医療の闇

f:id:hana7_1111:20190703081445j:plain


ある事を調べていて、何故か「癌」に関する情報に辿り着き、何となく気になったので、その動画を拝見していたところ以前聞いたことがある、

「癌はとっくに治せるのにその医療を潰された」という話しがこれだったのかと衝撃を受けました。

潰したというのが、あの組織だったことも触れられていて、キターって思いました。どうやらハイアーセルフがこちらの動画を見るように導いてくれたようでした。

そもそも「癌」になる原因はワクチン、薬品、放射能、農薬、農薬・改良飼料の牛豚の食肉、食品添加物等が原因とされていますが、悪意ある人達によって水面下で巧妙に計画されたものです。海外だけでなく日本も例外ではありません。
(こういう話しはまた別の機会でします)

末期と言われるステージ4の患者を完治させる程の大発見と画期的な発明をしたロイヤル・レイモンド・ライフ博士。

しかし陰謀により、悲劇が始まります。

彼の発明がこの世に活かされていたら、どれだけ多くの患者が抗がん剤に苦しむことなく、救われていたことでしょうか。

以下の動画を是非ご覧頂きたいと思います。
闇の組織だけでなく、世界各国にある医療機関の多くは、おそらく悪に染まっていることに戦慄を感じざるをえません。

ライフ博士や多くの患者の人権を無視し、それが現代も続いているこの不条理。本当に世の中はおかしいです。それに早く気付いて欲しいです。

完全がん治療を開発したロイヤル・レイモンド・ライフ博士 について詳しく説明されています↓

カテゴリー: 現実問題・世界事情, 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA