地球は氷河期に向かっている

ここ数年気になることと言えば「気候」。

コロナは落ち着きを見せ始めましたが、こちらのコロナが気になります。

桜の開花が例年より早かったかと思えば4月までは10度程の差がある日が多く、時折激しい雨や雷雨もありました。

5月に入れば例年通り天候が安定するかと思いきや、日照が少なく雨の日が多かった印象です。

また昨年の夏を思い返すと、めちゃくちゃ暑かった記憶はなく、35度を越える日が少なかったように思えます。

地球温暖化と騒がれていますが、実は南極の氷は溶けていく氷よりも、氷が増えていく量が多いと言われています。

これは一体どういうことでしょう。
この事にはある説が浮上しています。

<氷河期に突入>
2030年までに太陽の活動が現在の60%まで減少し97%の確率で地球は氷河期に突入すると言われているのです。

過去に地球が氷河期を迎えた比較的新しい時代では14世紀半ば~19世紀半ばの頃。世界各地を襲った(Little ice age)はテムズ川や運河、その他の河川で一冬の間完全に凍結しました。

この寒冷化で不作が続き、1315年には飢餓者が150万人をのぼり、また不作の原因が魔女によるものとされ、罪もない人々が魔女狩りに遭い、4~6万人もの犠牲者が出ました。

更に16世紀後半からペストがヨーロッパで流行し死者が増加。
追い打ちをかけるように1783~1784年にアイスランドのラキ火山の噴火により、1億2000万トン程の二酸化硫黄がヨーロッパを多い、数万人もの犠牲者を出し、アイスランドでは人口が半数になりました。

当時の記録ではラキ山噴火だけではなく、他の火山噴火もあり、「日中は太陽はまだら模様で月の明るさしかなかった。太陽はまるで錆びた土色だったが、日の出、日の入りの時の太陽は、まるで燃えるような血の赤色だった。」と記されています。

とても不気味ですね(≧д≦)

太陽活動に異常が見られるとこうした天変地異(火山噴火や地震)が起きるとされ、当時の規模に値するような氷河期が到来すると懸念されているのです。

<マウンダー極小期>
特に1645年~1715年は太陽黒点数が著しく減少しました。

この太陽活動の弱体化と太陽黒点の消失の関係について太陽天文学の研究者エドワード・マウンダーにより明らかにされたものが「マウンダー極小期」というものです。

f:id:hana7_1111:20200527223805j:plain

通常太陽の黒点数は約4〜5万ですが、「マウンダー極小期」になると50程しか観測されません。

2019年度では全体の77%の日で太陽黒点が観測されおらず、今年5月14日時点で太陽黒点が観測されない日が既に100日を過ぎており、既に77%を超えている状態です。
マウンダー極小期では太陽活動が鈍くなり地球の平均気温が1~2度下がるそうです。

日照時間が減ると「不作」⇒「動乱」⇒「飢餓」という最悪のパターンが歴史に記されている通り、そうした危機的状況に陥る可能性も、一見豊かに思えるこの現代社会において無縁とは言えません。

この件についてはまた掘り下げて記事にしたいと思います。

カテゴリー: 神秘・不思議 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA