私達を導く源のエネルギー「カタカムナ」

ソース画像を表示

前回の記事ではカタカムナの内容に深く触れませんでしたので、今回は基本部分を纏めました。

何故日本は世界の中で独特の言語を使い、独特の文化があり、「神の国、日本」と呼ばれたのか、その謎は「カタカムナ」を紐説く事で解明されます。


ヒトツカタ

カタカムナ文字が表しているもの

天野成美氏によるとカタカムナは太陽が出て沈むように、生命のサイクルを表しているそうです。

これは素粒子の発生から電気を帯び、肉体を持ち魂が宿り、やがて元の世界へ戻るサイクルの事で、1つ1つの文字には意味があるのです。

カタカムナの「カ」⇒全世界のエネルギーのこと。

「カタ」⇒現象世界(見える世界)のエネルギー

「カム」⇒潜象世界(見えない世界)のエネルギー

見えない世界を否定し続けてきた時代は「カム」が無い為、「カタ」と「カ」の世界で「カタナ」が作られ、争いの絶えない時代が続いていることを表す。

ヨハネ福音書で「はじめにことばがあった」

と訳されていますが、それだけ言葉が重要であるということです。

ちなみに48音は「ヨハネによる福音書」

(4=ヨ、8=ハ、音=ネ)と言われています。

ヒフミヨイ=12345

ムナヤコト=678910

「始まり~終わり」を繰り返すことを表しています。

大きい丸と小さい丸、そして線で構成されているカタカムナ文字。

小丸の位置がそれぞれ違います。これは万物は自転しながら公転していることを示しています。

地球の自転や公転、太陽も自転しながら銀河宇宙を公転しており、私達の身体も原子の構造では原子核の周りを電子が回っていることを示しています。

ヒトツカタ

すべてのものは1つの形であること。ミクロもマクロも1つの形。
地球が太陽の周りを回っているように電子も回っており、全ては渦の形をしている。

例:貝、鳴門の渦、花の蕾、配列、台風、銀河等の星の集合体

これは生命を持っているもの以外で、学校、会社、国家などもヒトツカタがある。

ヒトツカタというものを忘れ、他のものが正しく見えてそれを取り入れている時は宇宙全体の調和が崩れていく。

生まれた瞬間からこの渦は止まる事なく回り続ける宿命。数ミリでもズレたら違うものになる為、世の中で自分と全く同じ人がいないのはこのヒトツカタが違うからです。

不思議と世界には「渦の形」が見られますよね。私もよく暗い場所で空間を見つめていると、エネルギーが光ながら渦状に回転している様子をあちこちで見ることがあります。

大小、渦状にくるくる回りながら動いて、思った以上に私達の周りは様々なエネルギーが飛び交っているんです。

ピラミッドの形は神秘の力があると言われているが、これはエネルギーを受け取る為に人工的に考え出されたもの。
この構造が全てと思い込んだことによって利権が発生し、ピラミッド型の貧富の差が生じる社会が生まれた。

天然の形(ヒトツカタ)を眺め、自然が与えてくれたものに注目すればその中に正しい答えを見つけることができる。

そこに戻れば全ての解決方法が見つかる。その指南書ともいうべきものが「カタカムナ」に記されているのです。

文字の持つ意味

1つ1つの文字にはきちんとした意味を持っており、どんなに新しい言葉や流行りの言葉が出来たとしても、元の文字の意味を継承して成す言葉となる。
原初の音が基軸となっていることで、その意味を忘れないように設計されている。

例)バズる「SNSで急激に拡散し話題になる」

(濁点を取った元の言葉より)

ハ⇒ 広がる
ス⇒ 進む
ル⇒ 現象化する。

どのような組み合わせでも元の音の意味を変えることがないよう設計されたのが「カタカムナ」であり日本語であるとされる。

アワ脳・サヌキ脳

アワ脳⇒魂のまま自然に従う(磁気・女性・生命力)

サヌキ脳⇒生命が出来る時の始まり。人工的なもの。 (電気・男性・生命体)

アワ(徳島県)、サヌキ(香川県)の事も指すが、この言葉が無くならないように土地の名前に残したとされる。

ヒ= 電気
フ= 磁気

   ヒとフが合わさることでミ=回転エネルギーの発生
ヨ= 4相を得たら現象になる

例えばサヌキ脳で偏った考え方や欲を追求していると本来の魂の在り方から逸脱していき、自分の振動(周波数)が崩れて調和が取れず、病気になったり、仕事が上手くいかなくなったり、人間関係も悪化して人生が思うように進まなくなることを教えています。

フトヒ

縄文式土器は今の温度では考えられない高温で焼かれて作られた。どうしてその温度を出せたのかは未だ解明されていない。そのエネルギーは一体何か?

4つの代表するエネルギー

「宇宙のソース、太陽、月、地球」

生み出す時のエネルギーがこの世の中で一番強い(生誕エネルギー)
それをカタカムナを利用していた人々がうまく使っていたとされる。

この4相のエネルギーはフリーエネルギー、トーラスのことではないかと思われます↓

https://hana3-777.hatenadiary.com/entry/2017/09/17/195157

トキ(時間)・トコロ(場所)

時間だけで存在することも、場所だけで存在することもあり得ない。2つが重なって初めて現象化する。

また、この空間は過去、現在、未来が同時に存在する4次元以降の世界(潜象世界)があるが、今は物質世界(現象世界)の3次元にいる為、それが見えていない。

潜象世界・現象世界については既に古代ギリシャ哲学者のプラトンが説いていますが、それと一致していますね↓

https://hana3-777.hatenadiary.com/entry/2019/10/07/080515

消えた2っの文字

カタカムナは80首で構成されており、第5首、第6首は 48音となっています。

「48音」の筈ですが、現在の音を数えると46音です。
残りの2音はいったい何だったのでしょう??

実は最後のワ行にありました。

ワ ヰ ウ ヱ ヲ  

ヰ(うぃ)

ヱ(うぇ)

江戸時代後期までは上記のように発音していたそうです。
その後、同じ音のヰ(イ・ゐ)・ヱ(エ・ゑ)と発音されるようになりました。

ヰ・ヱの持つ意味は

「潜象世界」つまり見えない世界のことで、自分が神であると思える言葉です。
この2つはアメリカの研究の結果、抜かれたことで神意識から遠ざけられました。

いまではカタカナ表より消されていますが、使用してはいけないわけではありません。実際に使用されている有名な名称があります。

<ヱビスビール>

2022で122周年となる歴史あるビール。伝統を守る為「ヱ」を使っているそうですが、実はビールの中でもコンスターチ無添加なのです。(他にはプレミアムモルツも)
私が若い頃周りからは「いいビール」だと聞いていましたね。

<ニッカウヰスキー>

ウイスキーは水が命なので、名称に井戸の井を使いたかったが、当時は漢字とカタカナが混在した名称での登記ができなかった為、としたそうです。

しかしこのヰは井戸の井でもあり、神社の鳥居の形としても用いられ、カタカムナでは「パワーが出て来る瞬間の意味があります。

<新世紀ヱヴァンゲリオン>

映画はヱヴァンゲリヲン劇場版こちらの人気アニメは聖書との関わりがあります。(もしかしてカタカムナを知っていたのかな)

響(ヒビキ)

カタ世界の「ヒ」を、カム世界の「ヒ」に 共振させることを言います。その共振で「音の思念」を持つ「生命粒子」が生まれます。

その共振とは「ナミ」「ナギ」のように、その周波が、広がりを持たせながら伝わっていきます。

振動を響かせることで電気粒子のエネルギーを生み出し、周波数を広げていくことになるのです。

私達にある言葉を発して響かせることで、身体を健康にしていくことも可能なのです。(こちらについては次回に紹介)

ヤタノカガミ

「ヒ」「フ」「ミ」「ヨ」「イ」

「ム」「ナ」「ヤ」「コ」「ト」

を組み合わせた図象符。

八咫鏡

生命体の一つのサイクルになっている。 意味は〝ヤタノカガミはカミ(神)の こと。 私たちが普段利用しているエネルギー や情報、物質の元となるものを、3次 元世界のそれに変える場所があること が書かれています。   「ヤタノカガミ」は3次元4四次元世界 の接点にあり、ヤタノカガミを通してす べてのものがつくられるという。

カタカムナウタヒ 全80首

この中の第5首、第6首、第7首を特に声を響かせながら詠みと良いでしょう。
これを毎日詠むと体調が良くなり、仕事運や人間関係も良くなり開運成就となっていきます。

おそらく本来の自分に合うように周波数が整えられるからだと思われます。

第5首

ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ

第6首

ソラニモロケセ ユヱヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ

第7首

マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ

第1首 

カタカムナ ヒビキ マノスベシ アシアトウアン ウツシマツル カタカムナ ウタヒ

第2首

ヤタノカカミ カタカムナ カミ

第3首

フトタマノミ ミコト フトマニニ

第4首

イハトハニ カミナリテ カタカムナ ヨソヤコト ホグシウタ

第8首

ウマシタカカム アシカビヒコ トコロチマタノ トキオカシ

第9首

アメノトコタチ クニトコタチ アメ ク二カ ソコ ソギ タチ カタ カムナ マノ トキ トコロ トコ タチ

第10首

メグル マノ ミナカ ヌシ タカミ ムスヒ カムミ ムスヒ オノ コロ シマ カムナ ホグ アメ ツチ ネ ハシ マリ

第11首

イハ フトヤ ネ イキ ツチ ノ ワ カタ カムナ アマ ノ ヒト タマ カミ サキ サトリ ニナ タマ ノ ワケ ツミ イキ コト マリ ノ ワケ ヨミ

第12首

シヒ ハタ シヒ フミ カムミ アキ タマ ト アウ カムミ カタ カムナ ノ ミソデ ホト アオ ココロ アカ クスベ アカ ミコト ハナ クスベ コト ミチ トヨ クスベ ミチ ウタ シメシ

第13首

スヒ チニ ツヌ クヒ イモ イク クヒ オホ トノヂ イモ オホ トノベ オモ ダル イモ アヤ カシ コネ イサ ナミ イサ ナギ トヨ カブ シヌ ウキ フヌ マカ ハコ クニ

第14首

オホ コト オシヲ イハ ツチ ヒコ イハス ヒメ オホ トヒ ワケ アメノ フキヲ オホ ヤ ヒコ カサ ケツ ワケノ オシヲ オホ ワタ ツミ ハヤ アキツ ヒコ イモ ハヤ アキツ ヒメ

第15首

アワ ナギ アワ ナミ ツラ ナギ ナミ アヤ ミク マリ クニ ノ ミク マリ アメノ クヒ サ モチ クニ ノ クヒ サ モチ シナツ ヒコ ククノ チ オホ ヤマ ツミ ヌツチ カヤヌ ヒメ

第16首

アメノ サツチ クニ ノ サツチ アメノ サギ リ クニ ノ サギ リ アメノ クラト クニ ノ クラト オホト マト ヒコ オホト マト ヒメ トリノ イハ クス フネ オホ ケツ ヒメ

第17首

カム ナガラ トヨヒ カミ アマ ウツシ ヤホ トヨノ ユツ イキ フタ ネ フタ ハシ ウキフ ツミ タカ マカ カヅ ムスヒ ヌシ カタ カムナ マカ ハコ クニ ノ ヒトツ カタ ツミ

第18首

カムアシキネ アマタマノムカヒ アマアメ オホ トノヂ オホ トノベ アマクニムカヒ トコ タチ

第19首

マカカ オホチカム イツノタテカム アマナアモリ ムカヒ アメノウツメ

第20首

アマノカカミ アメノヨワロツ トキ トコロ トコ タチ アメ クニ ノ ヤホ ソト ナミ カタ カムナ カタチ サキ アワセ マク ハヒ

第21首

イマ トハ ヒトワ ミコ ニホ ヤホ アマツ クニ コト ミチ カタ カムナ ナミ マリ メグル オホト コロ イモマクカラミ ヌフトヤマト

第22首

アメオキミツゴ モコロシマ アマツアキツネ ツクシシマ オホトヤシマ

第23首

アマタカマカハラ アワチホノサワケ アメクニクラト オキミツゴシマ

第24首

アメクニサギリ モコロシマ アメクニサツチ ソコソギシマ タケヒワケ

第25首

オホトマト オホケツヒメ イワクストリフネ ミツゴナミ ヒノカカヒコ

第26 首

タクリカナヤマ ウツメクソ アメノハニヤス ミツハノメ オキツフト マリ

第27首

イハクスユマリ アマナクニヌシ ワレムスビ イホクニツ マリ ヤヘモコロ

第28首

イキノヒトツネ イククヒノツチ カグナツチ イハ サク ネ サク イハツツヌヲ

第29 首

ミカヒシキシマ ハヤヒタケフツ カタカムナ オホワクムスビ ヤタシマ

第30首

トヨ クモヌ フツ サカル ツミ フトナ シメシ ウタ マリ タバネ カブシ ウキ フヌ メグル マリ ウヒ チニ ホロシ カタ カムナ タカ マカ ムスビ ヌシ イモ イク クヒ カミ ワク サトリ

第31首

カタカムナ オホ トノヂ カムミ ムスビ イモ オホ トノベ マクミ ワク タマ イモ カラミ マクミ トノヘシ カタ カムナ サカキメグリ ノ カム ヤタ マリ オモ タル ヌシ シヅ マリヌ クニ ヌシ

第32首

アマノ カミ アメノ ヨロヅ クナギ ノ タマ ワケ アヤ クメ シコネ カム ツミ シヅ マリヌ イツノ タテ カム アワ ナギ カサネ アハ ヂノ ホノサ ワケ シマ イヨノ イヤ シロチ

第33首

カム ナガラ エヒメ サヌキ ヂ アワ トサ ヂ アメノ オシ コロ オキ ミツゴ ツ クシトヨ ワケ ヒノ クニ クマソ イヤ シロ チバ イキツ サキ ヨリ イヤ シロ コト サトリ

第34首

アマツ ミソラ ノ アメ ヒトツ ハシラ サド オホ ヤマト イヤ シロチ タニ キビコ アキツ ノ イヤ シロ スベ シマ カサネ オホ タマル ワケ オホ コト オシヲ トワ チカ フタヤ ヒメ

第35首

カム ナガラ オホト ヒワケ ノ カタ カムナ イハ ツチ ヒコ イハス ヒメ ツミ アメノ フキヲ ノ オホヤ ヒコ オシヲ オホ トヂ カサネ ワタ ヒメ ハヤ アキツ マノ ヒコ ヒメ

第36首

カム ナガラ オホ ワタ ツミ カハ ウミ ワケ イカツ アワ ナギ アワ ナミ カタ フト ムスヒ オホ トノヂ アメノ ミク マリ クニノ ミク マリ ツラ ナギ メグル トヨ ツラ ナミ

第37首

カム ナガラ アメ ノクヒサ モチ カタ カムナ クニノ クヒサ モチ オキ ミツゴ サキ カゼ シナツ ヒコ キノ クク ノチ イヤ ミソギ ミチ オホ ヤマ ツミ カヤヌ ヒメ ツチ イヤ ミソギ

第38 首

カム ナガラ アメ クニ サツチ アメ クニ サギリ イヤ ミソギ サネ アメ クニ クラト オホマ ヒコ ヒメ イヤ ミソギ マリ オホ ケツ ヒメ ヒノ ヤギ ハヤヲ ヒメ イヤ ミソギ ワク

第39首

カム ナガラ ヒノ カガ ヒコ ヒノ カグ ツチ イヤ ミソギ ムス カタ カムナ カナ ヤマ ヒコ カナ ヤマ ヒメ イヤ ミソギ ハニ ヤス ヒコ ヒメ ミツハ ワク ムス イヤ ミソギ

第40 首

カム ナガラ トヨ ウケ ヒメヌ イカ ツチ ヒビキ マノネ カタ カムナ イハ サク ネサク イハ ツツヲ マリ ツラ ネ ミカヒ ハヤ ビヌ タケ イカ ツチ タケ フツ ノ ムスビ

第41首

カム ナガラ トヨ クラ オカミ クラ ミツハ アマ タマ マト マリ カタ カムナ マサカ ヤマ ツミ ムカヒ マリ オド ヤマ ツミヲ メグル マリ ワク ミハラ ナル マ カヒ クシ サリ

第42首

カム ナガラ クラ ヤマ ツミヌ ミホト ヨニ オク ヤマ ツミ カタ カムナ ココロ ツラ ナギ ハヤマ ツミ タカ マカ ハラ カタ カム フト マニ アメノ ヲハ バリ イツノ ヲハ バリ

第43首

カム ナガラ ミハカ シナ カタ カケ メグル オホ カム ツミ ヨモツ チシキ ノ イフヤ サカ カム マト マリノ ツキ タテ フナト ミチ ナガ チバ タケ ナミ ハメ ソラ ワケ イフヤ サカ

第44首

カム ナガラ マノ ハス トヂノ トキ オカシ ワツ ラヒノ ウシ カサネ ツミ メグル マノ チマタ ムスビ ヌヒ カタ カムナ アキ クヒノ ウシ ムカヒ マリ タマ オキ サカル オキ ナギサ ヒコ

第45首

カム ナガラ オキツ カヒ ベラ ヘサ カル ミチ タマ フト マニノ ヘツ ナギサ ビコ カタ カムナ トヨ ウケミ カタ ヘツ カヒ ヘラ アワノ マガ ヤソ マガ ツヒ オホ マガ ツヒ

第46首

カム ナガラ クニ カツギ フト マニノ アヤ カム ナホビ オホ カム ナホビ イツノ メニ オホ トヂ ムスビ イツノ メノ ソコツ ワタ ツミ ソコ ツツヲ イシ マト マリ メグル ナカ ツツヲ

第47首

カム ナガラ ウハツ ワタ ツミ ムラヂ イツク ウハ ツツ ヲ アマ テラス ウツ シキ カナ サク タケ ハヤス サノヲ ツキ ヨミマ ミクラ タナ タ キリ ヒメ イチキ シマ サヨリ ヒメ

第48首

アマツカミ カムナマニマニ ウタサトシ ヤクサスヘヒト ココロ ワク ミト

第49首

マカウミコ メクルモコロ オキミツゴ ヨモツチカヘシ カムツミココロ

第50首

カムツミ ツキタツフナト イキココロ アハキタカタマ ミチノナカチハ

第51首

イキココロ アハキマハラ トキオカシ トコロチマタシ ワツラヒノウシ

第52首

タマキソラ アキクヒノウシ オキサカル ナギサヒコ オキツカヒヘラ ナミ

第53首

イキココロ アマナヘサカル モモヒクニ ヘツナギサヒコ ヘツカヒヘラ

第54首

タマルツチ イカツツラナギ セカツキ ハクミアシハラ ヤクサアヲヒト

第55首

イキココロ ナカツミシロ イツヲノメ シキケカクツチ イヤシロノツチ

第56首

オホナホビメ イキココロ カムミイヤマヒ カムミソギ ウルハシココロ

第57首

アカキウツシネ カムミカラヤマ ムナシキ ケヒココロ ケシキウツシネ

第58首

カムナマニマニ カミワケノウタ オホトタマ タマルアハチ ホノサワケ

第59首

オホコトオシヲ イヨフタナ イキツヒメシマ オホトヒワケ ハツチヒコ

第60首

カムナマニマニ トヨウケヒメ ワクムスビ カミワケノミチ アメヨロツ

第61首

アマアワナギ ハヤアキツ ヨモツチカヘシ ヤホウツシツミ カシラハラ

第62首

ヤクサイカツチ ウツシツミ ヒダリミギリノ タナカヒノマ アキツヒメ

第63首

ヘサカルカムミ ウツシツミ ムネニ タナマタオクソギ タナココロノセ

第64首

ヤハ マカシ ソレ ツミ アメノ セヲ キネ アキ タマ コメ カム ナガラ ワク ツミ ヒトヨ ヤシ アナミ ワク アナミ コロ アメノ トヨセ ツミ アメノ ヨロ ツ ミナカ ノ オホ カミ

第65首

カム ナガラ アマ ネキ アメノ ワク トメ ミチ トヨ カム ツミ アワ タマ ヒメ ヤス マ ワ ケ ツミ ワク ハヤ タニ サキ イカ ツチ ヒビキ アマ タマ ノ ネ

第66首

カム ナガラ ミツハ ワク ムス マカ タマ ノ アキ カタ フマリ ツツ ウミ ノ アナ トヨ フツ フミ ハマリ カム ナガラ ミツハ ワク ムス ミソデ マク カラミ ミカ ハヤビ

第67首

カゼ ミツ トロ ヤマ ツツミ クミト ヤマ ツツミ カム ナガラ イワト ヌマ ツツミ オトワ ヤマ ツツミ トロ カエシ アオ アマ イワト ヤマ ツミ ハラ ヤマ ツミ アメノ ヨハ イホ ツワケ

第68首

トヨホ イホ カム ナガラ オホ カム カエシ ワケ カエシ イキ トキ オホ ワ カエシ スベ ソラ カム ナガラ オキ ハヒ オキ ナギ サキ アヤ オキ ツ アカ ユラ ハユ タヘ

第69首

カム ナガラ カエシ ナギ トキ トコロ タカ ユラ イヤ アマ ウツシ オホ アマ ウツシ カム ナガラ カム ナホビ イキ アマツ トメ ハヤ ウツシ ハヤ ヨミツ カム アマ

第70首

アナ ウツシ ワタ ツミ アナ ユツ チハ ウツシ ワタ ツミ チハ ヨミツ カム アマ ミチ ハヒ ウツシ ワタ カエシ ミチ チハ ハマ トヨ チハ ウツシ カエシ カム ナガラ チハ ヨミツ

第71首

ウチムシ イキ カエシ ワク ウツシ ホギ アナ フト アマ ヤマト カム ナガラ ウツシ ヨミ ワケ ヤホ ヤタ トメ フミ ナギ ワタ サキ アメ カム アマ オキ ツ サキ シマ ウシ

第72首

ソレ マ アマ ウツシ アウ ホコ アメ オホ カム ナガラ アメノ ハシ マリ ココロ ワク ヤマ コブ ワケ ヒトミ トリ ムスヒメ ヒネ カム ナガラ ウツシ タマ イキ コト サキ ワレメ

第73首

アメノ ヒトネ フト タマ アメノ カミ カム アマ アメノ ウケ ハシ ナギ ウツシ ミチ ナミ ウツシ ヤシマ イヤミチ オキ イキ カム アマ ヒメチ ナミ アメノ ナホビ チハ ヒメ フカヒ ウツシ

第74首

スベ カエシ ヤタ ナホビ カム ナガラ アメノ ウツシ ヨミ タネ ウム ヤホマリ フナミ ヤホマリ フナミ ウミ フトヨ ヤト カム アマ イキ フナ イサキ クニ ヒト アメノ ハム フナ イヤ ハム

第75首

ナギ ウム カム ナガラ イホ ハラ ハメ ヤホ ウツシ クマリ ワク ムスビ トヨ ウケ ヒ メ カム ナガラ オキ ホト ムツ ナギ サキ トコ カムミ マリ アメノ ヤタカミ アメノ ソマ

第76首

カム ナガラ アマ ワレマ アメノ クソムス オキ ヤホマ カム ウツシ スベ カエシ フナ コロシ カム ナガラ ア ナ アマ ハユ ユツ コナ カムミ マリ アメノ コト ミチ ヨミ カム アマ

第77首

ヒネ シマ ヒメ ヨミ オキ ヤマツミ ムツノ ウツシ カエシ フナ カエシ ハネ カムナガラ オホ トケ ハシリ アマ トヨ コトミチ ナミ ウロ ハユ アメ ウツシ アヤ カム ナガラ アメノ フトマリ

第78首

ヤマト ヒネ フトヤ フミトメ トロミ ハユ フナトメ フナミ カエシ コト カム ナガラ アメノ フナ フミ オホ ナミ ヒメ アメノ ウヅメ ヒメ ハニ ヤギ ウヅメ カム ナガラ オキツ フトマ ハシ フトヤ ユマリ ネギ

第79首

オホ ワタ マリ イムナ カム ナガラ カム アマ ヒト タマ カム マリ ハヒ タマ ハヒ オキナ サキ ミチ カム ミチ カム ナガラ マノ スベ オキ アマツ イマ ウミ ヒト ウツシ

第80首

ヒト アメノ ウツシ ネ カム ナガラ ウミ イマ サキ イヤミヨ ヤホ ウミ アマ マカ ウミ ウツシ ソレ ヤス カム ナガラ ミトロ カヘシ アキ ウツシ スベ ワリ アマ タマ ミトロ カヘシ

私達がこの日本で生まれたのは、日本語に触れ、カタカムナを思い出し神意識へと回帰する為だったのかもしれません。

それくらい、この国で生まれ育つことを私達自身がそうしたくて、決めて生まれてきたのです。

私自身、生きている時に「カタカムナ」を知ることができて本当に良かったと感謝しています。

いよいよクライマックスとなるこの数年間で何を悟るのかによって、今後の人生の方向が変わっていくことでしょう。

カタカムナについて詳細を纏められているサイト↓是非ご確認ください。

www.marino.ne.jp/~rendaico/gengogakuin/mojikakutokuhico/katakamunagoco/top.htm

参考

カタカムナ継承者が語る日本語の秘密 天野成美先生 – YouTube

カタカムナが示す日本人が目醒める道:天野成美さん – YouTube

カテゴリー: 目醒めるために, 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA