北海道 知床の旅(2)

アイヌでは「コタンコロカムイ」と呼ばれ集落を護る神の使いとされています。日本では道央~道東に100羽程生息。絶滅危惧種でフクロウの中では唯一、魚を主食とするフクロウです。全長63-71cm、フクロウの中でもかなり大きいです。これは深夜3時頃撮影したものです。

2日目は生憎の雨です。
ウトロへ行ってライトワークする予定でしたが、知床峠が雪崩れの危険性があるとして封鎖されてしまったので、明日に変更することに。
雨の日は何も出来ない為、初めてサーモン科学館へ行ってみることに。

真ん中は世界最大記録を持つイトウの模型

特にイワナの展示が多く種類が豊富でした。
(ミヤベイワナ、エゾイワナ、ニッコウイワナなど)上記中央の大きな模型は「イトウ」で中国で獲れたそうですが、世界最大の記録との事。一時期は生存が確認できない程激減したイトウですが、今は養殖による河川放流で、徐々に個体数を回復させています。それでも絶滅危惧種に変わりはないようですが。

チョウザメ

鼻っ面を水面から出して可愛かった「チョウザメ
指を近づけると、「パクッ」とやられますが、歯が無いので怪我をすることはありません。それでもドキっとして手を引っ込めてしまいますね。

カレイさん

個人的には「カレイ」が超~可愛かったです。
行かれた方は是非ガン見してください。

カレイもガン見してきますので(笑)


「標津神社」

中標津から羅臼へ戻る途中、突然神社に行きたくなり、信号待ちの時に、(この辺で神社はないかな)とナビで探した所、すぐ後方50mにありました!

御祭神が不明だったのでわからなかったのですが、ご縁がありそうなと思って後で確認したらなるほどと納得しました。

御祭神
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
金刀比羅大神(ことひらのおおかみ)
大国主神(おおくにぬしのかみ))
市杵島神(いちきしまのかみ)

海で暮らす人々の安全と豊かさを願い祈らせていただきました。
そんなわけで2日目は終日雨。超~寒かったです。


カテゴリー: 北海道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA