北海道ライトワーク2021(2)

f:id:hana7_1111:20210821093648j:plain
メルヘンの丘

さて、海へ出て海の女神にサポートして頂きワークを行いました。
ここで知床が何故世界遺産になったのか?
ご存知ない方の為に。

<世界遺産知床>
栄養分を含んだ流氷が融けると植物性プランクトンが増殖。それを食べるオキアミ等の動物プランクトンが現れ、「小魚」→「大型の魚」→「アザラシ、オットセイ、トド」「プランクトンや小魚を食べる鯨類」→「シャチ」を呼び豊かな環境で生態系を崩さず育んでいる特別な地となっているのです。

これだけ聞くと普通の食物連鎖でしょ、と思われるかもですが、これは海だけでなく山も同様で多様な植物を始め、希少なオジロワシ、オオワシが越冬にやって来て、更に稀少なシマフクロウ(世界最大クラスのフクロウ)が生息し、秋には遡上するサケを求めて森に棲むヒグマやキタキツネ、シマフクロウの命を繋いでいます。

自然が織りなす海と山の恵みが数種類の多様性ある動植物達の一大食物連鎖を営んでいます。

世界の多くは環境破壊で種の絶滅が増えている中、バランス良く生態系を維持しているのは大変珍しいとされています。

実は外国人からは、「こんなに狭いエリアでこれだけの動物や多様性があるのは凄い!」と絶賛されているんです。(今はコロナで外国人観光客は殆どいませんが)

<海のライトワーク>
イルカや鯨類に興味がある方は、レムリアにご縁が深い方なのでしょう。
私もその一人で、レムリアのエネルギーが強いこの稀少な地でより活性化したエネルギーを日本全土へ拡大していくことを目的としてワークを行っております。

この日は曇っていましたが、沖に出たら少し天気が回復していました。

f:id:hana7_1111:20210821130438j:plain
カマイルカ

暫くして前方からイルカの大群が!
羅臼で良く見るイシイルカかなと思いましたが、ここではシャチよりも遭遇率が低いカマイルカの群れに出会えました!

ざっと見て40~50頭はいたでしょうか。
カマイルカは日本海側で見られることが多く水族館で飼育されていますが、羅臼の海では年に2,3回。多い時でも10回程度なのでとても嬉しい出会いでした。

f:id:hana7_1111:20210821130434j:plain
シャチ家族

その後シャチ達に会いました。

シャチは50頭以上は広範囲に分散しているようだったので、それぞれの観光船が密になることなく、観察しておりました。

彼等は母(又はおばあちゃん)がリーダーで家族単位で行動しています。
ハーフジャンプやスパイホップ(海面で顔を出して偵察する行動)をしていましたね。

彼等は私にしてみれば「宇宙人的存在」というか地球に来ても宇宙的高度な能力を保持し、家族思いでその絆も深いです。
人間よりも観察力が鋭いですね。

また、白黒模様がなんだか「勾玉」のようで神秘的な動物です。
彼等に魅了されて毎年通うシャチファンも年々増えています。

f:id:hana7_1111:20210821133544j:plain
イルカみたいに全身を出して飛び出したシャチ

今回は珍しくイルカがジャンプするような泳ぎ方ではしゃく姿も見られました!

高速で移動する時はこれより低い状態ですが、体を全部出してイルカジャンプするのは滅多に見れず私は2回目です。

普段はもう少し高くジャンプするかブリーチングが多いですね。
大体1回しかやってくれず、いつジャンプするか分からないので、そんな言い訳でブレブレとなってまーす!(^▽^;)

船のスタッフも初めて見たそうで、また新しいシャチの一面を知ることができました。

<フレンドリーなマッコウ>
帰港途中、マッコウクジラの潮吹きが遠くで上がりました。
距離的にもちょっとあったので、こちらの近くに来るまでに潜るかも、とスタッフ。

何故なら通常は7,8分位海面で息継ぎをしたら、深海へ大型のイカを採餌しに行ってしまう為、40分位は出て来なくなるからです。

マッコウクジラはクジラの中では潜水能力が高く2000mは潜れると言われています。
しかし、私はこのマッコウクジラは直ぐに潜らないと思いました。
通常のマッコウクジラと違うエネルギーを感じたのです。

暫く船を停止して観察していると、まるでこの船を目指しているかの如く、真っしぐらへこちらに向かってやって来ます。

どんどん接近して遂に船の目の前までやって来ました(;”∀”)

f:id:hana7_1111:20210821185249j:plain

もうとっくに潜ってもいい筈なのに、興味があったのか船の周りをくるっと移動し始めました。そして船の真下へ潜りました。

どこに出てくるのかなと、船上がシーンとなった時、「右~!」というスタッフの声に慌てて移動。なんと船の真横に現れました。
(下記画像は動画からPICKしたので画質が荒いです)

f:id:hana7_1111:20210821130335j:plain
マッコウクジラ
f:id:hana7_1111:20210821130330j:plain
潜水するマッコウクジラ

そしてそのまま潜水。

しかしどうやら浅く潜っていたようです。
もう船は港へ戻らなくてはならない時間でしたが、観察を続けていたら船の周りに居ついてくれたことでしょう。

普段マッコウクジラは船に寄って来ることはないので、大変珍しく面白い個体でしたね。

f:id:hana7_1111:20210821093929j:plain
網走湖の夕焼け

こうやってブログにすると、いつもこんな直ぐに動物に出会えるのかと思われがちですが、そうそう上手い具合に出会えるとは限らないのが野生動物です。

ただ今回は恒例のエネルギーワークをやっていたこともあり、動物達が応えてくれたのではないかと思っています。

感謝感激!

続く。

カテゴリー: 北海道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA