私達の正体(1)

※画:「龍国日本」より

以前、「日本は世界の縮小図」という記事を投稿しましたが、この日本列島そのものは「龍」の形状で、見方によっては双龍とも言われています。

双龍は北海道を頭にした場合の昇龍、九州を頭にした場合の降龍、2体を表しています。

そもそも龍の形状は偶然なのでしょうか。
そこには深い霊的な意図が隠されていたのです。

<アトランティス時代>
私達はアトランティスの頃にネガティブな存在達により実験と称して個人の承諾のもとDNAを操作され、これにより本来の能力が封じられました。

転生を繰り返す中、霊力を失わない生命も誕生し、ネガティブな存在達は彼等を恐れて、サイキック狩りを開始します。
多くの存在達が捕縛され、能力を奪う為、体を切り刻んだり実験に利用されたのです。

私もここの記憶は一部蘇っていて、自分が捕らえられた後、地下道から逃げ出したのを見ており、あるチャネラーも私の過去生で同じシーンを見ていました。

アトランティス後期では眼をくり抜いたり、人魚の皮を剥いだり、壮絶で残酷で悍ましい世界でした。

当時から物質的には核実験も行われ、現在も中東の遺跡からその痕跡が発見されていますが、今よりもかなり発達した文明でした。

闇によって人の心も自然も破壊され、波動が重く下がって行った状態に、遂に耐えられなくなった地球(ガイア)は宇宙に助けを求めたのです。

助けに応じた善良な宇宙人達やマスター天使など、本来は自由意志の元、干渉することが出来ないのですが、銀河法典を逸脱した行為は見過ごすことが出来なかった為、ガイアへのヒーリングや、人々の救出を決断しました。

そして人々をある島へ移動させました。
それがレムリア(ムー大陸)と呼ばれている所です。

レムリアはアトランティス文明が始まる前に滅んだと言われていますが、存在していた説もあります。
タイムライン的にはどちらが正しいとか間違いというのはありません。

レムリアを意識すると、とても暖かく美しい海でイルカや動物達と会話していたビジョンが浮かんだ事がありました。

レムリアでは私達が元々持っている宇宙意識を育み、愛と癒しの調和が取れた文明が発展していきました。

しかしその後も、闇から支配され逃げる、という事態が数回発生し、26000年前のアセンションのタイミングを迎えた時、人類や地球全体の波動が低すぎて移行出来ず、大洪水にのまれてしまいました。

・・・・ 続く。

カテゴリー: 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA