龍王神社(和歌山県)奇跡の連続

龍王神社

こちらは、和歌山空港から奈良県の大神神社へ行く途中、折角だからこの辺りに神社がないかと探した時に発見した神社。

地図ではやや遠いですが、龍王神社という事で龍好きな私達が行かないわけがない。
しかしここが、予想外に凄い神社でした。

まず、向かっている途中でコンビニに寄って奉納するお酒を買った時のことです。真夏の晴天、青い空が生える時期。

奉納用のお酒を買ってコンビニを出た直後、突然雨が降ってきました!

見上げると太陽の真下から雨が降っている~。
滅茶苦茶暑い日だったので、大粒の雨がとても気持ちいい。

しかも周りを見渡すと、半径5,60m位の範囲内だけ雨がザーと降っています。

(龍神様がお酒を買ってくれたことを喜んでいるのかも)私と姉はそう察し、急いで現地へ向かいました。

車窓から見える海がとても綺麗で心が洗われます。
和歌山の海はこんなに綺麗なのかと、テンション爆上がり!

下道を使って1時間ちょっとで到着。
駐車場は無いので近くで車を停め、神社がある丘を徒歩で上がります。

丘には熱帯の植物が自生し、沢山の精霊や虹龍が歓迎してくれました。

暫く進むと鳥居が見えて来ました。
実際には参道の途中に出たので鳥居の方へ回って正面から入りました。

龍王神社 鳥居

参道の左手に末社と思われるお社があり少し掃除をさせて頂いてお参りしました。
こちらも何体か精霊が現れましたね。

更に進んで龍王宮をくぐると、その先にはアコウの樹があります。

アコウは亜熱帯植物でここ有田市矢櫃(ヤビツ)は最北限にあるとのこと。
県指定文化財の天然記念物になっています。

境内に入るとともて心地良いエネルギー!
そして見事なアコウの樹に目を奪われました。

アコウ 樹齢300年~350年
雄・雌の龍

ここには龍伝説があります。

<龍伝説>
龍王がこの地に上陸する際、険しい断崖を上がれず困っていると、アコウの樹が雌雄の龍となり、崖下まで延び、龍王の手助けをしたことから、この樹が龍とされている。

アコウだけでなく境内全体に龍の優しいエネルギーを感じ取れました。
実際、写真では撮れていませんが妖精も現れ、アコウと共にいるようです。

拝殿

拝殿を参拝した後、裏側の奥宮へ。

<主祭神>
豊玉彦神(大綿津見神:わたつみのかみ)猿田彦神 

<配祀神>
大国主命 事代主命 誉田別命 宇賀魂神
やはり海神様が祀られていましたね。

豊玉彦神はイザナギ、イザナミの子で 豊玉毘売命、玉依毘売命の父になります。
猿田彦神は人生を導いてくれたり、交通 ・旅行安全などにご利益があります。

大国主命、事代主命は大黒様と恵比寿様。
宇賀魂神はウカノミタマノ神様(食の神様 ・情報の神様)
ご縁や豊漁のご利益があります。

誉田別命は応神天皇、武神の神様。 海からの賊をお守りしています。

早速お酒をご奉納させて頂き、天と地を 繋ぐワークをさせて頂きました。  

アコウの樹の方へ戻ると海が見える 位置に小さいお社があるではないですか。
ここから見る景色が素晴らしい
海が綺麗!沖縄に来たみたい。  

竜宮や霧島がある方角? 遥拝場のようなものかな。
航海の安全や豊漁にご利益がある神様 ですから、こちらからお参りできるよ うにしているのかもしれません。  

私も海の豊かさに感謝しワークをさせ て頂きました。
するとまたしても雲が無いのに突然雨が降って来ました!

その雨が太陽の光でご神気のようにキラキラと光って美しかったです。
しかも周りを見ると、私がいる場所だけに雨が降っています。
頭上をよく見ると滅茶苦茶薄い霧のようなものが大急ぎで通り過ぎていました(笑)
龍が祝福の雨を撒いてくれたようです。
お酒も大した量を上げていないのに こんなにも喜ばれるとは(笑)

姉が奥宮にいたのでそのことを伝えに行 くと、「こっちでもさっき雨が降ったんだよ!自分の上だけ降って驚いた~」
そうだったのか、二人同時に真上に雨が 降るなんて、そんなピンポントにやって くれるとはさすが!!

*龍は雨を降らせるのが得意なので、龍がいる神社に行くと、
 こういう事はよくあります。必ず天候が変わるので観察しておいてくださいね。

しかも神社を出てから更なる出来事が!
出発前に空を見上げたら龍に似た雲がいて
(あ、龍がいる)って最初は普通の龍だと思っていたんです。

ところが、私達が出発してからも、ずっ ~とこの状態の龍雲が追いかけるように 、見え続けていたんですよ。  
途中、道を間違えたり、買い物をしたり して、どこかの角を曲がる度、建物に隠 れたりするだろうから、もうさすがに見 えなくなるだろうと思いきや、40分位経 っても、この龍雲は形を崩すことなく、 見え続けていました。  

大きくて厚みがあり、位が高い龍ほど、 龍雲の形はなかなか崩れないそうだけど、 (ん??あれ、この龍は・・・) よく見ると翼があり、体が短いことに気付きました。 これは應龍(おうりゅう)に違いないと 確信!

應龍(おうりゅう)は麒麟・鳳凰亀・竜の王で体が魚とか鹿とか鳥のように見える そうです。 私的には経験を重ねて智徳を持ち、多数の 龍を束ねて指導している龍神と感じ取れました。

以前、浅草の浅間神社で應龍の絵を見た時 にいつか見たいと思っていましたが、ここ で見れるとは!!とてもラッキーでしたね。

浅草 浅間神社(左:應龍、右:麒麟)

どうりで迫力があるわけです。 なんだか初日から幸先が良さそう~。
龍さんにお礼を言って、私達はこの後 奈良県の大神神社へ向かいました。

  <龍王神社>
住所:和歌山県日高郡美浜町三尾442
駐車場:無し
社務所:無し
トイレ:無し  バス停の近くに公衆トイレがあるようだが 使用可能か不明
地図:Google マップ

~ワークのご案内~
<無償ワーク>
【受取方法】完全遠隔 
【特別価格】無料
【お申込み】10月22日(日)19時30分まで 
【実 施 日】 10月22日(日)20時00分~(約15分)
 お申込みはコチラ→『神意識②拡大』無償ワーク

<有償ワーク>
【受取方法】完全遠隔 
【締切日】10月21日(土)までお申込み&お振込み
【実 施 日】10月22日(日)20時40分~(約30分)
【価  格】8,000円4,400円にて
【支払方法】銀行振込み
​※お振込み手数料はご自身でご負担をお願い致します。
※お申込み後お振込み確認をされた方が対象になります。
※お振込み確認後ご連絡致します。
 お申込みはコチラ→『神意識②拡大』パワーアップ版 有償ワーク

カテゴリー: ワーク, 神社・お寺・旅, 神秘・不思議, 近畿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA