岐阜ライトワーク(21世紀の森)

f:id:hana7_1111:20210904202238j:plain
21世紀の森(岐阜県関市板取)

岐阜ライトワーク最後のポイント、21世紀の森へ。

下呂市と郡上市を結ぶ濃飛横断自動車道の岐阜県最長トンネル(ささゆりトンネル4,877 m)と和良金山トンネル(1,850 m)を抜け、ひたすら山道をくねくね進む。
これ等のトンネルが暗くて狭くてやたら長く感じました(T□T)

1時間程でなんなく着くと思ったのですが途中ですれ違い不可の道幅に変わり、時々逃げ場はあるものの対向車が来たらOUTじゃん!という道を延々とヒヤヒヤしながら走り、街がようやく近づいた時は、やっと黄泉の国から脱出して来たような心地でした。
(しかも私の後ろに3台くっついたままで、ホント疲れましたー(T□T)

もうこの道は通りたくないです(TmT)


しかも21世紀の森へ行く時もまたこんな感じの狭い道を通り、帰りもそこを通らなければなりません。
しんど~<(T◇T)>

そんなこんなで悪夢から抜け出し、やっと21世紀の森へ到着。
カメラを持って坂を上がって行く途中、管理人らしきご年配の女性が私達に声をかけて来ました。

森から行く道順を案内して頂けるとのことでラッキー!早速付いて行きました。

f:id:hana7_1111:20210901072532j:plain
森の入り口

道路側からも行けるそうですが、この炎天下でアスファルトの上を歩くのは体力を消耗する為、森へのルートを教えて頂き有難いです。

この時期(当時7月)こちらではアジサイが咲いていました。

「ここから人が歩いたような道があるから、そこを行って少し小高い丘を上がると道路へ出る。道路を出て反対側の緑のロープづたいに進むと杉株があるよ。」私達はお礼を言って案内された通り、森を抜けると間もなく杉株があるエリアへ到着!

f:id:hana7_1111:20210904202242j:plain

ちょっと進むと直ぐに巨大な株の姿が!周りの杉を見ても明らかに異質で大きい
(〃゜口゜)!?

ただこの森に入った時、マイナスイオン全開という雰囲気の中、何か少し違和感が・・・。

少しだけどこか警戒心があるような、スッキリしない感覚・・・??
癒されていない悲しみのような感情も微かですが感じ取れました。

f:id:hana7_1111:20210904202233j:plain
手で何本も支えているような異様な光景

後で分かったことですが、株杉は朽ちゆく古木や炭焼きのために伐採し、その幹を苗床として萌芽が出てまた伐採を繰り返し特異の形状の杉が生まれたとされています。

杉達は何度も伐採され、その度にショックを受け深い悲しみの記憶が彼等のエネルギーフィールドに刻まれ残されていたようでした。

木は切られるととてもショックを受けます。
それでも人を恨んだりはしません。
植物は動物を癒し支え、豊かな自然を育てる役割を認識しています。

株杉はこの地で生きてこの森を守りたいという思いが強く、彼等の生命力は人間の想像を超越し、更に強い意志表示を現わした結果、このような姿になったのではないかと思いました。

これ程までに深い愛情と生命力を表現した木は見た事がありません。
その姿がとても逞しく心が震えました。

f:id:hana7_1111:20210901072726j:plain

株杉の古い感情の記憶は僅かに残されていただけで、多くは恐れもなく堂々と、この森で生きる喜びを感じているようでもありました。

本当に壮大なパワーに圧倒されます。

f:id:hana7_1111:20210901072710j:plain

一本の幹から地上2~6mの位置で複数に枝分かれし、多いものでは20本以上の細い木が伸びて特異の成立形態で自生しています。

杉がこんな成長の仕方をするなんて、誰が想像できたでしょう。

大小約100株の株杉が群生し、中には樹齢400~500年、株の直径が1mを超える巨木もあります。

f:id:hana7_1111:20210901072625j:plain

特異な形状をした珍しい杉が群生しているのは日本でここだけと言われていますが、山形にも一部あるそうです。

f:id:hana7_1111:20210901072804j:plain

なんだか違う生物のようにも見えます。

f:id:hana7_1111:20210901072745j:plain

彼等に無条件の愛のワークを行いました。
柔らかな光が差し込め、森の「気」がゆるやかに動いていました。

f:id:hana7_1111:20210901072754j:plain

精霊達もこの森で株杉と暮らす事を喜んでいるようです。

f:id:hana7_1111:20210904202253j:plain

葉が小さく揺れて応えてくれましたね。

何が起ころうと彼等の繁栄を止めることは出来ない、凄まじく逞しい生命力を目の当たりにして、改めて生きることの素晴らしさを教えてくれました。

森のなかは散策路が整備されていて30分~40程回った後、再び道を教えて頂いた女性に会う事ができ、株杉が素晴らしかったことを伝えるとニコニコされ嬉しそうでした。

さて、往路も問題なくクリアー出来て無事帰還。

今回は駆け足でのライトワークで水が綺麗な岐阜をじっくり見て回ることはできませんでしたが、素晴らしい土地のエネルギーに触れられ、改めて日本の素晴らしさを知ることが出来ました!

カテゴリー: 東海 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA