人類の起源(アヌンナキ)~目覚めの時

アヌンナキ

スピリチュアルで何故「手放しましょう」という言葉がうんざりする程、出てくるのでしょうか。
その答えは人類の起源に遡ります。

人類最古の文明は紀元前5千年前のシュメール文明(現イラク)。
1849年シュメールの遺跡でタブレットが発見されたことにより、宇宙人によって人類が創設され、高度な文明が築かれていたことが発表されました。
(考古学者:ゼカリア・シッチン解読)

<ニビル星から来たアヌンナキ >
ニビル星は3600年の周期で地球に近づく惑星。ニビル星は2018年11月にハワイのすばる望遠鏡で発見され、12月にチリのマゼラン望遠鏡でも再観測された『ファーアウト(Planet X)』ではないかという説があります。
(太陽系内で地球と太陽の距離の100倍以上も離れた史上初の天体)

<アヌンナキとは>
『天から降り立った人々』と言われ別名:『エロヒム』、『ネフィリム』と呼ばれています。シュメールおよアッカドの神話に登場する神々のことです。
身長は3-10mの巨人で、エジプトの巨大な像は彼等の等身大の姿です。寿命は約36万年。

<アヌンナキが地球へ来た理由>
紀元前45万年前に大気圏に亀裂が入り、その影響でニビル星の生物が絶滅の危機機に陥りました。
大気成層圏の修復を行うべく、金を粉末にしてシールドを張り放射線を防ぐ対処法として、金を求めて地球へやって来たのです。

<エンキ>
アヌンナキの王(アヌ)の息子エンキ。「地の王」を表し世界の創造者であり、知識および魔法を司る神とされる。都市エリドゥの守護神エアでもある。

<人体実験のきっかけ>
エンキは採掘作業を指揮し、メソポタミアにエリドゥという基地を設置。旧約聖書では「エデン」の事です。
ペルシャ湾の中に金を発見したものの効率が悪く少量しか採れなかった為、拠点をアフリカへ移しました。

アフリカでの採掘作業とシャトルで金を運ぶ過酷な労働に反発が起き、打開策として地球にいる生物を原始的労働者として創ることが検討され、遂行されました。この実験過程により、半神半人や翼を持つライオンなど、奇妙な生物が誕生しました。

<人類の誕生>
知的能力を持った生物に改造する必要があった為、類人猿(ホモエレキタス)とアヌンナキの精子を遺伝子操作をし、アヌンナキの中でも特な女性の子宮で育てる事を繰り返し、50万年かけて人類が誕生しました。それが聖書ではアダムと呼ばれています。

エンキは4つの文明(メソポタミア、エジプト、インド、シナイ半島)を築き、ピラミッドはトート神が設計し建設され、人類は進化し豊かな知恵で繁栄を齎していきました。

<エンリル>

エンキの兄エンリルは「風」を司る神。
シュメールにおける事実上の最高権力者で市国家ニップルの守護神。
大変気性が荒い性格のエンキは、知的な人類の誕生に彼等から支配されるのではないかという恐れがあり、大洪水により人類を滅ぼそうとしました。

それを知ったエンキとトートは人類を助ける為、付き人のジュースダラに船を作らせました。その後、南極の氷が崩れ始め大洪水が発生。

 一般的には上記のような内容です。
そしてスピリチュアル界で掘り下げた内容では・・・。

<ネガティブ意識になる理由>
これらの状況を見ていた一部の神達が、地球の様々な事象や人の中で生まれる「感情」に興味を持ち、地上へ降りて来て、人体実験に参加しました。元に戻ることはできましたが、好奇心が強く自分達がこれまで体験していない低次元の波動をまだ沢山体験したかった為、地球に残る事に決めました。

他のもの達はニビル星へ帰ったり、宇宙船に留まるものもいました。

私がビジョンで見たのは、巨大な人の姿をした大きな翼を持つ存在が降り立ち、ピラミッドの付近で何か指示をしているシーンでした。
それから度々不老不死のメッセージも受取りました。
これについてはアダムと関係があるようです。

この人体実験は最初はアヌンナキから発生していますが、後で様々な種族の宇宙人達が関わって来ているようです。

私達は元々高次の存在でした。願えばすぐに具現化出来る能力を持っていた為、何に困る事も無く、迷いや心配という言語すら存在しない、不自由の無い生活を天界で過ごしていました。

それ故に地球の低い波動やネガティブな感情がとても真新しく珍しいものに見え、悲しい、苦しい、辛い、怒り等が、一体どういうものかを知りたくて体験したくて、その好奇心からこの地球に降り、留まったのです。

そしてアトランティス後期に有害な宇宙人の訪問により、地球は他の宇宙人達や銀河連合が介入できないよう、ベールで隔離され、宇宙から鎖国化された状況下で完全に支配されました。(現在はそれが解かれ、他の種族が介入できるレベルまでに至っていますが、まだ完全ではありません。)

人類の全ての人が、インプラントを埋め込まれ、アストラル界も支配されたので、地球外へ出られる事なく地球の中で転生を繰り返し、ネガティブな体験を繰り返すことになったのです。

勿論、寿命や生き方はハイアーセルフやガイドと共に転生する前にブループリントを決めて来ていますが、元々の意志が「ネガティブに興味を持った」事から始めっており、それに目を付けた闇の存在達が、ネガティブエネルギーを糧にしていることもあり、私達をコントロールしやすくするよう、ネガティブを助長させるプログラミングを施しているのです。

しかしハイアーセルフ達はそれを乗り越えられるパワーを持った私達を知っている為、選択は全て私達ひとりひとりの自由意志に一任しています。

そして2012年からアセンションの準備がスタートし、徐々にスピリチュアルに関心を持つ人が増えてきました。

これまで通り、ネガティブを経験する為、それを引き寄せ続けるのか、それとも本来の自分へ回帰する道を選ぶのか、今、私達はその岐路に立たされているのです。

カテゴリー: 目覚めるために, 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA