最近の恐怖体験

f:id:hana7_1111:20200718234847j:plain

最近体験した「恐怖」について。

と言っても心霊体験ではありませんよ。
今回のワークを構築した後、瞑想をしていた時の事です。

私は宇宙空間にいて、真下に地球が見えていました。

青く美しい地球を眺めて気分良くしていると、突然身体がぐんぐんとスピードを上げて、上昇して行ったんです。

凄い力で引っ張られるように、みるみるうちに地球が小さくなって、数秒の間に米粒程の大きさまで離れてしまい、私は凄く怖くなってパッと目を開けてしまいました。

最初に上昇していくのは楽しかったけれど、凄いスピードで地球が小さくなって行く様は、もう二度と地球に戻れない、繋がりが経たれてしまうという恐怖心が湧いたのです。

こうした形の「恐怖体験」は初めてでした。

人は肉体を持っていれば「死」の恐怖はありますし、日常の些細な出来事の中にも恐怖はあります。

例えば仕事や人間関係など。最近、私はクレジットカードを紛失して青ざめた事とか<(T◇T)>(結局家の中にあった)

1つ手放しても、次に別の「恐怖体験」がやって来て、限りなく私達を悩ませたりしますが、私達はどんどんそれを手放して「空」にした時に、何も感じなくなっていくのでしょう。

そこまでの境地に至りたいものですが、私もまだまだあらゆる想念が奥深く残っているようです。

宇宙と繋がったのは面白い体験でしたが、地球への執着や孤独が自分の内側から浮上して「恐怖」となり、後で冷静に考えた時に、人間って小さな殻に閉じこもっていると「恐怖」を感じるんだな~とつくづく自分の意識の狭さに反省しました。

自分の意識が宇宙全体なのだと思っていれば、恐怖は湧いてこないのでしょう。つまりこの肉体に執着していることも「恐怖」を生み出すきっかけになっているのです。

肉体は滅んでも私達の意識は永遠に滅びる事はありません。
この地球では肉体を持ちながら貴重な体験が出来る星なので、今後も「こんな恐怖は味わいたくない」という体験をするかもしれませんが、肉体という殻を飛び越え「意識の拡大」を行うことで私達はどんどん身軽になり、自由になり、もう自分には必要のない体験はやって来なくなります。

こうやって自分を知り、気付き学ぶ事ってとても大事なんです。
例えば、ワークを受けて一瞬その時はいい感覚があったとか、何も効果が無かったとかという事に焦点を置くのではなく、自分が何に気付き目覚めたのかを自分自身が気付いて行かない限り、前に進むことはできません。

あらゆるワークを沢山受けたから大丈夫と思っている方も、ここが思わぬ落とし穴になっていて、ただワークだけに依存して、本当に自分という存在と向き合い、本当の自分を見つめ、気付く事が出来ているか、そこが今後の大きな分かれ道になるでしょう。

どのような体験をしようが、頼れるのも救うのも、結局他の誰でもなく、自分自身であり、本来の自分を取り戻すのも自分にしか出来ないことなのです。

これから9月に向けて二極化が進むので、スピリチュアルに興味を持っている方も特に注意して、日々自分を内観し、克服していくことに注力していきましょう。

カテゴリー: 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA