「失敗」の念と教え

f:id:hana7_1111:20200710081656j:plain

以前勤めていた会社で勤続年数が長く、チームリーダーをしていた女性社員が仕事で大失敗し、会社に多大な損害を与える事件がありました。

当日は私は休暇を取っており不在でしたが、その前夜から翌朝にかけて、誰かの憎悪ややりきれない思い、恨みの波動を強烈に感じたのです。それは胸が痛くなるようなとても嫌なものでした。

この時点で誰の波動かはハッキリしませんでしたが、時間が経つにつれある人の顔が浮かび上がりました。

その念は自分に対する個人的な恨みというわけではなく、もっと広範囲に入り乱れた後悔や恨みの私情が、真っ黒いアメーバのようにやって来ていたのです。

その時、(職場で何か大変な事が起きたのかもしれない。)
そう思いながら翌朝出勤し、この事実を知ったのでした。

失態は、顧客への配送処理をシステム的に日々実施している中、当日うっかり処理漏れしてしまい、数百件の顧客への出荷に影響を及ぼした事でした。

これにより多くのスタッフが残業を余儀なくされ、送料も自社負担となってしまいました。

本人は以前より公私混同している所があり、新入社員をバカにしたりしていたので、これは良くないな、と思っていた矢先でした。

そして4月から彼女は異動となっていましたが、引継ぎが長引いていた為、これまでの部署の業務を行っていたのです。

「何で私がこんな目に遭わなきゃいけないの!」

「私が変わりにやってあげているのに!」

その憎悪とも思える念が大量にやって来て、職場は黒くドロドロした気で覆われているのが見えました。

本人は反省していましたが、恨みや後悔の念が毎日繰り返し出ていた為、その波動をクリアーにするのに数日かかりました。

ここで言えるのは、まず何故これが起きたのかを考え、受け入れる事です。
「うっかりミス」というのは誰にでもよくあることですが、一番の原因は人をバカにした事でしょう。

人への中傷、非難、罵ったり、卑下する行為は、必ず自分に返って来ます。
この事象は今まで私は何度となく見て来ました。

私達は大いなる宇宙の子であり、兄弟であり、誰もが尊い存在です。上も下も無いので、絶対に人を尊重する事を忘れないようにしましょう。

<人生の軌道修正が必要な時>
仕事で大失敗をするケースの他には人生の軌道修正をする必要がある時、起きる場合があります。

これは本人にとって辛く衝撃的な事でも、将来的には「あの時は辛かったけど、あれが転機だったんだ。」と思える日が来る人生の節目になる出来事です。

<失敗した時は> 
過ぎてしまった事をグダグタと後悔しても仕方がなく、ネガティブな念を周囲にまき散らすだけなので、素早く気持ちを切替えて、当たり前の事をちゃんとやっていけば良いのです。

「当たり前の事をやっていれば、大概のことは上手く行く。」

と松下幸之助氏は仰っていましたが、その通りだと思います。

<責めないこと>
また、ひとりのミスはチーム全体の責任であるから、当事者を責めず、批判せず、皆で助け合う事が大事です。

この人のお陰で学ぶことが出来たと感謝すれば、その部署や会社全体が良い方向へ動き出します。

こうした一大事で初めてチームの結束力が生まれることもあります。
結果がどうであれ、「必要な事が起きた」と捉えれば、ネガティブな波動も消えて行きます。

失敗はひとりひとりの心掛けと助け合いが必要な事を私達に再認識させてくれているのです。

カテゴリー: 現実問題・世界事情 | コメントする

アトランティスからの課題

各地で大雨の影響により特に九州は甚大な被害が出ています。関東でもここ最近は強風や大雨が続いていました。

自然災害と呼応するように、日常で感情の起伏が激しくなるような出来事も発生し易くなっています。

次元移行には大きな痛み(破壊)が伴いますが、私達自身が日々の心の乱れを手放し、人々と自然との調和が取れると、こうした破壊も小さくなりますので、個々の心掛けが重要になって来るのです。

人にとっての最大の恐怖は「死」であり「孤独」。

(この人がいなければ私は生きていけない)

そう思っても、どんな人でも「別れ」の時は来ます。

この最大の恐怖を知るために私達は現世で生身の身体を持ち転生して来ました。
それを乗り越える事も本当は内なる自分が知っています。

私達が体験する絶望的な恐怖や痛みはそこまで起きないと本来の自分に目醒められないから、それを引き起こしてしまうのです。

最も手放すことが苦手な「恐怖」。
これはアトランティスから続く、人類の課題でもあります。

私達はこれからも「恐怖」に直面することがあるでしょう。
例えそうなったとしても、「恐怖」を手放し続け、「今」を存分に生き切ることで、もっと自由で輝いている本来の自分を見出して行くことが出来ることを信じてください。

カテゴリー: 目醒めるために | コメントする

七夕の日

本日は七夕ですね。

全国的に天候はイマイチですが、例え星が見えなくても夜空に星はありますから、自分が願う未来の自分と、できれば他の人の幸せも一緒に願ってみましょう。

七夕は多くの人が祈願する日なので、人々の幸せを願うと、集合意識が同じような願いを引き寄せ強めて、その実現に向けて動き出します。

また、最近私もそうですが、
「なんでこんなことが起きるの?」
って思うようなショックな体験をされている方もいらっしゃるでしょう。

でもそれは今の自分にとって手放す事が必要なものを気付かせる為に起きていることです。

深い怒りや悲しみの感情が出たら、それを手放すというサインですから、自分の中に湧き起こる不快な感情をどんどん手放していきましょう。

七夕の日は宇宙のエネルギーが多く降り注ぐ日でもあります。

自分を束縛する古い考え方や習慣、ネガティブな思いを手放し、新しい光を取り入れて、この宇宙と一体となり、望む自分像を描いて祈りを捧げると良いでしょう。

カテゴリー: 目醒めるために | コメントする

物事が進まない理由と進め方

f:id:hana7_1111:20200706082852j:plain

先月、今月とエネルギーの変化が度々見られます。

肉体的には頭が重くなったり肩凝り、物忘れしやすい等があると思いますが、そうした肉体的影響以外に視覚的には、この世界の物質が細かい粒子のように見えたり、エネルギーが指から煙のように出ているのが見えたりという覚醒も起き始めていることでしょう。

自分自身と繋がっていくと今まで全く見えなかったもの、言い換えれば見えていなかったものが、見ることができるように開かれて来ているのです。

現世の領域で私達の目にはゆっくりではありますが、着実に覚醒が促進されており、その変化が今は分からないと思われる方も、焦せらなくても大丈夫です。

自分を思い、自分を感じ、何に対して自分が悦ぶのか、意識を向けて内なる声に耳を傾けると、これからの時代に何が起きても、どのように動けばいいかを判断できるようになっていきます。

現実の生活が変わらず、「やりたい仕事ではないが、生活する為には仕方ない。」と思われている方へ。

一日の大半を仕事に費やしていると思うから重くなるわけで、あなたを生かし成長する為のものだと捉えれば、有難い気持ちも湧きます。

嫌な仕事も馬鹿にすることなく、感謝していると、仕事に余裕が生まれ、良い案件も入りやすくなっていきます。

提案書や企画書なども、どうやったら上司や周りから認められるか、よく思われるか、という視点からではなく、どうしたら自分が満足するか、納得するかを第一に考えます。

自分にとって嘘偽りなくしっくり来るもが真実であり、本心から来る波動が人々の心を動かすからです。

周りがどうのではなく、また計算することなく、自分がどう在りたいかに焦点を置くと物事がスムーズに動き出します。

日々大切な自分と向き合う時間を作り、どんな時でも「私は私を守り、慈しみ、輝かせよう。」と自分に約束し素直に実行する事で、より高次の自分と繋がり、道は開けて行きます。それはいつ始めても遅くはないのです。

カテゴリー: 目醒めるために | コメントする

鎌倉シリーズ⑤ 明月院

明月院

こちらもアジサイで有名な明月院。

f:id:hana7_1111:20200628154752j:plain

6月迄土日は閉門している事を後で知ったのですが、(この日は平日)結構混雑していました。

f:id:hana7_1111:20200628154818j:plain

至る所に青いアジサイ。

「姫アジサイ」という品種で、とても美しいブルーです。
この時期は約2500株でブルーに染まることから「明月院ブルー」と飛ばれているそうですが、青色は浄化力が高く、乱れた心を整え平静にし、癒す作用がある為、心身ともに波動調整でき、癒されました(*^ー^*)

f:id:hana7_1111:20200628154811j:plain

実は長谷寺も明月院も存知上げていなかったんですが、去年江の島へ向かう途中の電車の中で女性達が「長谷寺と明月院はあじさいが綺麗」という偶然聞いた会話から、今回伺った次第です。

f:id:hana7_1111:20200628154828j:plain

他の品種もいくつかあり、可愛いお花達や妖精達に会えて嬉しかったですね~。

f:id:hana7_1111:20200628154931j:plain

北条時頼のお墓

特に違和感のある波動も無くお参りできました。
平治の乱にて首藤刑部太夫の菩提を弔う為、子の山之内経俊が「明月庵」を建立したのが起源で、鎌倉中期に北条時頼がこの地に「最明寺」を建立。
後に北条時宗が「福源山禅興仰聖禅寺」を再興しました。

f:id:hana7_1111:20200628154914j:plain
六地蔵

参拝時にライトワークをさせて頂きましたが、寺院の写真を取り忘れました💦

f:id:hana7_1111:20200628154923j:plain
f:id:hana7_1111:20200628154941j:plain
花想い地蔵
f:id:hana7_1111:20200628162448j:plain
羅漢洞

そろそろ帰ろうとしたところ、一か所気になるところが。

f:id:hana7_1111:20200628155008j:plain

帰り道の左手に竹林があり、そちらへ入って行くと、ガラリと空気が変わりました。
(これは竹林側から撮った写真)とても洗練された空間です。

f:id:hana7_1111:20200628155035j:plain

私の後から来た人の中でも
「あれ?空気が違う」と直ぐに気付かれた方がいらっしゃいました。

f:id:hana7_1111:20200628155026j:plain

中国系のものを感じますね。
鎌倉時代は中国との交易も盛んで沢山のお寺が建立され、仏像彫刻、彫漆など様々な中国文化を取り入れていたようです。

結界が張られており、高波動のエネルギーにより周りのざわ付いた音を感じませんでした。神聖な場所を1つ見つけられて来た甲斐がありました。

f:id:hana7_1111:20200628154843j:plain

 入場受付手前の左手にある橋にて

f:id:hana7_1111:20200628154854j:plain

こんな遊び心もあって癒されますね。院内には実際にウサギ小屋もありました。

今回の鎌倉訪問ですが、京都のような町造りで明月院へ行く道は祇園を思わせるような雰囲気もありました。

どちらを伺っても「邪気」は感じられず、神社とはまた違う趣や風情がありましたね。
鎌倉はお寺や禅宗も多く一度に回り切れませんが、崇高で洗練されているのは、古くからの禅の教えがあるからかも知れません。

森やお花も多く、純粋な「気」が上手く循環している所なので、お時間がありましたら是非訪れる事をおススメいたします。

カテゴリー: 神奈川 | コメントする

鎌倉シリーズ④ 御霊神社と江ノ電

御霊神社

御霊神社(ごりょうじんじゃ)または 権五郎神社(ごんごろうじんじゃ)とも呼ばれています。

f:id:hana7_1111:20200628102410j:plain

外観的に見てもかなり古い事が窺え、創建は平安時代後期と推定されています。

<御祭神>鎌倉権五郎景政

景政は16歳の時、源義家の陣営に連なって後三年の役(1083年-1087年)に従軍して活躍した武勇伝があるそうで、『奥州後三年記』によれば、景政は左目を敵に射られながらも屈することなく射手を倒し帰還したとの事。

f:id:hana7_1111:20200628102340j:plain

(左)稲荷神社 (右)秋葉神社

f:id:hana7_1111:20200628102418j:plain

裏には山もあり、長閑な空間を保つ神社でした。

ここで有名なのは神社前を走る江ノ電。

f:id:hana7_1111:20200628102458j:plain
鳥居の前には直ぐ線路が

鉄道写真でも有名な場所でカメラマンが待ち構えています。

f:id:hana7_1111:20200628111833j:plain
f:id:hana7_1111:20200628102428j:plain

目の前に迫って来る江ノ電は迫力がありますね~。


何故ここが有名かと言えば、アジサイとのツーショットが撮れるからです。

f:id:hana7_1111:20200628102447j:plain

線路脇に咲くアジサイ

f:id:hana7_1111:20200628102437j:plain

私もスマホで撮ってみました。
時間があればじっくり粘って撮りたいところですが・・・💦
先を急ぐことに。

f:id:hana7_1111:20200628103230j:plain

この鎌倉シリーズの最初に掲載した写真、(右)のピンクのアジサイの写真はここで撮ったものです。

成就院から長谷寺の途中に寄った方が近かったこちらの神社。
こちらの神社を出た後、方向音痴な為また成就院へ向かって歩いてしまいました💦

次は明月院へ向かいました。

カテゴリー: 神奈川 | コメントする

鎌倉シリーズ③ 長谷寺

長谷寺

拝観料:400円
あじさい路込みで1,000円(現在当日券のみ販売)

f:id:hana7_1111:20200624224836j:plain

緑の参道が気持ちがいいです。滝があったので、先に階下の庭へ足を向けました。

f:id:hana7_1111:20200624225426j:plain
庭園

左に進むと弁財天と大黒天が祀られていました。

f:id:hana7_1111:20200624225431j:plain
左)弁財天                 右)大黒天

その先に赤い鳥居があり、左手の池の上には不動明王。

f:id:hana7_1111:20200624230517j:plain

早速中へ進んでみると洞窟になっていて、先に進むと益々天上が低くなっていました。

f:id:hana7_1111:20200624225514j:plain
f:id:hana7_1111:20200624225519j:plain

沢山の眷属が祀られていました。

f:id:hana7_1111:20200624225529j:plain

奥にある弁才天のお部屋

ここを出て階段を上がると途中にお地蔵様が沢山並んでいました。
卍池という面白い池もありましたね。

f:id:hana7_1111:20200624225459j:plain
f:id:hana7_1111:20200624225449j:plain

【厄除阿弥陀仏如来】
阿弥陀仏如来像が祀られており、その大きさに驚きましたが、更に本堂に入って仰天しました。

f:id:hana7_1111:20200624225437j:plain

【本尊】
写真撮影が禁止の為、残念ですが、こちらの十一面観世音菩薩像は木彫仏としては日本最大級(高さ9.18m)だそうで、まさかそんなに大きな観音様がいらっしゃるとは知らず、唖然としてしまいました。

さて、驚きが覚めないまま紫陽花観賞へ。
情緒あるお堂の裏山にあじさい路があり本尊の隣のテントで入場受付をしています。

f:id:hana7_1111:20200624225544j:plain
f:id:hana7_1111:20200624225548j:plain

ピークを若干過ぎていましたが、様々なアジサイが誇らしげに咲き、散策する人の足を止めていました。

毎年渋滞するそうですが、コロナの影響なのかそれ程混んではおらず、当日に入場でき、ゆっくり観賞する事が出来ました。

f:id:hana7_1111:20200624225557j:plain

アジサイと竹のコラボが涼しさを増していい雰囲気です。

f:id:hana7_1111:20200624225920j:plain

アジサイと共に市内と海を一望できます。

f:id:hana7_1111:20200628113928j:plain

あじさい路を降りて展示場を覗いてみると、可愛い様々な品種のアジサイが並んでいました。(*^ー^*)

f:id:hana7_1111:20200624225611j:plain
f:id:hana7_1111:20200624225615j:plain

これで雨が降ると更に風情になり写真的にも映え、良かったのかもしれません。

また、お寺自体も鼻や木が多く森がある為、新鮮なエネルギーが常に循環し、庭なども手入れが行き届いており、癒されるお寺でした。

おまけ
赤い鳥居とアジサイのコラボ。

右の写真はアジサイにピントを合わせて撮ったものです。(全てスマホ撮影)

f:id:hana7_1111:20200624225539j:plain

<由緒>
往古より「長谷観音」の名で親しまれる当山は、正式には「海光山慈照院長谷寺」と号します。
開創は奈良時代の天平八年(736)と伝え、聖武天皇の治世下に勅願所と定められた鎌倉有数の古刹です。

本尊は十一面観世音菩薩像。坂東三十三所観音霊場の第四番に数えられる当山は、東国を代表する観音霊場の象徴としてその法灯を今の世に伝えています。(長谷寺HPより)

カテゴリー: 神奈川 | コメントする

鎌倉シリーズ② 死の恐怖を助ける花

ヤマユリ

先日ホ・オポノポノを特集していましたが、成就園でヤマユリが活けられていたので、それにまつわる話をご紹介します。

<ホ・オポノポノでのヤマユリのお話>


ヤマユリは死に対する癒しを持っていて、 誰かが死にそうだとか、
心配な場合や死に対する恐怖がある時は、ヤマユリがそ の記憶を

消去してくれます。

ヤマユリに「お水を頂きます」と言って 、そのヤマユリから水を
頂くイメージをすると、その思いを消してくれます。

<ヤマユリのパワー >
私がヤマユリの花から得られた情報は特に意思が強く「尊重」「尊厳」「威厳」「勇気」を司る洗練されたパワーを持っている事を感じました。

ある山へ行った時、周りには何の花も無く、ただヤマユリだけがそこに咲いていたんです。
ヤマユリってお花の中でも割と大きめで目立ちますよね。
目立った所には咲かないのに、そのパワフルな波動に釘づけになりました。

凛とした長身の姿が女王のように美しく、真っすぐ気丈な外見の中にしなやかさを兼ねており、ヤマユリって凄いな~と感動したことがあります。

もし山の中で迷子になってこの花に出会えたら、勇気を受け取ることだろうとその時思ったことがありました。

また黄色のユリの花は金運UPのパワーを持っているので、お部屋に飾ったり画像を待ち受け画面にしたりするのも良いでしょう。

さて、話は変わって、成就院を出た後の続きです。
成就院を後に階段を下りる途中に、お墓があったのですが、ここであるものを引き渡され、道路の向かい側にいらっしゃったお地蔵様達からも渡されて、突然腰が痛くなり体も重くなりました。

f:id:hana7_1111:20200624202244j:plain
【南無虚空像菩薩】

どうやら魑魅魍魎系と成仏出来ていない浮遊霊をお土産に背負わされたようです。
自分でもそういう役目があると思っているのでそれを引き寄せたわけですが、
(わぁ~またか来た~)って感じ(^▽^;)

そんなこんなで対応しながらも、同時に沢山のアジサイ達から癒されたのでした。

カテゴリー: 神奈川, 神秘・不思議 | コメントする

鎌倉シリーズ① 成就院

先週は鎌倉へライトワークへ行っておりました。

初めてこの時期に伺いましたが、鎌倉はアジサイで有名なだけに、大変美しく癒されました。
というわけで暫く鎌倉シリーズが続きます。

この日は幸い曇りで暑くも寒くもなく、歩きまわるには良い天候。
江ノ電で極楽寺まで行き、最初は成就院へ。

f:id:hana7_1111:20200624202134j:plain

駅前の【極楽寺】

駅近辺にも早速アジサイ群がありました。

駅から数分で成就院に到着。

f:id:hana7_1111:20200624202145j:plain

【成就院】

思った程大きい所ではなかったですが、門をくぐると参拝客を出迎えるように、縁側には数種類のあじさいやお花が活けられ、周りは木々に囲まれて、小鳥達の囀りが清々しくとても長閑な雰囲気です。

f:id:hana7_1111:20200624202218j:plain
f:id:hana7_1111:20200624202223j:plain

こちらは縁結び不動明王(ご本尊の分身)をお祀りしています。
ライトワーク後はお礼に良縁を引き寄せ、迷いや想念を断ち切るエネルギーを有難く頂いたので、先日のワークに追加させて頂きました。

f:id:hana7_1111:20200624202210j:plain

御朱印はセルフだと気付かず、何度も呼び出しボタンを押してしまいました💦
書置きのものが3種類ほどあり、お金を入れる箱が置かれているので、そこに入れて、トレーから好きな御朱印を取り出します。

f:id:hana7_1111:20200624202234j:plain

帰りに門を出て右側の参道を下りると、由比ヶ浜が現れました。
とても解放感のある素敵な眺望です。青空だったら絵になったでしょう。

ただこの後、大変な目に遭いましたが💦

<由緒>
護摩修法が行われていたこの地に、鎌倉幕府<三代執権北条泰時>が<1219年>成就院を建立。 1333年新田義貞の鎌倉攻めで焼失し西ヶ谷に移ったが、1688年元禄元年江戸時代に<中興の祖 祐尊>により元の地に再建され、現在に至る。 當山は108段の階段を上った山上にあり、由比ヶ浜を一望する眺めは鎌倉を守る要所であったことを偲ぶ事ができる。

HPより)
カテゴリー: 神奈川 | コメントする

こんな時どうするのか?

f:id:hana7_1111:20200616224641j:plain

ホ・オポノポノではいくつか事例があるので、博士がまとめた内容からいくつか抜粋してご紹介しましょう。

<人材不足で仕事が回らない時>
どうしても人を雇用しなければならないという執着を手放す。
そうして会社を自由にしてあげたら、今の人員で十分仕事が回ったりする。
思わぬ能力を発揮する人が出てきたり、利益が出るシステムが出来上がったりする。

<子供に抑圧的でいると>
あーしなきゃ、こーしなきゃと言っていると、子供はその記憶に閉じ込められ自由に生きられなくなる。
「子供がマリファナを吸って困る」と悩み続けたらそれは永遠と起きる。しかしその思いを手放せば、子供は自然とマリファナを卒業する。
子供は母親に課題を与える為に存在している。

<引きこもりの子供には>
母親がいくらクリーニングしても直ぐには解消されない。
しかしこれを続けると、子供が閉じこもっていても母親が反応しなくなれば、子供も自然と感じ取って自分の行くべき場所へ行動し始める。
母親が自由になった姿を見て、子供も自分ももっと自由になっていいんだと思うようになる。

<てんかんで脳に障害がある子供>
クリーニングしたら、6年後に2年先の文字を書いたり読んだりできるようになり、水泳も上手になりきちんと話せるようになった。「不完全」という先入観に捉われていただけだったのです。
母親だけ0の意識でいれば、子供に必要なものは自然と与えられます。

<苦手な人にクリーニングができない>
理不尽な親や上司に対してクリーニングできない。私が悪いわけでも無いのに「ごめんなさい。」「許して下さい」とは言えない。
このようなケースは、相手に対して謝ろうとしているからで、相手に謝るのではなく、自分の記憶やインナーチャイルドに対して4つのマントラを唱えるのです。

4つ言えない場合は、「愛してます」だけでもいいのです。

<口汚く罵る夫に対して、クリーニングしてもあまり効果がないのは>
記憶にそういうプログラムがされているので、ご主人でもどうしようもなく暴言を吐いてしまっている。
一人の問題はその人だけの問題ではなく皆の問題。これは誰々の問題と分離するのではなく、みんなの問題なのです。

エンピツで円をぐるぐると描き、それをエンピツの頭に着いた消しゴムで消す。男女の問題の絡みのように容易には消せないが、断ち切れば良い。表面的に変わっていなくても、潜在意識の中では大きな変化がある。顕在意識には感じ取れていないだけ。

<あるがままに受け入れると病気にならない。>
ある女性が水やりも肥料も忘れず与えていたのに植物が枯れてしまった。植物に尋ねると「水が多すぎて溺れそうだ。」「肥料には燃える成分が入っているのでとても苦しい。」と言って来た。

水も肥料も控える様になったら植物は勝ってに元気になっていった。木が持っている生命力よりも私達の知識の方が優れていると勘違いしている。
こう育てなければならない。という記憶や思い込みによる強制により、木は具合が悪くなったのです。

<盆栽と関節炎の関係>
盆栽は枝をねじったり剪定して縮めたり、自由に伸び伸び枝を伸ばせないようにして、自分達が勝ってに考えた理想の形に無理に押し込めています。自然の流れを無視して強制するのです。盆栽を趣味にしている人は関節炎になっている人が多いそうです。

植物をあるがままにせず、強制しているためにその対象を歪め、自分自身をもその記憶の投影で病気になってしまうのです。

※参考 ハワイに伝わる癒しの療法「みんなが幸せになる ホ・オポノポノ」より

プログラミングやインプラントによる闇の介入があるケースは、改善に時間を要する為、地道に日々の浄化をしていく事が肝要です。

・闇との契約を解除すると宣言する。
・天使、マスター、創造主など、宇宙の

あらゆる高次元の存在達に、契約が燃え尽き、プラグラムやインプラントが消滅するイメージを強く持ちながら、そうなるようにサポートを依頼します。

カテゴリー: 神秘・不思議 | コメントする