最強のパワースポット 赤坂氷川神社

赤坂氷川神社

最後は赤坂氷川神社へ伺いました。

実はこちらは初参拝の神社ですが、超~お気に入りになりました!!

こちらへ向かっている途中、正面の植木の上にペアの雀を発見。
2羽でいちゃついていたのを見て、

もしかして次も神前式あるの?

そう頭に過った時、(あるよ~!)とガイドが張り切り声。

先程みたいに急かしている様子が無かった為、慌てずのんびり歩いて行きました。

正門より

到着~。

正門から入った途端、ここはなんでしょう!?
なんとも言えない素晴らしく心地良いエネルギー!!
意識がぶっ飛んでしまいました・・

この清涼感は「武蔵野氷川神社」と似てる。

(氷川神社なので御祭神が同じ素戔嗚尊という事もありますが、同じ神様でも神社によって違ったりします)
こちらは聖域のエネルギーが保たれているようです。
ずっとここに居たい!!そんな気分o(>▽<)o

現代都市の建物を色濃く映した六本木に程近いのに、まるで時代に取り残され、昔にタイムスリップしたかのような境内は、とても情緒がありました。

趣のある情景に(さすがにここで結婚式はないな・・・ガイドも今回はハズれたか。)とこの時思ったのでした。


左【小祠】  右【しだれ桜】

参道を進むと、左手に小さな祠が。ひとまず本殿からご挨拶しようとしたのですが、なんだか引き止められているようで、こちらに足が向きました。

とても女性的なエネルギーを感じました。少し寂し気ですが、まろやかな波動が伝わり、参拝を喜ばれているようでした。

光を降ろすエネルギーワークを行わせていただきました。とても喜んでいただけたようでした。

二の鳥居
手水舎

二の鳥居をくぐると左手に手水舎。ここの「気」もとても素晴らしく、やはり沢山の精霊達がいるようです。

本殿

本殿へと進み、日頃の感謝とともにエネルギーワークをさせて頂きました。
見た目はかなり古いものの、右手に御朱印の受付もされていましたよ。

お神輿
お神輿

左手はとても美しいお神輿が祀られていて、力強いエネルギーを放っていました。

元来た場所を引き返そうと振り返ったら、本殿には誰もおらず、しーんとした静けさが。神社の係りらしき人が参道脇から奥を覗いていたので、私も何かな?と覗いたら、なんと花嫁さんがこちらへ来られるところでした!

正直言って予想外。

ガイドがドヤ顔をしているイメージが伝わって来ました(;”∀”)

東京大神宮と同じ神前様式ですね。

社殿や境内が建て替えられ、近代的な神社も多い中、昔のままの姿を残す神社は、都内にはそう多くないと思います。

この後祝福のエネルギーを降ろさせて頂き、多くの人に幸が降ります、神々様へ祈願しました。

神前式の後、手水舎は一層光が降りていて眩しかったです。


鳥居や楼門周辺も眩しかった
【稲荷神社】

工事中でしたので、どなたも参拝されていませんでした。
こちらも感謝を込めてエネルギーワークをさせて頂きました。


境内には狛犬や灯篭が多かったです。

左【御神木のイチョウ】         右【港区指定天然記念物の巨大イチョウ】

境内には広場があり、大きなイチョウが目立ちました。

右のイチョウは推定樹齢400年。
都内最大といわれる善福寺の大イチョウに次ぐ大きさ。

どちらもかなりの大木でとても暖かく柔らかなエネルギーを送ってきました。
また、奥に動植物を慰霊する包丁塚もありました。

本当に素晴らしいオススメの神社です。

私は神社に伺う際は場所だけを確認して、それ以外の情報を持たずに伺い、後日詳細を調べて記事にしています。

帰宅後、調べた時にちょっと衝撃を受けました。

この地は浅野土佐守邸跡でした。あの赤穂事件(忠臣蔵)の浅野内匠頭の正室(阿久里)が事件の後、瑶泉院となり、こちらで幽居されていたそうです。

泉岳寺にもまだスピリチュアルに目覚めていない時に伺ったことがありますが、赤穂事件に関わった幼い子供のお墓があり、なんとも言えない悲しい気持ちが込上げたことを思い出しました。

*赤穂事件(あこうじけん)
1702年 12月 14日夜半,旧赤穂藩大石内蔵助良雄以下 46人が,江戸本所松坂町の吉良上野介義央の邸内に乱入,義央の首級をあげて,旧藩主浅野内匠頭長矩の仇をはらした事件。

赤坂氷川神社は1000年以上の歴史があり、将軍 徳川吉宗公が1729年に老中岡崎城主水野忠之に命じ現在地に現社殿を建立、翌年遷座が行われ28日に将軍直々のご参拝があったとの事。(赤坂氷川神社HPより)

それにしても赤坂氷川神社のHPを拝見して結婚式の紹介もありましたね。

(さすがにここで結婚式はないな)
とは随分失礼なことを書きましたが、かなりパワーがある神社なので、祝福も凄いです。

神々に愛されている地、赤坂氷川神社へ機会がございましたら、是非足をお運びくださいませ(*^ー^*)

左【本氷川坂】   右【東京ミッドタウン】

というわけで、今回は3社全ての神前式(5組)を拝見することができました。
大安かなと思いましたが、この日は友引でした。

そうそう、「雀のサイン」
高次元の存在達があのペアを見せることで、「神前式」がある事を教えてくれていたんですね。何でもないと思えるような光景が目に入ったとしても、そのタイミングで見るという事は何かしらのサインであり、この世に偶然は存在しないんです。

こうしたサインに気付くことで、高次元とのコミュニケーションも深まっていくので、ちょっと気にかけてみましょう。 (2019年3月31日撮影記事)


御祭神 
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむぢのみこと別名…大国主命)


アクセスMAP
名称赤坂氷川神社
所在地東京都港区赤坂6-10-12  
TEL:03-3583-1935
HPhttps://www.akasakahikawa.or.jp/
最寄り駅

 いずれも徒歩8分
・千代田線 赤坂駅
・日比谷線・大江戸線 六本木駅
・南北線 六本木一丁目駅
・銀座線 溜池山王駅 


カテゴリー: 東京都 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA