目醒めのチャンス

f:id:hana7_1111:20210530215253j:plain

以前は世界同一瞑想など国際的ヒーリングを行っていると、悪質なエンティティに妨害されることがよくありましたが、今はそれがかなり減少しました。

また、地下に捕らわれた子供達や善良な宇宙人達の救出も進んでいるように感じ、少しずつ状況は良い方向へと動いているようです。

一昨日は多くの方が瞑想に参加して頂いたようなので、そうした効果も着々と反映されているのだと思われますね。

コロナについても当初は武漢研究所から漏れたのではないかという説が無視され自然説が有力になってしまっていましたが、今は人為的な実験説が有力となり、アメリカの政界やマスコミも真相究明の再調査に乗り出しています。
コロナに限らずこれまで隠されてきた事実が徐々に明るみになるでしょう。

昨年まで言われていた「陰謀論」が今ではTVでも公表され周知の事実となり、もはや「陰謀論」ではないのですが、少なくとも私達が知らない裏の世界が存在し、人類の運命を握られたままでいるのか、それともこのタイミングで目醒めて抜け出すのかは私達次第なのです。

これまで何度もお伝えしてきましたが、「何かこの世界はおかしい」という事に気付く人、そうでない人と2極に分かれていると思います。

こうした2極化が進むことで個人のアセンションの可否に影響するので、日常起きる物事に一喜一憂して漠然と生きるのではなく、情勢に対して敏感に察知し、自分の意識や感覚を日頃から確認する癖を付けた方が良いでしょう。

つまり物事を鵜呑みにせず、周りに流されず、自分で判断する癖を付けるということです。
そうすることで「自分で全てを決め、自己責任で行動する」ことができるからです。

私達は何故この地球に生まれたのか、何故今この危機的時代に生きているのか、それがまだよく分からない、という方は是非自分自身に問いかけてみて下さい。

私達が何の為に今存在しているのか、実は既に知っている筈なのです。

例え確証が無くても、自信が無くても、私達の魂は自分で「地球に来てこれをやる」と決断して今ここにいるので、内なる自分はなんとなくでも知っているのです。

それは美味しいものを食べたり、恋愛したり、結婚して家族を作ったり、仕事で出世したり、という一部の体験の快楽や「生活」に特化した個の人生ではなく、もっと大規模な、宇宙レベルのイベントに参加する為に私達は今存在しているということを思い出してみて下さい。

地球という惑星は次元上昇を選択し、今私達はアセンションの道を歩んでいます。私達自身が波動を上げて、意識体で繋がることが地球全体のアセンションに貢献できます。

個の意識体は巨大でそれぞれが創造主である為、繋がることで大きな変化を齎すことが可能です。

私達はそれぞれ「神」という存在であることに気付き、目醒めることで本当の自分に回帰していきます。

今世界で起きていることは、一見悪いことですが、しかしそれが目醒めのきっかけにもなっており、最期のチャンスが到来していると言えるでしょう。

私達が創造主として回帰する日も、そう遠くない未来なのです。

カテゴリー: 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA