ひとりの意識が変える力

「こうなったらどうしよう」という恐れ。心配や不安、恐れは私達の持つ共通意識の中ではもっとも手放すことが重要であり、急務とされています。

それは言わずと知れた新型コロナウイルス。

この拡散により世界経済が後退しつつあります。

多くの人が不安や心配、恐れの集合意識を持つことで、同調した思考のエネルギーが現実をそうのように動かしてしまっているからです。

その結果、日常品や一部の食糧を買い占め、各国で自粛や封鎖の現象が起きました。

しかし、そもそも治療薬がなくても回復している人は沢山います。

元々人間には自然治癒力が備わっているので治すことができるんですね。
自分を大切にしている人は、「体が整っている状態」なので、上手く機能し(感染しない、若しくは感染しても無毒化できる)発症することがないのです。

日頃から免疫力を高めるための行動、正常な食生活、クリアリング、自然の中でリフレッシュする、自分や体が喜ぶことをすると、活力がモリモリ湧いて、抵抗力も上がり、免疫力も向上してきます。

当たり前のことをしない積み重ねが、抵抗力や免疫力を下げる結果となります。

恐れるよりも、ひとりひとりが自覚して快適な自分作りをする。そういう人が沢山増えれば、抵抗力の無いお子様や病気の方、ご年配の方への感染も防ぐことができ、集合意識が良い方向へと変化し、今の状況は改善されていくでしょう。

再び大きな転機を迎えます。

開かれる道に進むか、これまでと同じ道を進むかに分かれ、今のあなたの状態でその行先が決まります。

できるだけニュートラルで、冷静で堂々とした「0意識」の状態を日々保てるよう心掛けましょう。

カテゴリー: 現実問題・世界事情 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA