オヒアレフア物語

オヒアレフア

特にキラウエアには多く咲いている、オヒアレフアの花にまつわる悲恋の物語をご紹介します。

<オヒアレフア物語>
ある森に恋人同士のオヒアとレフアが住んでいました。ある日、オヒアが森を歩いている姿を、火山の女神ペレがハンサムなオヒアに一目惚れしてしまいます。

ペレは自分の恋人になれと迫りましたが、レフアに愛を誓ったオヒアはその申し出を断ってしまった為、怒ったペレはオヒアを樹に変えてしまいました。

オヒアを失ったレフアはその姿を求めて泣きながら森を彷徨います。オヒアがずっと泣いているため、森は毎日雨で太陽が照らず、他の住人たちも困ってしまいました。それを知ったペレはオヒアと一緒にさせる為、彼女を花に変えてしまいました。

又は、ペレではなく他の神々がレフアに同情がして花に変えたという伝承もあります。オヒアレフアの花を摘むと、雨が降るという言い伝えがあり、それは本当に現実になるそうです。

ハワイではよく花の首飾りの「レイ」に使われるオヒアレフアですが、フラの大会などがある際、この花をよく摘むそうで、必ず大会は雨が降ってしまうと、ガイドさんが言われていました。

ハワイにはどこにでもある花らしいですが、特にキラウエアにオヒアレフアが多いとの事です。

カテゴリー: ハワイ島, 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA