ありがとう安倍元総理

本日は安倍晋三元総理の告別式が午後からありました。
仕事で行けませんでしたが、後でニュースを見た時に、すごい参列者でした。

国民にとっては総理の中でも馴染み深い方でしたし、国民からいかに愛されていたかがよくわかりましたね。

関東は彼の死を悲しむかのように激しい雨が降っています。
そして人々の悲しみや怒りを浄化する雨でもあります。

怒りをぶつけたり嘆いたりするよりも、私達ができることを心に決め、行動に移して行った方が、安倍氏が憂いを残すことなく安心して旅立てるでしょう。

政治生命に人生を捧げた安倍元総理。

その思いを無駄にすることなく、私達は、豊かで安全で光に溢れた国を目指して進んで行きましょう。

安倍晋三様、ありがとうございました。

ちなみに魂は49日間はこの世に留まってお世話になった方々や親しい方々に挨拶にいらっしゃいます。
その期間、安全にあちらの世界へ行かれることをお祈りしてあげてください。

カテゴリー: 現実問題・世界事情 | コメントする

これからの日本と私達の責任

参議院選挙の多くの議席を獲得した自民党。安倍元総理の直前の死亡がやはり大きな影響を与えた結果と思われます。

今の自民党、公明党、維新の会は親中派(中国と親しい)の為、これからも日本の土地は中国にどんどん買われ、中国人がもっと日本に入ってくるでしょう。

今は日本の大手企業の大株主が中国人だったりするので、日本が中国に乗っ取られるという危機感があります。

利権の為に中国と手を結んでいる政府官僚や企業達は、自分達の生活だけは保障されている為、日本がどうなろうと関係ないのです。

自分達にお金さえ入ってくれば、国民が貧しくなろうともどうでもよく、彼等の言葉の数々に偽りのエネルギーを感じつつも、今回の結果になったことは、やはり国民ひとりひとりが日本の未来を真剣に考えてない結果の表れだったと残念に思います。

今回、幸福実現党の及川氏は残念ながら落選となりましたが、お一人で全国を駆け回って訴え、スタッフ一同が全力を注いでいたこと、日本の現状も勉強させて頂き、本当によく頑張っておられました。大変感謝しています。

彼は日本の為に進んで行く決意は変わらないので、引き続き私自身も応援して参ります。

日本のことを真剣に考えてまともな政策を実現できる方を私達自身が知り、より良い国造りを私達国民も参加することで、本当に良い日本が築いていけるのでしょう。

しかし国民の心がバラバラであり、政治に無関心な状態で、この先は良い方向へ向かうことが難しいと予想されます。ただ、参政党の神谷氏が当選したのがひとつの救いと思っています。

皆さんもこれを機会に日本の現状を再確認して頂き、この人に日本を担ってもらいたい、という人を是非支援してあげてください。

カテゴリー: 現実問題・世界事情, 目醒めるために | コメントする

国民の義務の1つ

明日は参議院選挙です。

誰が当選するかで私達の未来は180度変わります!

これまで選挙や政治に無関心な方もこの国や私達の生活に関わることなのでしっかり投票しましょう。

もし投票する方を決めていない方、どなたに投票すればよいのか分からない方は、こちらの方の街頭演説をご覧になってご判断いただきたいと思います。

https://youtu.be/3-QnRLF5_iw

私個人としては及川氏を支持しています。政策が分かりやすく、本当にこの国を豊かにしたいと真剣に考えているからです。

誰に投票するかは、私達が何を望み、どんな生活や国にしたいかによります。その為には、私達自身が国のことに関心を持ち、政治がどの方向に向かっているのかを知る必要があります。

政治家に任せきりで、私達ひとりひとりが国を変えて行こうと動かない限りは実は何も変わらないんですよね。

政治=自分の生活に直結

だからこそ国に関心を持つことがとても重要なんです。

政治は苦手とかよく分からないという方の為に、及川氏は政治に関する勉強会もYoutubeで公開していますので「及川幸久 勉強会」で検索すると出てきます。是非ご覧になってみてください。

「ジャパグレ」という言葉がしきりに出てきますが、これは

「Make Japan Great Again」の略で「日本をもう一度偉大な国に」という意味です。

そして経営の神様、松下幸之助さんの案を推奨した「無税国家」を目指し、実現に向けて各地で演説し活動しています。

www.youtube.com

政見放送がこれまでの政党とは違い、一風変わっています。

https://youtu.be/VnkB8s02kbQ

www.youtube.com

私達や未来の子供達が幸せに暮らしていけるように。

カテゴリー: 現実問題・世界事情, 目醒めるために | コメントする

【安倍晋三氏】安らかに

本日、突然日本中に流れた訃報。

私は安倍元総理を特に支持していたわけではないですが、どこか憎めない方でした。

闇側の操り人形だったと言われていますが、私達の予想もつかない程、苦しい時があったことを私は感じています。おそらく様々な葛藤があったのではないでしょうか。

総理の時、ずっと顔色が悪い状態が続いていたので辞任されると思っていました。
「潰瘍性大腸炎」の持病と付き合いながら、政務をこなすのは大変なことだったと思います。

彼にはどうすることもできない圧力があって、国民の期待に添える形にはなりませんでした。

しかし、結果はどうであれ、国の為に人生を捧げることは中々できないことであり、彼のように役割を持った人が日本人の目覚めには必要だったのだと思います。

小学校1年生までピアノを弾いていたそうですが、それ以降66歳までやめていてある方の勧めで一生懸命練習されたみたいです。

歳をとっても、チャレンジすることを忘れない安倍元総理。
次に生まれ変わる時は、自分の自由意思を貫いて、人生を楽しんで頂きたいと願っています。

www.youtube.com

カテゴリー: 現実問題・世界事情 | コメントする

日本の危機③

南海トラフ地震の予想範囲

7月4日は南海トラフ地震が発生するという予言が出ていたようですが、何事もなくて良かったです。

大体、「予言」が公の場で公表されるとその通りにならなくなることが多いです。

私達の集合意識の願いや多くの光の存在がそうならないように働きかけたり、それ以外の物理的要素が加わってその通りにならないからです。

しかしながら、ガイアが変化しようとしているこの激動の時代においては、その発生を止める事は難しいでしょう。

特にいつ発生してもおかしくない「南海トラフ地震」や「首都直下型地震」は甚大な被害を及ぼす為、私達自身がきちんと理解した上で生き延びる為の準備をしておく必要があります。

<予想される被害>

  • 火災、倒壊による被害の拡大
  • ライフラインの停止(水道・ガス・電気)
  • 液状化、陥没、土砂崩れ
  • 交通障害による物資調達の困難
  • 通信障害による安否確認の困難

例え地震の難を逃れても、倒壊したビルや火災に巻き込まれたり、駅等では人の波で圧迫死も十分予想されているので、あらゆる「災害」を想定しシミュレーションしておいた方がいいでしょう。

「自分だけは助かる」と思ってしまいがちですが、例え助かって避難したとしても、避難所で多くの人と過ごすことはプライベートが無い為かなりストレスになってしまいますし、経験したことのない体験にショックを受け、心的障害も起こり得ます。

プライベートな空間が作れるように工夫するなど対策を考えた方がいいでしょう。

また、住居が安全だったとしても、食べ物が無い人は窃盗や強盗に走り、女性は襲われたりすることもあるので、本当に注意が必要です。

実際に報道はされていませんが、阪神淡路大震災の時は他国のスラム街のようにひどい状況だったと知人から聞いています。

礼儀正しい日本人でも、自分が生きるか死ぬかの瀬戸際に直面した時は、そうした地獄絵図のようになってしまうのだと思います。

ですので、避難用グッズを備えるだけではなく、あらゆることを想定してパニックを起こさずに行動できる最低限の選択肢を頭の中で準備しておくと良いと思います。

これは皆さんを不安にさせる話しではなく、あくまでも地震に対する心構えを持っておくのとおかないのとでは大きく差が出てしまう為、お伝えしている内容になります。

<東日本大震災>

電気:1日~4日
水道:6日~23日
ガス:23日~34日

<南海トラフの予想>

電気:14日~8日
水道:21日~42日
ガス:18日~36日

そしてそうなる前に私達ひとりひとりが自分の周りの大切な人や地域の人々と平和に暮らせていくことを願い、感謝の気持ちを持つことで「大難を小難へ」と変化させることは可能なのです。

私達自身、平和で豊かな世界は創造可能な為、そうした未来が築けることを意識的に創造し、現実に反映できることを信じて祈りましょう。

カテゴリー: 現実問題・世界事情 | コメントする

日本の危機②

本日は②についてです。

①人口減少による国力の衰退
②中国やアメリカに支配される
③地震や津波などの自然災害

知らない方には今の日本の実態にショックを受けるかもしれません。
ちょっと長くなりましたがお付き合い下さい。

尖閣諸島に中国海警局の船が日本の海域に約2か月半も侵入し続けているのに、政府は全く動かない。
他国だったら撃沈していてもおかしくないのに、何故日本政府は動かないのか!?

それを許している今の日本の法律に問題があるからです。

信じられないことに、武力行使で侵入されない限りは、自衛隊を動かせない法律になっています。

また、中国がハイテクで急成長できたのは日本の技術を多く盗んでいたからと言えます。交換留学や一般企業など、多くの中国人が日本に来ていたのも、情報を盗む為のスパイ活動がなされていたことが実際に分かっており、裁判沙汰にもなっています。

アメリカについては既に戦後GHQが日本人を二度と歯向かわせないようにする為に実行された占領政策により、多くの国民が洗脳されて続けています。

<天皇との切り離し>

  • 日本人の高い精神性を崩す為、それには国民と天皇の結びつきを引き離す事を考え、祝祭日の廃止または別の名前変更。(例:10/17神嘗祭 天照大御神に収穫
  • の感謝を祝う祭が廃止された。この行
  • 事は行われているが、国民の祝日にな
  • っていない。)
  • 天皇は日本神話の直系で現人神とされて
  • いたが「ただの人間」という「天皇の人
  • 間宣言」させた。

<教育について>

  • 教科書の歴史を占領国の都合のいいよう
  • に改ざん。神話のページはカットされ、
  • 戦争は日本が全面的に悪く罪を償い続け
  • なければならないとされた。 

「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」
連合国にとって都合のいい解釈で戦争の経過を振り返る新聞記事を10日間掲載。
同時に週1回のラジオ放送を約2か月間放送。日本人に罪悪感を植え付ける為のプログラムでした。

<食について>

  • 和食から欧米化の食事を推進。お米の代わりに小麦を輸入しパン食を定着化させた
  • 牛乳、肉なども大量に輸入。近年では乳製品の増加が著しい。
  • 農薬を基準値以上に使用した野菜や果物
  • 、ホルモン剤を大量に投与された牛の肉
  • を輸入させている。
  • ジャンクフードやレトルトのミンチ製品
  • ハンバーグ等の輸入品の多くはくず肉等の粗悪品を使用。

<水道水>

水道水の塩素の基準について

  • 日本の水は0.1ppm以上
  • アメリカやフランスは0.1ppm以下
  • ヨーロッパは殆ど塩素は入れていない。

塩素濃度が高いと発がん性や老化を促進させる。

GHQに詳しい山村氏の調査では、医療、福祉、食、出産、法律に至るまで、日本人が関われないよう理想に近づけないように、現実と理想の螺旋を切り離して、自分達で思考することなく、GHQが敷いた現実路線で生きるよう仕組まれていると言われています。

子供の頃から甘いものやコーラ、牛乳、グルテンの多い小麦などを当たり前に摂ることで、それが当たり前の食事になり、その味に慣れてしまい、食べたいという欲求(中毒)を引き起こします。

特に甘いものやスナック菓子などはお菓子中毒になりやすく、癌になる人の共通点として、甘いもの、お菓子、パン、乳製品、アルコール、コンビニやスーパーのお弁当を食べる人、喫煙をする人等だそうです。

お砂糖などは糖尿病や認知症の原因になります。

パンに含まれているグルテンは、過剰反応する免疫疾患のアレルギーを持つ人や(セアリック病等)分解・消化する酵素を持たない人の腸に悪影響を及ぼし、体に炎症を引き起こします。

慢性的な便秘、下痢、頭痛、肩凝り、イライラ、不眠、アレルギーなどの不調を来します。

グルテンを多く含む主な食品
パン、パスタ、ラーメン、ピザ、ケーキ、クッキー、うどん等

そうした疾患を持つ人へ「グルテンフリー」と呼ばれるグルテンを摂取しない食事療法が生まれました。
これはプロテニスプレイヤーのノバク・ジョコビッチがこの療法でセアリック病を治し、世界ランキング1位を獲得するまで絶好調になったのは有名です。

もちもちとした食感を作るグルテンですが、私達の腸に合わない方もいらっしゃるわけで、全ての小麦が悪いわけではありません。

但し、アメリカ産の小麦は農薬を多く使ったものを日本に輸出している為、注意が必要なのです。

<牛乳について>
以前の記事の復習ですが、牛乳に含まれているカゼインが凝固剤のような役割を果たし、カルシウムの吸収を阻害します。

またリンパを詰まらせ、他の病気を誘発。骨の健康にはカルシウムだけではなく、ミネラルを摂らないと意味が無いことも分かっていますが、GHQの政策では牛乳を沢山飲めば骨が強くなると言って学校給食に取り入れました。

また、アイスコーヒー等に使うミルク、ケーキのホイップクリーム等は実際は牛乳ではなく自然界にない化学物質からミルクっぽく作られた物です。アイスクリームもそうです。

こうした食品を摂り続けていくことで昔は成人病と呼ばれ、40代前後の働き盛りが疾病していましたが、10代、20代の若い世代も疾病するようになってしまい、生活習慣病に名称が変わりました。そして戦後から右肩上がりに増加していきました。

<食品添加物>

食品添加物を世界で一番多く使用している日本。
外国人は「日本へ行ったら野菜は食べてはだめ」という人がいる程です。

厚生労働省は世界各国に習うことなく803種類も認可しています。厚生労働省が国民の安全を考えないのは利権の為だからです。

GHQが戦後の貧しい日本に対し、食料を寄贈したと言われていますが、実際は日本人を骨抜きにする巧妙な計画でした。

<自給率の低下>

工業は非工業化し、外国から輸入して日本で加工し産業を営む方法へと切替えました。こうして輸入を多く取り入れた為、農家や町工場等を継ぐ生産者が減少し、日本の自給率は格段に下がっていったのです。

<政治について>
政治ではGHQの言うことを聞く者だけが派閥を強化し生き残り、日本国を真剣に考えるエリート達は次々に排除されていきました。

「誰が総理になっても同じ」という政権構造ができ上がり、国民の投票率は落ち、政治に関心を持たなくなってしまったのです。

こうやってGHQがなくなった後も、それを引き継ぐ者達が利権の為に権力を振るい、国を弱体化させていきました。

実は、GHQがこの小さな島国の日本をここまで洗脳しなければならなかった理由は、日本人があまりにも精神性が高く、強かったからでした。

太平洋戦争の際、南の島で27万人の日本兵に対して米兵は116万人で応戦。戦後ソ連が北方領土の北の島を攻めて来た時も日本兵256人に対し、ソ連兵2000人の犠牲を出してしまいました。

日本人は日本国を守る為、全力で戦っていました。

また、当時植民地や奴隷獲得が当たり前の世界情勢の中、日本が最初に国際会議で「人種差別撤廃」を提案したのです。

アメリカにしてみれば、日本人の魂が強烈過ぎて侮れない恐怖を感じたのでしょう。

こうした精神性が高い先人のおかげで私達は今、日本で暮らすことができていることを忘れてはいけないと思います。

国の内部から根本的に変えていかないとこのままでは私達は本当に安全で豊かな生活は送れないでしょう。

今の政府はグローバリスト達の言いなりになっており、以前トランプが大統領に就任した際、演説で下記のようなことを言っていました。

「今日の式典は非常に特別な意味を持つ。今日,我々は単に政権から政権へ,または党から党へと権力を移行するのではなく,首都ワシントンからあなた方,アメリカ国民に権力を戻すからだ。あまりにも長い間,我が国の首都にいる少数の者たちが政府の見返りを獲得し,人々がそのツケを負ってきた。」

グローバリスト達から国を奪還し真の誇り高いアメリカを取り戻すという意志が伝わった深いスピーチでした。

これはアメリカに限らず、日本も正に同様の事が起きており、このままだと完全に支配されてしまいます。

GHQは、日本が二度と歯向かえないようにあらゆる方面から占領政策を取り洗脳してきた結果、今の日本人は日本人としての誇りを忘れ、魂を抜き取られたように、自国や政治に対して無関心になる人が増え、国民性が失われつつあります。

しかし今、真の日本を取り戻そうと動いている人達は出てきています。

私達も政治に関心を持ち、この人だったら国を守り発展させることができる、という人をご自身で調べて投票しましょう。

私達自身のために。日本国のために、未来の子供達のために。

カテゴリー: 現実問題・世界事情 | コメントする

日本の危機①

「日本の危機」というタイトルで何を思い浮かべるでしょうか。
それは主にこの3つでは・・・。

①人口減少による日本の衰退
②中国やアメリカによる支配
③地震や津波などの自然災害

<本日は①について>

人口減少が著しい理由は以下の事が考えられます。

・少子化

 →共働きでないと生活できない為子供が産めない。
 →不妊治療に問題あり(おそらく薬に効果なし)

・コロナの影響
 →コロナ感染による死亡者の増加と適切な処置を行わなかった為の死亡。
  (自宅で待機して下さいと言われて高熱でも病院で診てもらえず)
 →ワクチン接種者の方が感染率が高い。
 →ワクチン接種による副作用。副作用の後遺症により仕事が出来ない。

・自殺者の増加
 →コロナの影響や中小企業や就職できない若い世代の生活苦

・食生活の悪化
 →戦後欧米化の食が導入され、安全ではない食品を摂ることで
  様々な生活習慣病を引き起こしている。

こちらの羽賀ヒカルさんの日本の人口についての動画をご覧になった方は驚愕されたと思います↓

www.youtube.com

また、このままでいくと、2060年には老後の年金は、一人で一人の人を支えなければいけなくなる為、40代世代の人は年金はもらえなくなると言われいます。50代でも危ういでしょう。

政府は「消費税を上げる」と言っていますが、「年金」と「消費税」は別物です。
消費税を上げられたら私達の生活はもっと大変になります。

コロナでお店が閉店してしまった光景を時々目にすると残念な気持ちになります。若い方も仕事がなく、生活苦で自殺者も出ています。

どうか希望を持って生きて欲しいです。
世の中はずっと同じ状況は続きません。必ず変化していきます。

日本の上記のような状況では確かに未来は暗いかもしれませんが、それを変えるだけの力は私達は持っていますし、目覚めている人も増えています。

数年前にKinKi Kidsが学生を交えて「自殺」をテーマにした番組を見たのですが、本当に子供達は繊細で傷つきやすいとその時改めて感じました。

人生を深刻に考えすぎると、その分、重い人生が創造されてしまうので、今体験していることは次に活かす為に起きている事象と捉えて、肩の力を抜き、ポジティブ思考で進んでいって欲しいと思います。

KinKi Kidsはそうした若者向けに割とメッセージ性の高い歌が多いので聴いてみるとよいでしょう。

KinKiKids 夏の王様 2000

www.youtube.com

「フラワー」もパワフルで大好きな歌ですね。

今こそ力をひとつに!!日本人!!

カテゴリー: 現実問題・世界事情 | コメントする

2022年の後半

7月に入りましたね。

今年は梅雨明けが早く、既に各地では35度以上の猛暑日が続いています。
私の第二の故郷とも言える馴染み深い北海道知床の羅臼では25度を越えることはほぼ無いのに、先日は観測史上32度!凄まじい夏の到来です。

ただこれは「温暖化」の影響ではありません。

多くの人が暑い=「地球温暖化」と結びつけてしまいがちですが、冬を思い出してみてください。

鳥取、関西、石川、新潟、青森、北海道等、特に大雪で悩まされました。アメリカでも暴風雪や道路の凍結で寒い中、車中で立ち往生するなど大変な冬でした。その前の21年度では大寒波でしたし。

今では「冬は極寒、夏は酷暑」と厳しい季節に変容しています。
地球温暖化についてはまた別の機会でお話したいですが、実は寒冷化に向かっており、食物が育たず食料不足が懸念されています。

この気候変動は地球自体が大きく変化している兆しでもあり、今までに無いような事象も今後起きて来るでしょう。

最近では6月初めは関東各所で突然大きな雹が降ってきました。

今後も異常気象や火山活動が活発になっていくことが予想されます。

それに加えて秋頃から世界情勢の悪化により日本にもそれが波及し、インフレの影響が深刻化してくるかもしれません。

何となく良くない兆候、暗い暗示で不安を感じてしまいそうですが、宇宙のサイクルでは「破壊」と「再生」のパターンは必ず繰り返され、それがあることで、新しく生まれ変われます。

私達はどのような状況に至ろうとも、新生地球で覚悟を持って生まれ変わる(次元上昇する)ことを決めておく必要があります。

この数年で大きなターニングポイントがやってくることに準備をしておいた方がいいでしょう。

今日生きていることに感謝して、日々自省しクリアにしていくことを心掛け、毎日を喜びある日々に変えていく。

ひとりでも多くの方が、「恐怖や不安、怒り」などの不のエネルギーを手放し、ご自身の波動を高め、地球の激変を緩和するサポートをして頂ければ幸いです。

カテゴリー: 現実問題・世界事情 | コメントする

目黒不動尊:ライトワーク(後編)

目黒不動尊

引き続き「目黒不動尊」にて。

大日如来のライトワークを終えた後、ふと観音像と阿弥陀仏像が頭の中に現れました。もしかしたらこちらにいらっしゃるのかな?

取敢えず順番に回ってみることに。広い境内を見下ろしてみると

右手に畑がありました。私の大好きな「サツマイモ畑」でした。

関東にサツマイモを広めた青木昆陽(儒学者/蘭学者)のお墓が裏の墓地にあるそうです。

青木昆陽は、1732年享保の飢饉後にその対策として、土地が痩せていても、初心者でも育てやすいサツマイモの種イモを薩摩から取り寄せて、各地に配布し栽培方法を教えました。人々からは甘藷かんしょ(サツマイモ)先生と呼ばれたそうです。

護衛不動
虚空菩薩

子守延命地蔵菩薩、不動明王の眷属、八大童子の築山もありました。
愛染明王を含め、新しく作られたものも多そうでしたね。

御朱印を頂きに社務所の方へ行った際、左手にスズメたちが飛び回っていました。お堂の階段で遊んでいたんですが、近づいてよくみると「観音堂」

こちらの観音様が呼ばれていたんですね。

観音堂

早速ワークをさせて頂きました。
「もっとサポートしますよ」と仰って頂けて嬉しかったです。

御朱印を頂いた後、そういえば阿弥陀仏像もあるのでは?と思い出し、ふと振り返ると真後ろに阿弥陀堂があり、扉が開いている隙間から阿弥陀仏像が見えました。
ワークをすると線香の匂いが急に強くなり、とてもリラックスできました。

この後は逆サイドへ移動。

勢至堂

こちらもあじさいが綺麗でした。(6月上旬の参拝です)

「あれ?本居長世」って誰だろう??

ふと足が止まり。本居宣長と関係があるのかな~。と黒い石碑らしきものを見ると「十五夜お月さん」の楽譜が刻まれていました。

(おや!?)

実は、数日前に最近料理で団子を作る為の「だんご粉」を買ったところでした。
ちょうどその時、団子と言えば『十五夜お月さん』の歌が頭に浮かび、どんな歌だったのか、最後の方しか覚えてないな~と思っていたことを思い出しました。

<「十五夜お月さん」とは>

1年のうちに空気が澄んでもっとも美しい満月が見られる。「中秋の名月」のこと。
(大体9月15日頃で毎年必ず15日が満月になるわけではないのですが。)

江戸時代に秋の収穫に感謝し、月見団子を供える風習が広がったそうです。
しかしこの歌詞を調べてみたら、とても哀しい歌でした。

作詞:野口雨情、作曲:本居長世

十五夜お月さん ごきげんさん
ばあやは おいとま とりました


十五夜お月さん 妹は
田舎へ もられてゆきました


十五夜お月さん かかさんに
もいちど わたしは逢いたいな



ちなみに「本居長世」は本居宣長の子孫 で、この近くに移住していたそうです。

他に「からす なぜ なくの からすはやまに~」で有名な「七つの子」や「赤い靴」や「青い目の人形」等数々の動揺を手がけています。

今回初めて伺った目黒不動尊ですが、お寺(宗派)の色が濃く出ている印象でした。
私達人間は誰しも「煩悩(欲望)」があります。
不動明王は人々の心を乱す煩悩を剣で斬り、背中の火炎で焼き払い、私達を悟りへと導きます。

気になる方はこちらに限らず、お近くの不動尊で不動明王にサポートして頂くと良いでしょう。

<目黒のさんま(めぐろのさんま)>

こちらへ伺う際に朝からさんまを焼いているお店があり、
「なんで!?さんま??」とその時思ったんですが、直ぐに(ああ、そうか『目黒のさんまか~』と気付きました。

有名な落語ですよね。

『目黒のさんま』は落語の噺の一つで、低級な下魚として扱われていたさんまを、庶民的な流儀で無造作に調理すると美味だが、丁寧に調理すると不味い、という滑稽噺。

<江戸五色不動について>

江戸時代、三代将軍徳川家光は江戸の町を護るため、目白・目黒・目赤・目青・目黄の五不動を江戸の5ヶ所に安置しました。

この由来は、江戸時代に五眼不動といわれ五方角(東・西・南・北・中央)を色で示すもの。

目黒 瀧泉寺    東海道  目黒区
目青 教学院         世田谷区
目赤 南谷寺    中山道  文京区 
目黄 永久寺    水戸街道 台東区
目黄 最勝寺    日光街道 江戸川区
目白 金乗院    甲州街道 豊島区

江戸府内を中心とした五街道沿い(又は近く)にあることから、徳川の時代に江戸城を守るために置かれたといわれていますが、実際にそうだったんだと思います。

青色が無いですが、江戸城自体を「青」としていたことが関係しているのかも。特に天台宗の勢力が大きかったようですね。

結構、江戸城の守りは強固だったと言えます。

カテゴリー: 神社・お寺・旅, 関東 | コメントする

目黒不動尊:ライトワーク(前編)

目黒不動尊

数日前から急に不動明王が何度か現れ気になっていたのですが、中々伺う機会が無いまま過ごしていました。

その頃、野鳥撮影で雨の日の遠征でも便利な折り畳み式の長靴が欲しいなと思っていました。特に慌てて買う必要はなかったんですけど、早く行かなきゃみたいな気持ちになっており、目黒にあるバードショップへ行くことに。

行く前日に(この辺に何か神社やお寺があるのかな)と思ってMAP検索した所、「目黒不動尊」がありました。しかも駅から徒歩7分前後です。
(そうか、こちらに呼ばれていたのか)
そう察し、当日の朝ショップへ行く前に伺いました。

「目黒不動尊」は関東最古の不動霊場、日本三大不動のひとつなのでワクワクしていました。

・成田不動尊(千葉県)
・目黒不動尊(東京都)
・木原不動尊(熊本県)

目黒不動尊

門をくぐるとガラリと「気」が変わり、さっきまでの雑な粒子が無く涼しい空気感が漂っています。さすがですね。

結界が張られていますが通常と少し違って、天台宗ならではの結界という印象。

早速アジサイが目につきました。

広い境内を進むと正面左手に水場があります。

独鈷(どっこ)の滝

「独鈷(どっこ)の滝」と言って正面奥と左手の龍の口から水が流れています。1200年前に龍泉寺の慈覚大師・円仁が独鈷を投げ入れたところ、水が湧き出たとされ「東京名水57選」になっているそうです。

見た目は綺麗とは言い難いですが、重い空気はなくそれなりに清められています。

水かけ不動明王

病気平癒や厄除けとしてそばにある柄杓に水をすくって不動明王にかけ、私達の身代わりになって病や厄を祓って下さる「水か不動明王」がいらっしゃいます。または滝修行を代わってやってくださるとも言われています。

とても怖い形相ですが、優しい不動明王です。

私達の病も災難も自分の中の闇が原因で引き寄せることが多いので、自分の心を清める為にも私は不動明王の胸に水を掛けさせていただきました。とてもスッキリしましたね!

西郷隆盛は薩摩藩主の島津斉彬が病気になったとき目黒不動尊に来て湧水の独鈷の瀧で水垢離( 神仏に祈願する時、冷水を浴びて汚れを除き心身を清浄にする)をしていたそうです。

青龍大権現

独鈷(どっこ)の滝の水が枯れることなく湧き出ているのもこちらの「青龍大権現」
がいらっしゃるからでしょう。
ワークをした際に現れて下さいました。

瀧泉寺前不動堂

前不動もこの境内の「気」を整えて下さっているようでした。
狛犬が犬なので、「日本武尊?」と関係があるのかなと思いました。

前不動

さて、本堂へと向かいます。

撮影が禁止の為、本堂内をお見せ出来ず残念ですが、ワークをさせて頂いた後、自分の未知なる扉が1つ開き、スッーとクリアに広がっていった感覚があり、強くて温かいエネルギーのギフトを受け取らせて頂きました。

それからやはり日本武尊らしき方が現れたので、こちらに祀られていたのかもしれません。

鳥居を見て、昔神社だったことが分かるように神様が祀られていたようですね。暗いのでよく分からなかったですが、何体かの仏様が祀られていらっしゃいまして、凄い気でビリビリしました💦

本尊は円仁自刻の不動明王。
12年に一度の酉年に開帳されるそうです。

ところでさっきから、本堂の後ろが気になります。まだ何かある感じ。ぐるっと本堂を周れるみたい。
本堂の後ろには森のような所があり、大きな仏像が鎮座しているのが見えました。直ぐに大日如来だと分かりました。

大日如来

大日如来のもう1つの顔が不動明王。ということで大日如来もいらっしゃる筈なんですね。でも真後ろにいらっしゃるとは。

こちらは円柱のようなものが2重のシールドになって見えました。
ワークをさせて頂いた後、帰り際に頭の後ろがふわっと暖かくなり撫でられたので、応援して下さっているのが分かりホッとしました。

境内は広くてまだ見所があるようです。ということで次回に続きます。

<「目黒不動尊」の由来>

十五歳の慈覚大師・円仁が、師の広智阿闍梨に伴われて、(現在の栃木県)から比叡山の伝教大師・最澄のもとへ向かう途中、目黒の地に立ち寄った際、夢の中で、不動明王面が現れ、『我、この地に迹を垂れ、魔を伏し、国を鎮めんと思うなり。来って我を渇仰せん者には、諸々の願ひを成就させん』と告げ、夢自ら像を彫刻して安置したことよりこの地で創まったと伝えられています。

<「目黒」の由来>

めぐろの「め」は駿馬の「め」、すなわち馬という意味。「くろ」は畔(あぜ)、すなわち畔(あぜ)道を意味する。従って「めぐろ」は、馬と畔(あぜ)道を意味する馬畔(めぐろ)という音から生まれたという説。

カテゴリー: 神社・お寺・旅, 関東 | コメントする