地球の真実③ 宇宙人との接触

※2016年、Project Camelotのケリー・キャシディ氏とウィリアム・トンプキンス氏対談(さる100TV)、コーリー・グッド、デイビット・ウィルコックのコズミックディスクロージャー、こちらの2つから主にウィリアム・トンプキンス氏が話した内容を要約しています。

ダグラス社、ノースロップ社、ロッキード社NASA各社で数年ずつ宇宙開発技術者として宇宙船の設計も携わり、亡くなる前まで海軍のシークレット・スペース・プログラム(SS

P)に所属していたウィリアム・トンプキンス氏

彼はアメリカ軍と政府が隠す宇宙人との接触について下記のように語っています。
それは1942年4月にロサンゼルスで起きた事件がきっかけでした。

~ウィリアム・トンプキンス氏の話~
<ロサンゼルス・バトル>

戦争中でありドイツがロンドンに爆弾を落としている時、アメリカでは信じられない事が起きていた。
当時私は18歳で家族でカルフォルニア・ロングビーチに住んでいた。夕方5時半位に裏のベランダで光を見て、その夜1時半くらいだったか、空中で襲撃の音がしたので起き上がって外を見ると、(私は海軍で航空パイロットでしたから分かるのですが)上空2000m〜3000mの高さに巨大飛行船が浮いていました。

8つのサーチライトが付いており、私の家の上空に1時間半ほど停泊し、その宇宙船の周りには、いくつか他の宇宙船も停泊していた。大衆がこの光景を見ていましたが、誰一人として恐怖心や不安感を抱かず、家に逃げ込むことはなかった。また、誰も体調不良や死人は出ていません。

サン・ディエゴからも見えて宇宙船がかなりの数だった為、広範囲に渡って目撃されていました。宇宙船は下に電磁波のシールドがあり、空軍に攻撃されてもそのシールドで弾は弾かれるが、小さい無人飛行船が2機撃ち落とされた。
その後米軍はその飛行船を海から引き上げました。

ダグラス社の航空機製造会社がすぐに秘密のグループを結成し、ダグラス社の社長と米軍の海軍・陸軍の長官達が会議をして、研究が始まった。それがMJ12(マジェスティック・トゥウェルヴ)の始まりです。

MJ12とは
宇宙人に関する調査や、宇宙人との接触や交渉を、過去60年に渡って秘密裏に行ってきたとされるアメリカ合衆国政府内の委員会の名称。

<ETノルディックス>
2名の女性と1名の非常にハンサムな男性のノルディックス(地球人と友好的なET)とアポロ計画に関して3年半一緒に仕事をしていた。

彼女は会社に朝行く道からずっと一緒で、常にふざけてあーだこーだと私の頭の中に色々な事をインプットして来ます。

<アポロ計画>
私はダグラス社のエンジニアリング・セクション・チーフとしてアポロ計画に関する仕事をしていた時の事。地球上で最も秘密な施設であり、大きな箱を乗せたトラックを運転してある場所まで運ぶ任務があった。彼女はテレパシーでまっぐ進むように言って更に「ビリー、心配しなくていいよ。ゲートは自動的に開いてくれるから」と伝えてきた。最極秘基地のセキュリティゲートが言った通り開いており、警備の4人は銃を置いたままでスルーできた。

ノルディックスのマインドコントロールでする抜けることができた模様。
その後木が生い茂っている中を走ると奥に管制塔が見えて来た。到着するや否や、4人の警備員が全て知っているようで持っていたライフルを扉の近くに置いて降りてきた。その大きなモデルの入った箱を中に運び入れてくれた。

彼らは中央のエレベーターに台車を押し込み、そのエレベーターのドアも巨大だった。最上階でエレベーターのドアが開いた。広い会議室だった。片側にフォン・ブラウンの部下たちで、もう片側にはディベス博士の部下がいた。

私は彼等に私の提案、打ち上げ管制システムのモデルを見せた。
NASAさえもこの場所の事を知らない。ノルディックスは計画の一部を支援していた。

<ドイツのUFO製造>
私は第二次世界大戦中、ドイツへある調査の為何度か足を運んだ。
その調査というのが1920年~30年頃、ドイツのマリア・オルシックという女性がノルディックスの宇宙人からコンタクトを受け、様々な職種の人を集め(ドイツ軍とは関係ない)組織化して、宇宙人の援助とその情報を元に4万~5万人を乗船可能な宇宙船を造って、地球から去る計画があった。

ドイツのSSPがそれを知って拘束したが、ヒトラーが後で彼等が造ったものを盗めばいいとその時は彼等を解放した。私はその調査を行っていたのです。
南極の氷の中の巨大洞窟を2個所有しておりそれが宇宙船建設の施設になっている。何千年の間、色々なET種族が洞窟を使ってきており、地球の中には莫大な数の洞窟が存在している。

<ハイ・ジャンプ作戦で起きたこと>
海軍は、南極大陸のナチス・ドイツの施設とドラコ・レプティリアンの洞窟内の施設で行われている内容に関与していました。
米国海軍のペーパークリップ計画が実践された際に多くのドイツのトップ技術者達が南極に移動した。

ニミッツ元帥ともう一人の海軍の少将がアメリカ歴代最も大きなバトル・グループを結成しPB3,TBS級の戦艦、400戦闘機、施設などもいくつか保有していた。そして大勢の人員と共に南極に行った。惨事を掃除しに行く為です。

南極大陸の周り全体には非常に大きな海底トンネルがいくつもあり、ドイツ軍はドイツからそこに潜水艦を運んでいた。人々は、ペーパークリップ計画は有能なドイツ人達を米国に連れて来たミッションだと思っていますが、70%くらいの人員は、この潜水艦によって南極大陸の巨大施設に送り込まれていたのが事実です。奴隷としてその工場で働かされる人員も一緒に運ばれた。もちろんET達もいたし、UFOもそこにあり、ドイツ製のUFOもあった。

そこに海軍が太平洋側から、南極大陸にこのバトル・グループで乗り込む事になっていた。近づいて行くと海からUFOが現れ、両側にその戦闘群が囲まれた。そして全ての飛行機400機がものの20分位で完全に抹消され、戦艦も全て海に沈みました。

ニミッツ元帥とリチャード・バード少将は尻尾を巻いて一目散に米国に逃げ帰った。そして二度と南極へは戻らなかった。
計画は、そこに捕えられていた捕虜・重要人物を連れて帰り、その施設を破壊して帰るというものでしたが失敗に終わり、実際には何も出来なかった。

<ドラコ・レプティリアンの支配下>
今でも米軍は南極に行っている。巨大望遠鏡のある施設はドラコ・レプティリアンとナチス・ドイツが所有しているもので、他の星からのあらゆる侵入者を観察している。例えばノルディックスには南極に来て欲しくないわけです。

ナチス・ドイツの工場があり、UFOの製造関係者関係が出入り出来ていると思われる。全ての政府、どの国もドラコ・レプティリアンに支配されているわけです。ケリーよりマーク・リチャード大佐が言うには「ノルディックスは我々人間にもっと意識を高めて軍の技術も高めて、レプティリアンと共に戦える存在に成長してほしいと願っている、地球の乗っ取りを抑えないといけない」という事を話した。

<別の惑星への移住と生活>
我々の銀河の中心地では多くのアクションが起きていますが、我々はそこにはいなく天の河の一番端っこの方にいる。

ある時、外に投げ出されます。ET達はそれを皆知っています。2000年後にまた他のどこかの銀河に拾い上げられるかもしれません。いつ起きるかどう起きるかは分からない。

銀河は2兆個あり、地球の何倍も大きく信じられない程の美しいユートピアが沢山ある。ダグラス社のシンクタンクでは、この状況を全て把握しており、ノルディックスも他の銀河のどの星がいいかを熟知している。人類をその美しいユートピアの星に移動させる計画がある。

そこでTRW社には、この事を専門にしている部署がある。従兄弟のウォルデンがもうすぐ、この世を旅立つという頃に、7つの過去生の内、どれを再生しますか?(その新しいバージョンに行く事になる)と聞かれたそうです。私も妻も家族もこの一生は本当にパートタイム、全体の一部であると信じている。本当の仕事は、この後にあると思っている。だから何も今世にとらわれる必要はないのです。

———————————————–

とても興味深い内容です。
こちらは2016年の開示ですから、SSPに所属されていた方が良く告白したものだと感心しました。
今は地下のレプティリアンはほぼ一掃された情報があり、地球は良い方向へ向かっています。さて、引き続きウィリアム・トンプキンス氏の話しを追ってみましょう。

次回はアポロ月面着陸の真実についてです。

カテゴリー: 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA