患者も退院が増え半数に。4年後には遂に収容される患者がいなくなり、最終的に病院は廃院になりました。ヒューレン博士が実践したホ・オポノポノは、患者と対話したわけではありません。

収容者のカルテを見ながら「これらは自分の中の何が原因なのだろう? 」と、湧き上がってくる感情をただクリーニングしただけでした。

特に患者を癒すのではなく、看護士に指示するわけでもなく、出勤前と仕事中に自分の内面を癒し続けたのです。

<4つのマントラ>
患者のカルテを見ながらと、言い続けました。

『ありがとう』
『ごめんなさい』
『許して下さい』
『愛しています』

彼の考えでは、問題は外部の現実ではなく自分自身の中にあり、全ては自分に投影されるため、100%自分に責任を持つ事だと言われています。

そして、上記の4つの言葉(マントラ)を「限界もなく、記憶もなく、アイデンティティもない、ゼロの状態」という考えにより提示しました。

ヒューレンによるホ・オポノポノは、自らの記憶に向けて、「どの記憶が問題を引き起こしているのだろうか」と問いかけた後、これらのマントラを繰り返すことで問題が解決されます。

この「ゼロ状態」とは、私達は辛い過去の記憶を消すこと、つまり浄化をすることで目の前にある困難な状況の影響を無くすことができるというものです。

一見、自分とは何の関係もない状況やどう見ても他者が悪いのに・・・と思えることも、実は自分自身に原因があるのです。

次回はホ・オポノポノ事例や私自身の体験も踏まえて紹介致します。

~只今受付中のワーク~

<ディバインゼロ 無償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時~(約15分)

<ディバインゼロパワーアップ版 有償ワーク>
6月21日(日)夏至の日 21時30分~(約30分)

詳細はこちら

カテゴリー: 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA