日本の危機 台湾有事=日本有事

世界はロシアvsウクライナを報じているがお隣の国の脅威が迫っている。
台湾侵攻は11月以降に発動するのではないかと予想されている。

中国が台湾を侵攻することは以前から言われていたが、実は台湾へ侵攻する前に戦略的に日本の沖縄、八重山諸島(宮古島、石垣島、西表島、波照間島、与那国島等12島)へ先に侵攻するという。

これはとんでもないことです。

本当は政府が即座に行動し島民の安全確保の為、疎開先等検討および説明をしなければならないのですが、全く動いていません。
そして島民はこうした情報を得ていないのが実情です。

国際情勢に詳しい元自衛隊の石濱哲信氏は民間で「日本安全対策推進機構(通称:日防隊)」を発足し、日本を守る為に正しい情報を街頭演説、公演、YouTubeなどメディアを通じて発信してきました。

そして与那国や石垣島島民の方々にも昨年にはこうした有事が起きることを想定して説明に行かれていたそうです。

石濱哲信氏は国際情勢だけでなく軍事的情報(公には出せないような)もかなり詳細に持っており、日本人が聞いたら驚くような内容ばかりで、いかに日本のメディアや政府が偽りの情報を発信しているかがよく分かります。

この危機的状況を説明された動画を是非ご覧ください。

元自衛官がプロの軍事観点から語る。驚きの情報と解説!!

y※会員制のニコニコ動画は後半もご覧になれます。

オバマ政権時代に中国共産党との約束で『台湾と日本は取ってもいい。』とオバマが中国共産党に約束していたそうです。

なので、台湾有事が必ず起きるというのはそういう理由でもあります。

台湾は世界一の半導体シェアを誇る為、この国を手に入れれば、世界を制すると言っても過言ではないでしょう。

仮に日本の沖縄以南の侵略がなかったとしても尖閣諸島は取られる筈。ここにはとても豊富な資源があるからです。

そしていずれ日本全土が支配されてしまうことは容易に予想がつきます。
日本が侵略されても沖縄の米軍は戦わないと言われており、自分達で戦うしかないのです。
米国にいい顔をしてロシアを避難している日本政府とマスコミ。
ロシアが持つ核兵器ポセイドンは高さ500mの大津波を起こせるそうですから、年内で発生すると巷で噂されている「地震や大津波」もこれが原因になるかもしれません。

そうならない為にも私達ひとりひとり、世界の人々が平和で幸せに暮らしていけるよう祈ることが重要になってきます。

何度も伝えていますが、世の中には沢山の情報が複雑に入り乱れています。プロパガンダが酷くて国民の大半はそれを信じ切り洗脳されてしまっています。

平和ボケしすぎて、台湾有事が日本の危機であることをおそらく感じていない人が殆どでしょう。

私が国際情勢や政治的な内容を発信するのは、スピリチュアルととてもリンクしているからです。このままだと予言通りの世界になってしまうかもしれません。

ですから、人類のひとりひとりが現実から目覚めて未来のタイムラインを大難から小難、そして無難へと変えられるよう力を合わせて頂きたいです。

また、「情報」は正しいと自分の心で感じたものを取捨選択することで、有事の際もどのように行動をとれば良いか必要な情報が得られやすくなるので、日頃からチェックされた方が良いでしょう。

<おススメのチャンネル>

及川幸久チャンネル

参政党の部屋

公式日防チャンネル

カテゴリー: 現実問題・世界事情, 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA