知床遊覧船事故の明暗

KAZUⅠに無線連絡したゴジラ観光船

知床遊覧船が起こした海難事故はそもそも安全管理を怠ったことが最大の要因。また検査の形骸化も指摘されています。

しかし私達自身、「安全」が前提で乗船するわけですから、乗ってみて初めて今回のような悲劇に遭うこともある得る、というのが一般的な考え方です。

こうした大きな事故はたまたま乗って被害に遭ってしまったということではなく、既に定まっていたことが多いと考えます。

<事故に遭う明暗>

「明暗」と書くと「良い・悪い」「幸運・不運」」になってしまい、この次元においてはどうしても「苦しみや悲しみ、怒り」が伴うことで「善悪」をジャッジしてしまう世界の為、これから綴ることがなかなか理解できないかもしれません。

ウトロ港が見えるプユニ岬

私達は転生を続けて様々な体験をしてきています。ただ記憶がないだけで、おそらく多くの方が結構悲惨な人生や死に方を沢山体験されてきているでしょう。

なぜなら毎回毎回平穏無事に生きる人生を望むなら、今世で最も大激動となる地球には転生してきていないからです。
人は「平穏無事で幸せな人生」を望む反面、魂は自身の成長の為に常に変化を求めています。

羅臼岳

<あの世の世界>

1つの人生に終止符が打たれ、肉体が魂から離れると光の方へ向かいます。(この世に執着があったり心が曇っている人は光とは違う階層へ行くようです)ただ、多くの人の臨死体験では光溢れた世界へ導かれると証言しています。

どんなに辛く痛い思いや苦しい思いをしても、魂が離れると安らかになりご先祖や既に亡くなった知人が迎えに来て、美しく光に満ちた還るべき所へ還って行きます。

ある事故で無くなった息子さんの事が忘れられず、あの世で息子がどうしているのかを父親が霊媒師に尋ねた時に、息子さんの霊が「あの時は凄く苦しかったけど、今はとても素晴らしい世界にいて穏やかに過ごしているよ。あの体験でみんなを悲しませてしまい心苦しく思う。だからもう心配したり悲しんだりしないで。」

そういう言葉を聞いて、父親も納得し息子さんの死を受け入れることができたそうです。

フレペの滝

故人との霊的会話は世界各国で同様のケースが報告されており、あの世へ行ってもなお、苦しんだりはしていないということです。苦しむ人はこの世に執着があり、現世に留まる人です。

そして大きな悲しみを乗り越えるご遺族もまた魂の成長を今経験していることになります。

何か大きな事故で亡くなった場合は本人の顕在意識でそれを望んでいなくても、潜在意識でそのような「死」の体験を生まれる前から既に設定している可能性が高いです。

使命感が強い人はこうした「死」の選択をすることで、多くの人に衝撃を与え、国の法律を改定するようなパワーを発揮します。

現世で「不運」と片付けてしまわれがちですが、魂は大きな学びを取得し更に成長を遂げ、多くの祝福が降りて光の世界に満たされて癒されながら過ごします。

それでもご遺族や関係者の方は突然家族を失うという衝撃に耐えられず、事実を受け入れらない辛い日々を過ごされていらっしゃると思いますし、このニュースで多くの人が悲しみと憤りを感じたことと思います。

彼等の犠牲の元、私達が安全に観光できるよう国のメスが入り、罰則強化やルールの厳格化に向けて動き出しました。

大きな役割を果たした彼等に感謝し、光の世界で十分癒され、また次のご縁がありますよう、祈りを捧げることが私達ができる供養になるのでしょう。

「怒り」の念を向けるエネルギーを少しでも多く被害に遭われた方々の為に感謝と癒しに使った方がいいと思います。

豊かな自然に溢れ癒しの宝庫である知床。

キタキツネの兄弟

大自然を目の前に感動することも多く、自然や野生動物を見たい方は是非一度は行って頂きたい所。

エゾシカ親子
ヒグマウォッチングクルーズでのヒグマ親子

船を出すかどうかは船長が提出した安全管理規定によるものですが、他の同業者は基本的には連絡を取り合い、相談して出航か欠航を決めますので、1社だけが抜け駆けして出航するようなことはありません。

また、多くの場合は早朝から沖へ出た漁師仲間からの情報を得て、(実際に陸は強風でも沖は穏やかだとか、その逆もある為)詳細に確認した上で検討されていると思われます。

しかしKAZUⅠについてはみんなと足並みを揃えておらず単独行動でした。

エバーグリーン38とシャチ

今回の事故を受けて観光船関係、旅行会社や宿泊施設ではキャンセルが相次ぎ、各所で打撃を受けています。コロナでお客様も減った後、やっと回復してきた今年、しかも書き入れ時のGW前にこの事故を受け、とても気の毒です。

一瞬にして知床がイメージダウンしてしまいましたが、しかしこれをきっかけに一層安全性を高め、訪れる人々が心から楽しんでもらえる環境を整えられていくことを願います。

そして観光船や漁船も捜索に出来る限り参加して人命救助に当たっていることをご理解頂きたく思います。

亡くなった方々の死を無駄にしないように。

カテゴリー: 現実問題・世界事情, 目醒めるために パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA