「魔」をシャットアウトする

f:id:hana7_1111:20210228195310j:plain

大きな怒りや悲しみが生まれた時、そこに恨みや憎しみ、苦しい思いを持ち続けることで、心はやがて歪み「魔」を呼び込みその人の人格さえ変えてしまう。
それが「心魔」。

大きな怒りや悲しみではなくても、日常では、でき心でつい嘘をついたりすることもあるでしょう。
人間は平均して1日に4回は嘘をつくそうですね。
そしてその嘘で罪悪感に苛まれることも。

「魔がさす」という言葉がありますが、例え一瞬でもあなたが心に「魔」を呼び込めば、「魔」に支配されたことになるです。

では何故人間には「魔」が入り込むのか。
元々私達はネガティブな体験を知らず、その実体験を望んだことで、ある程度それを引き寄せてしまうのです。
また私達はネガティブにプログラミングされている為、「魔」の引き寄せの発動がしやすいのです。

特に「怒り」を爆発させると自分自身や相手のエネルギー体を傷つけてしまい、どちらにとってもダメージを受けます。

ではどうやったら「魔」をシャットアウトできるのでしょうか。

例えば誰かと口論した場合、感情がおさまった後、内省することが重要です。「魔」が入ってしまった動悸が何かを考え、自分の弱点を認識したら、「魔」をさっさと追い出し、清らかな光でクリアリングしましょう。
そしてもうその原因にフォーカスしないことです。

ここでグダグタしていると、同じ手に乗ることになります。

その「魔」を中々手放せなくても、多くの場合は時間の経過とともに、発動したネガティブな感情や想いは薄れていきます。

個人のアセンションが進んでいる人はその速度が速く、ネガティブな意識が少ない程「魔」が入り込む隙間はないでしょう。

しかしここで落とし穴が・・・。
スピリチュアルに興味を持っていたり、瞑想をよくしている人は、周りと比べて「自分こそ正しい」と思いがちですが、冷静に内観してみてください。

周りと比べることなく、ただ心が穏やかで「無」の状態に本当になっているかどうかを。
このチェックを日々習慣化することで「魔」が入る余地や「心魔」に犯されることを防いでくれます。

「魔」はあなたが望めば直ぐにあなたの心に入り込み、宿る事もできます。
支配する側かされる側か、それをコントロールするのもあなた次第なのです。

カテゴリー: 目醒めるために, 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA